※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新潟県上越市大字福田20番地

【商号履歴】
田辺工業株式会社(1969年2月1日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>2007年3月22日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2007年4月23日(上場廃止申請)
<店頭>1993年9月22日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
田辺よし江氏

【連結子会社】
田辺インターナショナル㈱ 東京都文京区 100%
タナベタイランド社 タイ国プラチンブリ県 100%

【沿革】
大正10年、新潟県西頸城郡青海町(現、新潟県糸魚川市)において、大手化学会社電気化学工業株式会社青海工場の構内で、生産設備の保全を主たる業務として、個人経営にて田辺鉄工所を創業したのが当社の起源であります。
昭和10年、商号を合資会社田辺工作所に変更、法人組織に改組し、昭和26年合資会社田辺工作所の業務を分離し、田辺建設株式会社と田辺化工機株式会社2社を設立しました。
昭和44年、田辺建設株式会社の機電事業部(機械・電気部門)を分離し、機械製作・工業用炉の製造・配管・空調・電気設備等の事業内容で当社を設立しました。
昭和44年2月 田辺建設株式会社の機電事業部(機械・電気部門)を分離し、資本金1,000万円をもって、田辺工業株式会社を設立、本社所在地を新潟県西頸城郡青海町(現、新潟県糸魚川市)に、営業所を青海(現、青海支店、新潟県糸魚川市)・直江津(現、北陸支店、新潟県上越市)・千葉(現、千葉支店、千葉県市原市)・東京(現、東京本社、東京都千代田区)に設置
昭和44年4月 建設業法に基づく特定建設業の種類のうち、「電気工事業」「管工事業」「鋼構造物工事業」及び一般建設業の種類のうち、「とび・土木工事業」「タイル・れんが工事業」「機械器具設置工事業」「電気通信工事業」の許可を国土交通大臣(旧建設大臣)より受ける(以後3年ごとに許可更新)
昭和46年3月 「電気工事業の業務の適正化に関する法律」の規定に基づき、電気工事業者として登録
昭和52年2月 第一種圧力容器製造認定工場として新潟労働局長(旧新潟労働基準局長)より許可を受ける
昭和58年2月 新潟営業所を新潟県新潟市に設置
昭和58年6月 ウエストフェン社(独)とウエストマットに関する技術提携契約を締結
昭和58年6月 ウエストマットの販売代理店として、田辺インターナショナル株式会社(現、連結子会社)を東京都千代田区に設立(出資比率20%)
昭和61年4月 名古屋出張所を愛知県名古屋市に設置(現、名古屋営業所)
昭和63年4月 産業装置部を新潟県西頸城郡名立町に設置(平成3年3月新潟県上越市に移転)
平成元年2月 電力事業部を新潟県上越市に設置
平成元年12月 田辺インターナショナル株式会社の株式を取得し、100%子会社とする
平成4年2月 建設業法に基づく特定建設業の種類のうち、「土木工事業」「建設工事業」の許可を国土交通大臣(旧建設大臣)より受ける
平成5年9月 大阪支店を大阪府大阪市中央区に設置
平成5年9月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成8年10月 表面処理加工の事業を行うため、タイ国にタナベタイランド社(現、連結子会社)を設立(出資比率100%)
平成10年10月 埼玉技術センターを埼玉県吉川市に設置
平成11年12月 電気計装工事、送電工事、営業部門において「ISO9001」を取得
平成12年12月 田辺商事株式会社、田辺運輸株式会社の株式を取得
平成14年3月 産業プラント設備工事、設備保全工事、管工事、鋳造用工業炉部門において「ISO9001」を取得
平成15年5月 送電工事部門において「ISO14001」を取得
平成15年11月 本社所在地を新潟県上越市に移転
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成18年5月 田辺商事株式会社、田辺運輸株式会社の株式を売却
平成18年12月 産機エンジニアリング部を東京都千代田区へ移転、呼称を東京本社とする
平成19年3月 ジャスダック証券取引所への上場を廃止し、東京証券取引所市場第二部に株式を上場
添付ファイル