※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:大阪市福島区福島六丁目13番7号

【商号履歴】
青木マリーン株式会社(1984年11月~)
コーワ・マリーン株式会社(1979年6月25日~1984年11月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~2013年7月29日(青木あすなろ建設株式会社と株式交換)
<大証2部>1996年1月 日~2013年7月15日(東証に統合)
<大証2部特別>1988年11月22日~1996年 月 日(2部指定)

【筆頭株主】
青木あすなろ建設株式会社(親会社=株式会社髙松コンストラクショングループの子会社)

【合併履歴】
1984年11月 日 青木船舶株式会社

【沿革】
昭和54年6月 株式会社青木建設船舶本部から分離独立し、内航海運業及び埋立・しゅんせつ等の海上工事の請負施工を目的として資本金1,000万円で大阪市大淀区にコーワ・マリーン株式会社を設立。
昭和55年4月 内航運送業の許可を取得。船舶5隻を購入、船舶16隻を傭船し、大阪湾における埋立工事用土砂海送及びロシア連邦(旧ソビエト連邦)北部三港から日本海沿岸地域への北洋材輸送等の事業を本格的に開始。
昭和59年11月 青木船舶株式会社を吸収合併し、同社の事業、阪神事業所(芦屋市)、京浜事業所(川崎市)及び所有船舶12隻等を継承し、埋立・しゅんせつ業分野に進出。社名をコーワ・マリーン株式会社から青木マリーン株式会社に変更。
昭和60年3月 建設業の許可を取得。決算期を6月決算から3月決算へ変更。
昭和60年5月 阪神事業所を神戸市東灘区に移転。
昭和62年4月 関西国際空港護岸盛土工事着工。
昭和63年11月 大阪証券取引所市場第二部(市場第二部特別指定銘柄)に株式を上場。
平成元年9月 本社を大阪市福島区に移転。
平成3年11月 宅地建物取引業免許(大阪府知事)を取得。
平成4年8月 シンガポール支店をシンガポール共和国に新設。
平成6年1月 京浜事業所を東京都品川区に移転。
平成6年11月 第一種利用運送事業の許可を取得。
平成8年1月 大阪証券取引所市場第二部銘柄に指定。
平成9年6月 揚土船を主体とした海上工事の請負施工を目的として青鵬港湾建設株式会社を設立。
平成9年10月 宅地建物取引業免許(建設大臣)を取得。
平成11年12月 関西国際空港第2期護岸盛土工事着工。
平成14年5月 シンガポール支店を閉鎖。
平成14年7月 青鵬港湾建設株式会社を清算。
平成15年5月 京浜事業所を東京都港区に移転。
平成16年8月 主たる本社機構を神戸市東灘区に移転。
平成16年10月 阪神事業所及び京浜事業所をそれぞれ阪神営業所、京浜営業所に名称変更。
平成19年3月 羽田空港新滑走路拡張工事着工。
平成19年3月 建設機械の海上輸送等物流事業へ進出。
添付ファイル