※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ショーボンド建設

本店:東京都江東区南砂二丁目2番17号

【商号履歴】
ショーボンド建設株式会社(1975年4月~)
株式会社ショーボンド(1963年6月~1975年4月)
昭和工業株式会社(1958年6月4日~1963年6月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1989年12月1日~2007年12月25日(ショーボンドホールディングス株式会社に株式移転)
<東証2部>1987年5月7日~1989年11月30日(1部指定)

【筆頭株主】
ショーボンドホールディングス株式会社(親会社)

【沿革】
当社は、昭和33年6月4日、東京都世田谷区において、「昭和工業株式会社」として設立され、硬質塩化ビニールおよびポリエチレンを使用する工事施工一般の事業を開始しました。
昭和35年1月 本社を東京都千代田区に移転し、エポキシ樹脂系接着剤「ショーボンド」の製造・販売・施工に関する事業を開始しました。
昭和35年7月 埼玉県川口市に接着剤の生産のため川口工場を新設しました。
昭和38年4月 東京都知事建設業登録をしました。(登録番号と第28045号)
昭和38年6月 社名を「株式会社ショーボンド」に変更しました。
昭和42年1月 埼玉県川口市に研究所を設置しました。
昭和44年2月 建設業の都知事登録を、建設大臣登録に変更しました。(建設大臣登録(ワ)第6942号)
昭和48年4月 建設業法の改正により、建設大臣許可(般-48)第1345号を受けました。(以後、許可業種の追加を含め3年ごとに更新、なお平成9年より更新期間5年ごとに変更。)
昭和49年10月 民間工事を対象とした工事会社、「昭和工事株式会社」を設立しました。(現・連結子会社)
昭和50年4月 エポキシ樹脂系接着剤等の製造部門を分離し、「ショーボンド化学株式会社」を設立しました。(現・連結子会社)
昭和50年4月 社名を「株式会社ショーボンド」から「ショーボンド建設株式会社」に変更し、本社を東京都新宿区に移転しました。
昭和51年11月 一般建設業許可業種の一部について特定建設業の許可を受けました。(建設大臣許可(特-51)第1345号)(以後、許可業種の追加を含め3年ごとに更新、なお平成9年より更新期間5年ごとに変更。また、平成14年2月、一般建設業を特定建設業に一本化しました。)
昭和52年4月 関東地区の民間市場開拓のため、工事会社「ショーボンド化工株式会社(現・化工建設株式会社)」を設立しました。(現・連結子会社)
昭和52年7月 研究所を埼玉県川口市から埼玉県大宮市に移転しました。
昭和55年8月 中部地区の民間市場開拓のため、工事会社「中部化工建設株式会社」を設立しました。(現・連結子会社)
昭和57年4月 接着剤等生産拡大のため、埼玉県川越市に「ショーボンド化学株式会社 川越工場」を新設しました。
昭和61年12月 首都高速道路公団の維持・管理業務を行う「株式会社昭和エンジニアリング」を設立しました。(現・連結子会社)
昭和62年5月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場しました。
平成元年12月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定されました。
平成3年7月 本社を東京都新宿区から東京都千代田区へ移転しました。
平成7年7月 メカニカル継手「ストラブカップリング」を製造・販売する部門を「ショーボンド化学株式会社」から分離し「ショーボンドカップリング株式会社」を設立しました。(現・連結子会社)
平成8年6月 研究所を埼玉県大宮市から茨城県つくば市に移転し名称を「補修工学研究所」としました。
平成18年5月 本社機能を東京都千代田区から東京都江東区へ移転しました。
平成18年9月 本社を東京都千代田区から東京都江東区へ移転しました。
平成19年8月 「株式会社昭和エンジニアリング」を解散しました。