※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:東京都江東区佐賀一丁目9番14号

【商号履歴】
株式会社マサル(1989年8月~)
マサル工業株式会社(1957年9月30日~1989年8月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1994年11月2日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
操上弘昌氏

【連結子会社】
㈱テクマ 東京都江東区 100.0%

【合併履歴】
1991年4月 日 株式会社マサルエンジニアリング

【沿革】
昭和32年9月 建物防水工事を目的として、マサル工業株式会社を設立。設立資本金500千円 所在地東京都江東区森下二丁目6番地
昭和34年7月 本社を東京都中央区日本橋人形町に移転
昭和38年9月 建設業登録(東京都知事登録(ち)第29239号)
昭和41年9月 本社を東京都中央区日本橋蛎殻町に移転
昭和43年2月 わが国初の超高層ビル三井霞が関ビルのシーリング防水工事を施工、他社に先がけ建物シーリング防水工事のノウハウを取得
昭和47年10月 本社を東京都江東区佐賀に移転
昭和54年4月 株式会社マサルエンジニアリングを東京都中央区新川に設立、リニューアル工事を開始
昭和61年2月 株式会社マサルソービを東京都江東区佐賀に設立、材料・資材の一元管理を開始
平成元年8月 商号をマサル工業株式会社から株式会社マサルへ変更
平成元年10月 横浜営業所を神奈川県横浜市に設置
平成2年7月 建設業許可(建設大臣許可(般-2)第13991号)
平成2年7月 新規開発事業部を東京都中央区日本橋箱崎町に設置、床工事を開始
平成3年4月 西東京営業所を東京都立川市に設置
平成3年4月 株式会社マサルエンジニアリングと合併
平成3年9月 一級建築士事務所登録(東京都知事登録第34086号)
平成3年9月 株式会社マサルソービ 解散により清算
平成4年2月 建設業許可(建設大臣許可(特-3)第13991号)以後3年ごとに許可更新
平成4年3月 ショールームを千葉県千葉市に設置
平成4年12月 関東営業所を埼玉県浦和市に設置
平成5年1月 千葉営業所を千葉県千葉市に設置
平成5年9月 大阪営業所を大阪府大阪市に設置
平成6年11月 日本証券業協会に店頭登録
平成8年4月 新規開発事業部を防水&建材事業部と改称し、その他の防水工事等(地下防水工事、塗膜防水工事、屋上防水工事等)を開始
平成10年3月 横浜営業所と西東京営業所を統合し、西関東支店を東京都江東区佐賀に設置。関東営業所と千葉営業所を統合し、東関東支店を東京都江東区佐賀に設置。ショールームを東京都江東区佐賀に移転
平成10年4月 シーリング事業本部と防水&建材事業部を統合し、東京支店を東京都江東区佐賀に設置
平成11年1月 西関東支店と東関東支店を統合し、関東支店を東京都江東区佐賀に設置
平成13年4月 東京支店を首都圏事業本部に改称。関東支店を中央建築事業部に改称し、シーリング部門を首都圏事業本部に統合
平成13年6月 ISO9002の認証取得を受ける
平成14年3月 千葉営業所を千葉県市川市に設置
平成14年3月 関西営業所(旧 大阪営業所)をリニューアル事業本部に統合
平成15年1月 中央建築事業部をリニューアル事業本部に統合
平成15年3月 ISO9001:2000の認証を受ける
平成15年4月 首都圏事業本部をシーリング事業本部と防水建材事業本部に再編
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年11月 グラフィックス事業準備室を東京都江東区佐賀に設置
平成18年4月 事業統括室を東京都江東区佐賀に設置。シーリング、リニューアル、防水の各事業本部を各事業部へ移行。株式会社テクマを子会社とし、グラフィックス事業準備室を移管
平成18年5月 株式会社テクマにおいて、新規事業としてグラフィックス事業を開始
平成19年4月 シーリング事業部と防水建材事業部を統合し、シーリング・防水事業部を設置
添付ファイル