※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:札幌市白石区菊水2条1丁目8番21号

【商号履歴】
北海電気工事株式会社(1944年10月1日~)

【株式上場履歴】
<札証>1993年10月29日~

【筆頭株主】
北海道電力株式会社(親会社)

【連結子会社】
なし

【合併履歴】
2005年4月1日 北海道用地株式会社
2002年4月1日 株式会社テクセル

【沿革】
昭和19年10月 「電気工事業整備要綱」に基づき、北海道の電気工事業者が合併し北海道配電株式会社(現北海道電力株式会社)の資本参加を得て、資本金50万円で、北海電気工事株式会社の商号をもって電気工事会社として設立、本店を札幌市に置く。
昭和24年8月 建設業法に基づき、北海道知事登録をする。
昭和24年10月 電気通信工事の請負施工を開始する。
昭和26年5月 北海道電力株式会社の発送変電工事の請負施工を開始する。
昭和43年9月 札幌市菊水西町9丁目5番地(現在地)に本店社屋を新築移転する。
昭和48年7月 建設業法に基づき、北海道知事許可を受ける。
昭和50年4月 東京出張所(現東京支社)を開設する。
昭和59年4月 苫小牧営業所を支店に昇格し、9支店体制とする。(名寄、旭川、岩見沢、札幌、釧路、帯広、苫小牧、室蘭、函館)
昭和59年10月 資本金2億円となる。
昭和60年1月 電気工事業、電気通信工事業について建設大臣の許可を受ける。
昭和61年5月 土木工事業、建築工事業、消防施設工事業について建設大臣の許可を受ける。
昭和62年4月 東京営業所を支社に昇格し、東京方面に本格的に進出する。
昭和62年12月 鋼構造物工事業について建設大臣の許可を受ける。
平成元年11月 管工事業、とび・土工工事業について建設大臣の許可を受ける。
平成2年4月 空調設備部(現環境設備部)を設置し、(従来の配電工事部、電力工事部、電設工事部、通信工事部と合わせて)総合設備業としての体制を確立する。
平成3年3月 資本金4億4百万円となる。
平成5年10月 札幌証券取引所に株式を上場する。(資本金15億14百万円となる。)
平成8年2月 本店社屋を新築する。
平成8年11月 営業本部を設置する。
平成10年6月 技術本部を設置する。
平成10年10月 株式会社アイテス(子会社)を設立する。
平成11年2月 営業本部が品質保証の国際規格ISO9002の認証を取得する。
平成12年4月 1級建築士事務所として登録。塗装工事業について建設大臣の許可を受ける。
平成14年4月 株式会社テクセルと合併する。(資本金17億30百万円となる。)
平成15年10月 技術本部がISO9001・2000年版の認証を取得する。
平成17年4月 北海道用地株式会社と合併する。電力本部を設置する。
平成18年6月 業務本部を設置する。
添付ファイル