※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大林道路

本店:東京都墨田区堤通一丁目19番9号

【商号履歴】
大林道路株式会社(1967年2月7日~)
東洋鋪装株式会社(1933年8月26日~1967年2月7日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1973年2月1日~
<大証1部>1973年2月1日~2008年9月2日(上場廃止申請)
<東証2部>1971年4月1日~1973年1月31日(1部指定)
<大証2部>1972年3月1日~1973年1月31日(1部指定)

【筆頭株主】
株式会社大林組(親会社)

【連結子会社等】
(連結子会社)
東洋パイプリノベート㈱ 東京都墨田区 100%
東洋テクノ建設㈱ 東京都墨田区 100%
(持分法適用関連会社)
TMSライナー㈱ 東京都新宿区 48.8%
日本スナップロック㈱ 東京都新宿区 47.1%
フォレストコンサルタント㈱ 東京都墨田区 24.0%
ミノル工業㈱ 秋田県横手市 39.2%

【沿革】
当社は株式会社大林組(現・親会社)の傍系会社として、東洋鋪装株式会社の商号で昭和8年8月に舗装工事の請負並びに舗装材料の製造及び販売業者として設立された。
昭和8年8月 東京都千代田区丸の内1丁目2番地に資本金10万円をもって、東洋鋪装株式会社を設立
昭和24年10月 建設業法による東京都知事登録第490号の登録を受ける(以後2年ごとに建設大臣登録を受けるまで登録更新)
昭和29年3月 建設業法による建設大臣登録(ハ)第3540号の登録を受ける(以後2年ごとに登録更新)
昭和30年5月 大阪出張所(昭和35年12月支店に改組)を開設
昭和34年4月 名古屋出張所(昭和43年12月支店に改組)、仙台出張所(昭和45年12月支店に改組)及び新潟出張所(昭和49年7月営業所に改組)を開設
昭和36年9月 本店を東京都千代田区神田司町2丁目3番地に移転
昭和39年2月 札幌出張所(昭和43年12月支店に改組)及び高松出張所(昭和58年4月支店に改組)を開設
昭和40年5月 福岡出張所(昭和45年12月支店に改組)を開設
昭和41年2月 広島出張所(昭和45年12月支店に改組)を開設
昭和41年7月 岡山出張所(昭和49年7月支店に改組)を開設
昭和42年2月 商号を大林道路株式会社に変更
昭和43年1月 本店を東京都新宿区新宿1丁目76番地に移転
昭和46年4月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場
昭和47年3月 株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
昭和47年12月 本店を東京都千代田区神田錦町1丁目2番地1に移転
昭和48年2月 株式を東京証券取引所及び大阪証券取引所各市場第一部に上場
昭和48年12月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-48)第2523号の許可を受ける(以後3年ごとに許可更新、平成9年からは5年ごとに更新、平成13年1月からは国土交通大臣許可)
昭和52年4月 東京支店を開設
昭和60年10月 北関東信越支店(浦和市)を開設
平成2年4月 広島支店と岡山支店を統合して中国支店(広島市)を開設
平成2年10月 宅地建物取引業法による建設大臣免許(1)第4206号の免許を受ける(以後3年ごとに免許更新、平成8年からは5年ごとに更新、平成13年1月からは国土交通大臣許可)
平成3年4月 北信越支店(新潟市)を開設。札幌支店を北海道支店、仙台支店を東北支店、北関東信越支店を北関東支店、名古屋支店を中部支店、福岡支店を九州支店とそれぞれ改称
平成6年9月 本店を東京都港区南青山1丁目24番1号に移転
平成14年4月 東京支店と北関東支店を統合して関東支店(現・東京都千代田区)を開設
平成14年7月 東洋テクノ建設株式会社(現・連結子会社)を設立
平成14年8月 本店を東京都墨田区堤通1丁目19番9号に移転
平成14年10月 東洋パイプリノベート株式会社(現・連結子会社)を設立