※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日成ビルド工業

本店:金沢市金石北三丁目16番10号

【商号履歴】
日成ビルド工業株式会社(?~)
?(1949年10月13日~?)

【株式上場履歴】
<東証1部>1996年10月14日~
<大証1部>1991年2月 日~2007年4月23日(上場廃止申請)
<大証2部>1978年8月1日~1991年 月 日(1部指定)

【筆頭株主】
有限会社森岡インターナショナル

【連結子会社】
日成エンジニアリング㈱ 石川県金沢市 100%
㈱エム・シー・シー 石川県金沢市 100%
㈱日拓ハウス 石川県金沢市 100%

【合併履歴】
1994年4月 日 日成リース株式会社
1976年9月 日 森岡産業株式会社
1974年9月1日 日成ビルド工業株式会社

【沿革】
当社(昭和24年10月13日設立)は株式の額面金額を変更するため、昭和49年9月1日を合併期日として、旧日成ビルド工業株式会社(昭和36年7月3日設立)を吸収合併している。合併前の当社は休眠状態であり、法律上消滅した被合併会社が実質上の存続会社であるため、特に注記をしない限り実質上の存続会社について記載してある。
昭和36年7月 現本社所在地の金沢市金石において前取締役会長 故 森岡 弘が組立式ガレージの製造、販売を目的に日成ビルド工業株式会社を設立。
昭和43年8月 埼玉県川島町に東京工場(現 東京生産センター)を新設。
昭和43年9月 ハウス事業本部を設置。
昭和45年4月 名古屋中小企業投資育成株式会社の株式投資を受ける。
昭和46年4月 福岡県古賀町に福岡工場(現 福岡生産センター)を新設。(昭和61年10月に福岡県玄海町(現 宗像市)へ移設。)
昭和48年10月 岩手県前沢町(現 奥州市)に東北工場(現 東北生産センター)を新設。
昭和49年8月 住宅事業本部を設置。(平成3年10月特建事業本部に名称変更。)
昭和49年9月 株式の額面金額変更のため、日成ビルド工業株式会社と合併。
昭和51年9月 「森岡産業株式会社」を吸収合併。
昭和53年8月 大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
昭和54年7月 北海道江別市に江別工場(現 江別生産センター)を新設。
昭和54年8月 「日成ハウジング株式会社」(現 連結子会社)の株式の過半数取得し、子会社とする。
(平成2年9月「日成エンジニアリング株式会社」に商号変更。)
昭和55年11月 建材事業本部を設置。
昭和56年12月 石川県内灘町に内灘工場(現 本社生産センター管轄 内灘建材)を新設。
昭和63年3月 立駐事業本部設置。
平成元年9月 愛媛県丹原町(現 西条市)に四国工場(現 四国リースセンター)を新設。
平成3年2月 大阪証券取引所市場第一部に株式上場。
平成5年9月 建築リース事業本部設置。
平成5年9月 音響機器リース事業本部設置。(平成9年3月ライフシステム事業本部に名称変更。)
平成6年4月 子会社「日成リース株式会社」を吸収合併。
平成7年11月 特建事業本部を建材事業本部に統合。
平成7年11月 電子機器開販事業本部設置。
平成8年10月 東京証券取引所市場第一部に株式上場。
平成11年1月 営業総括本部(現 営業本部)を設置し、ハウス、建築リース、ライフシステム、立駐、建材、電子機器開販の各事業本部を事業部に変更し統括。
平成12年5月 ハウス、建築リース、ライフシステム、立駐、建材、電子機器開販の各事業部を、プレハブ建築の販売及びリースの事業を軸とするハウス事業本部(現 ハウス事業部、リース事業部、建材事業部)と駐車場関連の事業を軸とするパーキング・システム事業本部(現 パーキング事業部)に統合する。
平成12年12月 「株式会社エム・シー・シー」(現 連結子会社)を設立。
平成17年1月 「有限会社日拓ハウス」(現 連結子会社)の出資持分の全部を取得し、子会社とする。
(平成17年4月「株式会社日拓ハウス」に組織変更。)
平成17年3月 「有限会社日拓ハウス」は、「日拓産業株式会社」(平成17年3月31日解散、同年9月20日清算結了)から営業の全部を譲受ける。
平成19年2月 大阪証券取引所市場第一部上場廃止の申請を行う。
平成19年4月 大阪証券取引所市場第一部を上場廃止とし、東京証券取引所市場第一部の単独上場とする。