※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シブヤテレビジョングループ
本店:東京都千代田区二番町3番地麹町スクエア

【商号履歴】
株式会社シブヤテレビジョングループ(2009年6月29日~)
株式会社アイ・ビー・イーホールディングス(2008年4月1日~2009年6月29日)
株式会社アイ・ビー・イー(1999年6月~2008年4月1日)
株式会社ディーフォーソリューション(1998年11月9日~1999年6月)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2002年12月25日~2009年5月1日(有価証券報告書虚偽記載)

【筆頭株主】
株式会社ケン・コーポレーション

【連結子会社】
株式会社シブヤテレビジョン 東京都港区 100%
株式会社ネット・タイム 東京都千代田区 100%

【沿革】
平成10年11月 株式会社ダイナウェア マルチメディア事業部を分社するため、東京都渋谷区に事業準備会社、株式会社ディーフォーソリューション(資本金10,000千円)を設立。
平成11年6月 商号を株式会社アイ・ビー・イーに変更。株式会社ダイナウェア マルチメディア事業部より業務移管作業を開始。
平成11年10月 マルチメディアシステム事業創業、システムインテグレーションサービスを中心にマルチメディア関連ソリューションを提供。
平成11年12月 株式会社ダイナウェア、シャープ株式会社、エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社及びトランス・コスモス株式会社の4社間にて、当社の出資と運営に関する基本協定を締結。
平成12年4月 上記基本協定に基づく出資が完了。
平成12年6月 株式会社ダイナウェア マルチメディア事業部の全従業員が当社に移籍。
平成12年11月 株式会社ダイナウェアよりデジタルビデオインテグレーションに関する営業を譲受け、デジタル映像システムに関するテクノロジー、ノウハウ、ソフトウェアを取得。また、同社よりインターネット上での著作権・課金管理に関するソフトウェアを購入。
平成13年5月 当社初の自社開発パッケージソフト「EZ プレゼンテーター」の市場販売を開始。
平成13年9月 本社及び「IBEトレーニングセンター」を拡張。「Video-ITデモセンター」を創設。
平成13年12月 韓国のohmylove,Inc.(現CXP,Inc.)より、テレビ会議システム向けソフトウェア「GloBiz21」の日本における販売権を取得、平成平成14年4月より、エンドユーザーへの販売とOEM協定の締結、カスタマイゼーションなど関連サービスの提供を開始。
平成14年12月 東京証券取引所マザーズに株式を上場。
平成15年2月 ビデオジュークボックスサービス「Video Tank」開発
平成15年7月 本社を現在地(東京都千代田区)に移転
平成18年3月 株式会社インターネット総合研究所と業務提携
平成19年1月 株式会社ネット・タイムと資本・業務提携
平成19年2月 株式会社シブヤテレビジョンと資本・業務提携
平成19年9月 株式交換により株式会社ネット・タイムを完全子会社化
平成20年1月 株式交換により株式会社シブヤテレビジョンを完全子会社化