※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:横浜市青葉区新石川四丁目33番地10

【商号履歴】
工藤建設株式会社(1971年7月1日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1997年4月11日~

【筆頭株主】
株式会社トップ

【連結子会社】
㈱東洋リース 横浜市青葉区 33.0%
㈱みらいテクノハウス 横浜市青葉区 33.0%
㈱サンビルド 横浜市西区 33.0%
㈱PAG 東京都港区 100.0%

【合併履歴】
平成19年10月4日 ㈱日建企画
平成3年7月 日 有限会社グループにじゅういち

【沿革】
昭和46年7月 建築・土木の請負企業として地域の将来に渡る発展のために工藤建設株式会社(資本金3,000千円)を設立
昭和51年2月 建設業法による特定建設業の許可のうち、建築工事業・土木工事業の許可(第8864号)を神奈川県知事より受ける
昭和51年6月 一級建築士事務所としての登録(第2865号)を神奈川県知事より受ける
昭和52年1月 横浜市排水設備指定工事店として、横浜市長より許可(第10341号)を受ける
昭和53年5月 建設業法による特定建設業の許可のうち、建築工事業・土木工事業・ほ装工事業・水道施設工事業の許可(第8049号)を建設大臣より受ける
昭和54年2月 宅地建物取引業者の免許(第10303号)を神奈川県知事より受ける
昭和54年7月 株式会社日建企画(本社:横浜市)を設立(現:連結子会社)
昭和60年6月 東京都港区に東京支店を設置し、中央官庁主体の営業活動を開始
昭和61年10月 有限会社東洋リースを設立(現:連結子会社)
平成元年1月 本社社屋を現在地横浜市緑区(現:青葉区)に移転
平成2年3月 丸和工業株式会社の全株式を取得
平成2年8月 宅地建物取引業者の免許(第4180号)を建設大臣より受ける
平成2年10月 分譲マンションの販売を行う拠点として東京都世田谷区に渋谷支店を設置
平成3年4月 分譲マンションの第1号物件「フローレンスパレス青葉台」の販売を開始
平成3年7月 企業体質強化のため、有限会社グループにじゅういちを合併
平成5年7月 渋谷支店を横浜市緑区(現:青葉区)に移転
平成5年9月 ひかる建設株式会社を設立
平成6年2月 株式会社タックを設立(現:株式会社ピーエー・ジー)
平成7年2月 株式会社澤村電設の全株式を取得
平成7年7月 住宅事業部を設置、住宅事業を独立した事業として本格的に開始
平成8年5月 地下室付輸入住宅「フローレンスガーデン」の販売を開始
平成9年4月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成10年1月 株式会社みらいテクノハウスを設立(現:連結子会社)
平成10年12月 建設事業本部(建築)において国際品質保証規格「ISO9001」の認証(RQ0450)を取得
平成11年6月 建設事業本部(土木)において国際品質保証規格「ISO9002」の認証(RQ0519)を取得
平成11年11月 兼松ハウジング株式会社(現:株式会社日建企画(本社:東京都))の全株式を株式会社日建企画(本社:横浜市)が取得
平成12年6月 株式会社日建企画(本社:横浜市)を存続会社として丸和工業株式会社、株式会社澤村電設、ひかる建設株式会社と合併
平成12年11月 住宅事業部において財団法人日本建築センターの構造耐力性能評定「KUDO高断熱地下室構造工法」BCJ評定―LC0001を取得
平成13年7月 建設事業本部において環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証(RE0222)を取得
平成15年6月 横浜市より第11回横浜環境保全活動賞を受賞
同 連結子会社であった株式会社日建企画(本社:東京都)の全株式を売却
平成15年7月 株式会社日建企画より新設分社型分割により株式会社サンビルド(現:連結子会社)を設立
平成15年12月 グループホーム・デイサービス「フローレンスケアたかつ」開所
平成16年5月 有限会社東洋リースを組織変更により株式会社東洋リースとする
同 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア美しが丘」開所
平成16年6月 グループとしての効率的な経営を行うことを目的として、各子会社の資本金額及び議決権比率を変更
平成17年4月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケアたまプラーザ」開所
平成18年4月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア港南台」開所
平成18年4月 高齢者住宅・居宅介護支援事業所・訪問介護事務所「フローレンスケア宿河原」開所
平成19年1月 無印良品の家「木の家」モデルハウスオープン
平成19年4月 鉄筋コンクリート(RC)造戸建て住宅「ラ・リビエラ」モデルハウスオープン
平成19年7月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア聖蹟桜ヶ丘」開所
平成19年7月 グループとしての効率的な経営を行うことを目的として、各子会社の議決権比率を変更
添付ファイル