ティー・シー・シー

本店:横浜市中区太田町四丁目55番地

【商号履歴】
株式会社ティー・シー・シー(1990年6月~2006年4月株式会社SJアルピーヌに新設分割)
株式会社東京コンピュータコンサルタント(1969年8月~1990年6月)

【株式上場履歴】
<店頭>2002年6月11日~2004年10月5日(株式会社サン・ジャパンと株式交換)

【沿革】
昭和44年8月 コンピュータ・ソフトウェアの開発を主目的として、横浜市神奈川区浜町に㈱東京コンピュータコンサルタントを資本金100万円で設立。
昭和45年2月 宮城県経済連向け購買業務未払業務システムを受注。
昭和45年12月 横浜市中区常盤町へ本社移転。
昭和48年3月 大手証券代行会社向け代行業務合理化のコンサルティングを受注。
昭和52年10月 官公庁向け雇用保険システムを受注。
昭和54年3月 横浜市中区海岸通へ本社移転。
昭和55年1月 電力会社向け資材調達精算システムを受注。
昭和55年3月 福岡市に福岡出張所を開設。
昭和55年3月 大手都銀向け音声応答システムを受注。
昭和57年3月 福岡出張所を九州営業所に昇格。
昭和59年3月 神奈川県情報処理産業協議会に加盟。
昭和59年5月 社団法人情報サービス産業協会に加盟。
昭和60年4月 札幌市に札幌駐在所を開設。
昭和61年2月 東京都中央区に東京営業所を開設。
昭和62年1月 証券会社向け顧客情報システムを受注。
昭和62年5月 札幌駐在所を札幌営業所に昇格。
昭和63年6月 本社を現在地(横浜市中区太田町)に移転。
平成元年9月 電力会社向けホストコンピュータ運用管理を受注。
平成2年5月 大手コンビニエンスストア向け発注管理システムを受注。
平成2年6月 商号を㈱ティー・シー・シーに変更。
平成2年7月 東京、札幌、九州の各営業所を支店に昇格。
平成2年9月 損害保険会社向け代理店管理システムを受注。
平成3年7月 大手航空会社向け座席予約・発券・チェックインシステムを受注。
平成3年10月 通産省(現 経済産業省)システムインテグレータ登録企業となる。
平成4年5月 ソリューション・ラボ・横浜㈱に資本参加。日本IBM㈱との関係強化のため、日本IBM㈱の神奈川県ユーザーに対するSI事業の受け皿会社として設立された同社に対して、共同出資者として参加。
平成7年5月 ㈱アール・エー・インスティチュートの協力により、埼玉県上尾市に上尾事務所を開設。
平成8年2月 東京支店を港区芝に移転し、東京事業所とする。
平成10年4月 人材派遣を主目的とした㈱ファルコンを設立。(当社出資比率100%)。同社は、平成12年6月期より開始した連結決算会計において、連結対象子会社となる。
平成10年11月 ソリューション・ラボ・横浜㈱の株式の41%を日本IBM㈱より譲渡され、当社比率は91%となり、平成12年6月期よりの連結決算会計において連結対象子会社となる。
平成11年4月 通信・制御分野に参入するため、㈱シーコムに資本参加。同社は、連結決算会計上では、持分法対象会社となる。
平成12年1月 業務効率化のため、上尾事務所を東京事業所に統合。
平成12年5月 当社としてのマーケット拡大も含め、グループ企業としての相互協力関係による相乗効果を高めるため、㈱太陽情報に資本参加。
平成12年6月 北海道における新しいビジネス・チャンスを取り込むため、㈱ティー・シー・シー札幌を設立。(当社100%出資)。同社は、平成12年6月期より連結決算会計において、連結対象子会社となる。
平成13年5月 システム運用保守方面の業務に優れた㈱アルファリンクに資本参加。中部地区の業務拡大のため、名古屋支店を開設。
平成13年11月 ㈱太陽情報との資本提携を解消。
平成14年6月 JASDAQに新規上場。
平成14年8月 業務拡大に伴い、中国上海市に上海天系喜信息技術有限公司を設立。(当社100%出資)