※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北陸電気工事

本店:富山市東田地方町一丁目1番1号

【商号履歴】
北陸電気工事株式会社(1944年10月1日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1992年9月1日~
<大証1部>1992年9月1日~2007年9月11日(上場廃止申請)
<東証2部>1990年12月12日~1992年8月31日(1部指定)
<大証2部>1986年11月 日~1992年8月31日(1部指定)

【筆頭株主】
北陸電力株式会社

【連結子会社】
なし

【沿革】
当社は電気工事業の公共性に鑑み、これが健全なる発展を期すために工事力の強化と工事費の適正化を目標として昭和19年4月当時の軍需省軍需監理部から発せられた「電気工事業整備要綱」に基づいて、北陸配電株式会社(現、北陸電力株式会社)後援の下に、北陸3県下の主要電気工事業者13社が統合し、資本金35万円をもって、昭和19年10月1日北陸電気工事株式会社として設立された。
 設立当初は、本店を富山市柳町30番地に、また支店を富山、金沢、福井の3市に設置したが、その後の業績の伸展と共に漸次機構の拡充を図り、現在は北陸3県をはじめ東京・大阪などの各地に、支店8カ所、事業所29カ所を設置している。
昭和19年10月 会社設立、事業の目的を「電気工事」とする。
昭和21年9月 本店を富山市桜橋通り1番地に移転
昭和23年12月 高岡営業所を支店に変更
昭和24年10月 建設業法による建設大臣登録を受ける。
昭和29年8月 本店を富山市東田地方5番地に移転(昭和40年4月住居表示変更により富山市東田地方町1丁目1番1号となる。)
昭和35年10月 七尾営業所を支店に変更
昭和38年5月 定款に定める事業の目的に「屋内管工事」を追加
昭和41年1月 大阪支店を設置
昭和41年10月 東京支店を設置
昭和47年11月 事業目的の明確化を図るため電気工事・屋内管工事と表わしていたものを電気工事・管工事・電気通信工事・消防施設工事に改める。
昭和48年9月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-48)第1677号を受ける。
昭和49年6月 建設大臣許可(般-49)第1677号を受ける。
昭和57年6月 定款に定める事業の目的に「水道施設工事・土木工事」を追加
昭和57年7月 敦賀営業所を支店に変更
昭和61年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場
平成2年12月 東京証券取引所市場第二部に上場
平成4年9月 東京証券取引所市場第一部・大阪証券取引所市場第一部に指定
平成19年9月 大阪証券取引所市場への上場を廃止