※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日新製鋼
本店:東京都千代田区丸の内三丁目4番1号

【商号履歴】
日新製鋼株式会社(1959年4月1日~2014年4月1日日新製鋼ホールディングス株式会社に合併)
日本鉄板株式会社(1953年11月~1959年4月1日)
徳山鉄板株式会社(1928年2月15日~1953年11月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~2012年9月26日(日新製鋼ホールディングス株式会社に株式移転)
<大証1部>1949年5月16日~2012年9月26日(日新製鋼ホールディングス株式会社に株式移転)
<名証1部>  年 月 日~2012年9月26日(日新製鋼ホールディングス株式会社に株式移転)
<福証>  年 月 日~2012年9月26日(日新製鋼ホールディングス株式会社に株式移転)
<京証>  年 月 日~1952年4月5日(上場再審査)
<福証>  年 月 日~1952年2月26日(上場再審査)

【合併履歴】
1959年4月1日 日亜製鋼株式会社
1953年11月 日 大阪鉄板製造株式会社

【沿革】
当社は、昭和34年4月1日に、日本鉄板株式会社と日亜製鋼株式会社が合併し現在に至っている。従って、当該合併以前については、存続会社の日本鉄板株式会社(前身徳山鉄板株式会社)の設立登記日である昭和3年2月以降の同社並びに日亜製鋼株式会社(前身日本亜鉛鍍株式会社、創業は明治41年7月田中亜鉛鍍金工場)について記載している。
昭和3年2月 徳山鉄板株式会社として大阪鉄板製造株式会社から分離設立。
昭和9年4月 日本亜鉛鍍株式会社、尼崎工場<現尼崎製造所>を開設。
昭和14年9月 日本亜鉛鍍株式会社、商号を日本亜鉛鋼業株式会社を経て日亜製鋼株式会社に変更。
昭和14年12月 大鉄商事株式会社<現月星商事株式会社(現連結子会社)>設立。
昭和24年1月 日亜製鋼株式会社、神崎工場<現大阪製造所(神崎)>を開設。
昭和24年5月 東京証券取引所及び大阪証券取引所に上場(順次、広島、福岡、名古屋の各証券取引所に上場)。
昭和24年9月 太陽運輸株式会社<現月星海運株式会社(現連結子会社)>設立。
昭和25年5月 東洋鋼管株式会社設立。
昭和26年2月 日亜製鋼株式会社、呉工場<現呉製鉄所>を開設。
昭和28年11月 徳山鉄板株式会社、大阪鉄板製造株式会社を合併し、商号を日本鉄板株式会社に変更。大阪工場<現大阪製造所(大阪)>を開設。
昭和33年6月 日本鉄板株式会社、南陽工場<現周南製鋼所>を開設。
昭和34年4月 日本鉄板株式会社、日亜製鋼株式会社を合併し、商号を日新製鋼株式会社に変更。
昭和36年7月 新桑鋼業株式会社設立。
昭和37年6月 呉工場<現呉製鉄所>に第1号高炉を完成、銑鋼一貫メーカーとなる。
昭和38年2月 市川工場<現市川製造所>を開設。
昭和38年10月 当社東京工場を分離独立し、新星鉄板株式会社設立。
昭和39年5月 新日本企業株式会社<現新和企業株式会社(現連結子会社)>設立。
昭和39年11月 呉工機株式会社<現日新工機株式会社(現連結子会社)>設立。
昭和40年9月 新桑鋼業株式会社、商号を月星工業株式会社に変更。
昭和41年10月 ㈱神戸製鋼所堺工場の営業譲渡を受け、堺工場<現堺製造所>を開設。
昭和49年4月 新星鉄板株式会社、東洋鋼管株式会社を合併し、商号を新星鋼業株式会社に変更。
昭和58年2月 日新鋼管株式会社(現連結子会社)設立。
昭和58年4月 新星鋼業株式会社、鋼管部門を日新鋼管株式会社に営業譲渡。
昭和59年6月 ウィーリング・ニッシン・インク(現連結子会社)設立。
昭和61年12月 米国事務所を現地法人化し、ニッシン・USA・インク<現ニッシン・スティールUSA,LLC(現連結子会社)>設立。
平成9年4月 月星工業株式会社と新星鋼業株式会社の合併及び当社建材事業推進本部の販売・開発機能の移管により、日新総合建材株式会社(現連結子会社)設立。
平成9年9月 ニッシン・ホールディング・インク(現連結子会社)設立。
平成11年10月 東予製造所を開設。
平成15年11月 ニッシン・オートモーティブ・チュービング LLC(現連結子会社)設立。