※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:新潟市江南区亀田工業団地三丁目1番1号


【商号履歴】
亀田製菓株式会社(1957年8月26日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2012年4月6日~
<東証2部>2000年3月1日~2012年4月5日(1部指定)
<新証>1984年10月31日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【筆頭株主】
株式会社エイケイ

【連結子会社等】
(連結子会社)
新潟輸送株式会社 新潟市江南区 100.0%
アジカル株式会社 新潟市江南区 100.0%
株式会社エヌ.エイ.エス 新潟県阿賀野市 55.7%
ケイ・システム株式会社 新潟市江南区 100.0%
株式会社アデマック 新潟市江南区 100.0%
青島亀田食品有限公司 中国 92.0%
とよす株式会社 大阪府池田市 75.0%
株式会社日新製菓 栃木県宇都宮市 99.0%
亀田トランスポート株式会社 新潟市江南区 100.0%
(持分法適用関連会社)
TH FOODS,INC. 米国 46.8%
天津亀田食品有限公司 中国 50.0%

【合併履歴】
1992年4月 日 亀田あられ株式会社

【沿革】
昭和32年8月 新潟県中蒲原郡亀田町大字貝塚35番地1において、亀田町農産加工農業協同組合を母体として亀田製菓株式会社を設立、現亀田工場(元町)にて米菓の製造を開始。
昭和37年5月 新潟県中蒲原郡亀田町大字城所甲564番地に本社を新設移転。
昭和46年9月 新潟県北蒲原郡水原町に水原工場を新設。
昭和47年10月 新潟県中蒲原郡亀田町元町1丁目3番5号に本社を新設移転。
昭和51年9月 新潟県白根市に白根工場を新設。
昭和59年10月 新潟証券取引所に上場。
昭和62年10月 新潟県中蒲原郡亀田町に亀田第二工場(現亀田工場(工業団地))を新設。
平成2年11月 新潟県中蒲原郡亀田町大字早通2871番地8に本社を新設移転。
平成4年4月 亀田あられ株式会社と合併。新潟輸送株式会社、アジカルフーズ株式会社(現アジカル株式会社)を100%子会社化。
平成5年3月 株式会社ユーノスロード新潟(現株式会社エヌ.エイ.エス)を子会社化。
平成6年5月 新潟県中蒲原郡亀田町亀田工業団地3丁目1番1号に本社の住居表示変更。
平成6年9月 慢性腎不全患者の食事療法用低タンパク質米飯「ゆめごはん」の製造販売を開始。
平成7年4月 アジカルフーズ株式会社をアジカル株式会社に商号変更。
平成8年4月 株式会社ユーノスロード新潟を株式会社エヌ.エイ.エスに商号変更。
平成8年10月 和菓子の販売を開始。
平成8年11月 主食米の販売を開始。
平成9年10月 情報システム事業部を分社化し、100%子会社ケイ・システム株式会社を設立。
平成10年4月 エンジニアリング事業部を分社化し、100%子会社株式会社アデマックを設立。
平成12年2月 咀嚼・嚥下困難者用「ふっくらおかゆ」の製造販売を開始。
平成12年3月 「植物性乳酸菌ヨーグルト」の販売を開始。和菓子の販売を中止。
平成12年3月 新潟証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場。
平成13年3月 品質の国際規格ISO9001認証取得。
平成14年2月 「青汁パウダー若稲」、「発芽玄米」の販売を開始。
平成14年7月 糖尿病患者向け食品「からだサポートごはん」が特定保健用食品の許可を取得。
平成14年8月 新潟輸送株式会社が、環境の国際規格ISO14001認証取得。
平成14年12月 環境の国際規格ISO14001認証取得。
平成15年1月 中国青島市に、子会社「青島亀田食品有限公司」設立認可。
平成15年3月 亀田工場と旧本社工場の機能を統合し、その呼称を亀田工場に統一。
平成16年2月 とよす株式会社を子会社化。
平成16年5月 青島亀田食品有限公司において米菓の製造を開始。
平成16年10月 株式会社日新製菓を子会社化。
平成17年4月 新潟輸送株式会社100%子会社の亀田トランスポート株式会社を設立。
平成17年7月 天津亀田食品有限公司(康師傅控股有限公司との合併会社)を設立。
平成19年10月 新潟県新潟市江南区にR&Dセンターを新設移転。
添付ファイル