※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号

【商号履歴】
株式会社日立プラントサービス(2012年4月1日~)
日立プラント建設サービス株式会社(1972年3月~2012年4月1日)
株式会社日平化工設計事務所(1964年9月15日~1972年3月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2010年7月23日(株式会社日立プラントテクノロジーと株式交換)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1998年9月30日~2004年12月12日

【筆頭株主】
日立プラントテクノロジー(親会社=株式会社日立製作所の子会社)

【連結子会社】
なし

【合併履歴】
2012年4月1日 日和総合設備株式会社
1979年10月 日 株式会社エヌ・ピー・シー

【沿革】
昭和39年9月 日立工事株式会社(昭和43年8月16日日立プラント建設株式会社に社名変更)と太平電業株式会社との業務提携により、日立工事株式会社に関係する化学プラントの設計・見積並びに工事施工を目的に、株式会社日平化工設計事務所を資本金100万円(持株比率 日立工事60%太平電業40%)で、東京都千代田区神田鎌倉町2―3に設立。
昭和47年3月 主たる事業内容を日立プラント建設株式会社納入機器装置類のサービス(巡回、点検、整備、補修)並びに保守の請負に改め、商号を日立プラント建設サービス株式会社に変更し、日立プラント建設株式会社の100%子会社になる。
昭和47年3月 東京都知事に建設業登録。〔(わ)74391号〕
昭和48年3月 大阪市東区に大阪出張所(現関西事業所(大阪市中央区))を開設。
昭和54年10月 日立プラント建設株式会社の100%子会社で、当社と同一業種の株式会社エヌ・ピー・シーを吸収合併し、規模拡大と人材の獲得を行う。
昭和61年4月 茨城県土浦市に土浦駐在所(現茨城事業所(茨城県水戸市))を開設。
昭和61年4月 福岡市中央区に九州駐在所(現九州事業所(福岡市博多区))を開設。
昭和62年2月 名古屋市中区に中部出張所(現中部事業所)を開設。
昭和62年3月 宮城県仙台市に東北事業所を開設。
昭和63年3月 上下水・産業排水・ダクト・粉粒体等の測定、分析、実験並びに研究開発の実験の技術支援業務等の営業権を日立プラント建設株式会社より譲受、前記項目及び環境技術コンサルタントの事業を目的として、千葉県松戸市に環境技術センタを開設。
昭和63年8月 横浜市神奈川区に関東事業所(現神奈川事業所)を開設。
平成元年4月 空気輸送装置の設計・製作・施工部門の営業権を日立プラント建設株式会社より譲受。
平成3年3月 空気輸送装置部門の営業権を株式会社日立プラント建設機電エンジニアリングに譲渡。
平成6年9月 東京都渋谷区恵比寿4―20―3 恵比寿ガーデンプレイスタワーに本社移転。
平成10年9月 日本証券業協会に店頭登録。
平成12年9月 北海道札幌市に北海道事業所を開設。
平成13年4月 シンガポール共和国にシンガポールサービス事務所を開設。
平成14年3月 環境管理の国際規格「ISO 14001」の認証(審査登録)を本社・事業所・作業所において取得。
平成14年7月 埼玉県さいたま市に関東事業所を開設。
平成14年11月 広島県広島市に中国事業所を開設。
平成15年9月 品質管理の国際規格「ISO 9001」の認証(審査登録)を本社・事業所・作業所において取得。
平成16年10月 中部事業所を改編し、名古屋事業所(現中部事業所(愛知県名古屋市))と東海事業所(静岡県静岡市)とに分割。
平成16年12月 日本証券業協会が改編され、株式会社ジャスダック証券取引所が創設されたことに伴い、当社株券を同取引所に上場。
平成17年4月 九州事業所を改編し、北九州事業所(福岡県福岡市)と南九州事業所(鹿児島県鹿児島市)とに分割。
平成17年10月 民間向け環境分析事業及び材料分析事業を株式会社ゼオン分析センターより譲受。
平成17年10月 埼玉県本庄市に北関東事業所を開設。
平成20年1月 洗浄装置事業を株式会社日立プラント建設機電エンジニアリング(平成20年3月31日付解散)より譲受け。
添付ファイル