※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新日本電工
本店:東京都中央区築地一丁目13番14号

【商号履歴】
新日本電工株式会社(2014年7月1日~)
日本電工株式会社(1963年12月20日~2014年7月1日)
日本電気冶金株式会社(1936年11月~1963年12月20日)
株式会社電気冶金工業所(1935年1月10日~1936年11月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2003年11月4日(上場廃止申請)

【沿革】
昭和10年1月 大垣電気冶金工業所(大正14年創設、北陸工場でフェロアロイを製造)を株式会社に改組し、株式会社電気冶金工業所として発足(設立)。
昭和10年6月 栗山工場設置(クロム塩類を製造)。
昭和11年11月 社名を日本電気冶金株式会社に改称。
昭和24年5月 証券取引所に上場。
昭和38年12月 東邦電化株式会社(設立 昭和9年、日高工場でフェロアロイ・郡山工場で金属けい素を製造)と合併し、社名を日本電工株式会社に改称。
昭和44年3月 共栄産業株式会社の株式の過半数を取得(現、連結子会社)。
昭和44年5月 徳島工場設置、工業薬品工場完成(クロム塩類を製造)。
昭和45年1月 徳島工場に港湾設備を備えた合金鉄工場完成(フェロアロイを製造)。
昭和45年2月 電工興産株式会社を設立(現、連結子会社)。
昭和46年6月 極東工業株式会社(設立 昭和22年、宮古工場でフェロアロイを製造)を吸収合併。
昭和48年4月 郡山工場にクロム酸回収装置再生工場完成。
昭和48年6月 栗山工場のクロム塩類製造を中止。
昭和50年10月 栗山興産株式会社を設立(現、連結子会社)。
昭和50年11月 日電産業株式会社を設立(現、連結子会社)。
昭和53年10月 極東物産株式会社(現、日電カーボン株式会社)を買収(現、連結子会社)。
昭和54年10月 日電徳島株式会社を設立(現、連結子会社)。
昭和55年3月 郡山工場の金属けい素製造を中止。
昭和59年3月 徳島工場を徳島合金鉄工場と徳島工業薬品工場に分離。
昭和62年11月 日高エレクトロン株式会社を設立(現、持分法適用関連会社)。
平成元年7月 徳島合金鉄工場と徳島工業薬品工場を統合し、徳島工場に改称。
平成5年4月 リケン工業株式会社(現、連結子会社)及び理研産業株式会社(現、連結子会社)を買収。
平成5年10月 南ア、サマンコール社と合弁でNSTフェロクロム社を設立(現、持分法適用関連会社)。
平成9年4月 宮古工場のフェロマンガン製造事業を徳島工場に集約。
平成14年3月 南ア、ハイベルト社と合弁でSAJバナジウム社を設立(現、持分法適用関連会社)。
平成14年12月 NDリサイクル社を設立(現、持分法適用非連結子会社)。
平成16年8月 中国、錦州鉄合金股份社と合弁で錦州日電鉄合金社を設立(現、連結子会社)。