本店:東京都新宿区西早稲田二丁目20番9号

【商号履歴】
山加電業株式会社(1948年9月~)
株式会社山加商会(1935年12月12日~1948年9月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1995年2月17日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
アムスグループホールディングス有限会社

【連結子会社】
(連結子会社)
株式会社ワイ・イー・ティ 東京都新宿区 100%
富士装備株式会社 東京都豊島区 100%
(持分法適用関連会社)
株式会社システック・エンジニアリング 東京都江東区 25%

【沿革】
昭和10年12月 東京府東京市京橋区北槇町6番地(現 東京都中央区京橋一丁目2番地)に株式会社山加商会を設立
昭和23年9月 商号を変更し山加電業株式会社とする
昭和24年10月 建設業法の制定により、電気工事業の登録を行う
昭和24年10月 仙台市に仙台営業所(現 仙台支社)を設置
昭和25年3月 関西電力株式会社より、日本で初の27.5万ボルト送電線工事「北陸幹線工事」を受注
昭和25年10月 建設省より、「高田予備隊施設電気工事」を受注
昭和29年5月 電源開発株式会社より、「送電線測量工事、十勝幹線測量工事」を受注
昭和30年7月 古河鉱業株式会社より、「秋葉ダム骨材プラント工事」を受注
昭和33年7月 名古屋市に名古屋営業所(現 名古屋支社)を設置
昭和33年11月 札幌市に札幌営業所(現 札幌支社)を設置
昭和34年3月 大阪市に大阪営業所(現 関西事業部)を設置
昭和36年5月 電気工事業者としては日本で初の海外送電線工事「南ベトナム・ダニム・サイゴン間送電線工事」を受注
昭和38年9月 東京都渋谷区上通二丁目2番地(現 東京都渋谷区渋谷一丁目8番3号)に本社を移転
昭和40年6月 東京電力株式会社より、日本で初の50万ボルト送電線工事「房総線工事」を受注
昭和51年9月 イランより、12線路、総長900キロメートル工事「イラン・コーラサン地区送電線工事」を受注
昭和54年10月 東京都渋谷区渋谷二丁目11番3号に本社を移転
昭和57年11月 資本金を2億円余に増資
昭和61年8月 東京電力株式会社より、光ファイバー工事を受注し通信情報産業に対応する技術開発を推進
昭和63年10月 東京電力株式会社より、日本で初の100万ボルト送電線工事「群馬山梨幹線工事」を受注
平成3年6月 株式会社ヤマカサービス(現 株式会社ワイ・イー・ティ)を設立
平成3年10月 組織を強化するため事業本部制を導入
平成3年12月 東京電力株式会社より、共同企業体の代表会社として、100万ボルト送電線工事「北栃木幹線新設工事」を受注
平成4年4月 事務管理の充実をはかるため、管理本部を設置
平成5年4月 創業70周年を機にCIを導入
平成6年10月 東京電力株式会社より、共同企業体の代表会社として、100万ボルト送電線工事「南いわき幹線新設工事」を受注
平成7年2月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成8年11月 資本金を7億4千4百万円余に増資
平成10年3月 資本金を8億2千3百万円余に増資
平成13年2月 京都府宇治市に京都営業所を設置
平成16年4月 事業統括本部を新設
平成16年7月 株式会社システック・エンジニアリングを設立
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年9月 東京都新宿区西早稲田二丁目20番9号に本社を移転
平成17年10月 モバイル事業部を新設
平成18年5月 資本金を9億8千9百万円余に増資
平成18年7月 株式会社ワイ・イー・ティより富士装備株式会社の全株式を取得
平成19年6月 ワイマックス推進室を新設

添付ファイル