※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:群馬県高崎市飯塚町1174番地5

【商号履歴】
藤田エンジニアリング株式会社(1986年3月~)
藤田工事株式会社(1964年10月28日~1986年3月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1996年8月5日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
東興産業株式会社

【連結子会社】
藤田ソリューションパートナーズ㈱ 群馬県高崎市 100%
藤田テクノ㈱ 群馬県高崎市 100%
藤田デバイス㈱ 群馬県高崎市 100%
藤田水道受託㈱ 群馬県高崎市 100%
㈱藤田ビジコン 群馬県高崎市 100%

【合併履歴】
2000年4月 日 佐久エレクトロン株式会社
1991年4月 日 藤田電子システム株式会社
1986年3月 日 藤田電機株式会社

【沿革】
昭和39年10月 上下水道工事、電気計装設備工事及び建築付帯設備工事を目的として藤田工事株式会社(現藤田エンジニアリング株式会社)を資本金3,000千円で群馬県高崎市台町26番地に設立。
昭和50年3月 本社を群馬県高崎市飯塚町1174番地5に移転。
昭和61年3月 藤田電機株式会社を吸収合併し、商号を藤田エンジニアリング株式会社とする。合併に伴い藤田電機株式会社が営業していた産業用機器販売事業及び生産自動化(ファクトリーオートメーション)システム事業を継承するとともに、産業用機器の総合メンテナンス専門の藤田サービス株式会社(現藤田テクノ株式会社)を100%子会社とする。
平成2年12月 藤田情報システム株式会社(通信機器及びOA機器の販売等が目的)及び藤田電子システム株式会社(電子部品の検査・組立及び半導体素子の内部回路設計等が目的)の株式を藤田興産株式会社(現日東興産株式会社)より譲受け、100%子会社とする。
平成3年4月 藤田電子システム株式会社を吸収合併し、同社が営業していた電子部品の検査・組立、半導体素子の内部回路設計及び電子回路の設計・製作事業を継承。
平成5年2月 100%子会社藤田産業機器株式会社を設立。
平成5年4月 藤田産業機器株式会社へ産業用機器販売及び生産自動化システムの販売に関する営業を譲渡。
平成8年8月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成10年7月 100%子会社佐久エレクトロン株式会社を設立。
平成12年4月 佐久エレクトロン株式会社を吸収合併し、同社が営業していた半導体素子の検査・組立事業を継承。
平成14年10月 会社分割により100%子会社藤田デバイス株式会社を設立し、電子部品製造事業を同社が継承。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成18年4月 100%子会社の藤田情報システム株式会社は、藤田産業機器株式会社を吸収合併し、社名を藤田ソリューションパートナーズ株式会社とする。
添付ファイル