SBSホールディングス
本店:東京都墨田区太平四丁目1番3号

【商号履歴】
SBSホールディングス株式会社(2006年4月~)
株式会社エスビーエス(1999年12月~2006年4月)
株式会社総合物流システム(1989年4月~1999年12月)
株式会社関東即配(1987年12月16日~1989年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2013年12月16日~
<東証2部>2012年12月14日~2013年12月15日(1部指定)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年2月10日(上場廃止申請)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2003年12月15日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
鎌田正彦社長

【連結子会社等】
(連結子会社)
SBSロジテム㈱ 東京都墨田区 100.00%
フーズレック㈱ 東京都墨田区 94.79%
北海道レック㈱ 北海道札幌市東区 100.00%
東北ウイング㈱ 宮城県仙台市若林区 100.00%
㈱ウイングトランスポート 埼玉県川口市 100.00%
東海トランスポート㈱ 愛知県名古屋市守山区 100.00%
ティーワイ流通システム㈱ 愛知県名古屋市守山区 100.00%
関西流通システム㈱ 大阪府大阪市北区 100.00%
酪連運輸㈱ 福岡県福岡市南区 100.00%
SBSロジコム 東京都墨田区 100.00%
ティーエルサービス㈱ 東京都墨田区 100.00%
ティーエルトランスポート㈱ 東京都世田谷区 100.00%
日本貨物急送㈱ 神奈川県横浜市神奈川区 100.00%
伊豆貨物急送㈱ 東京都墨田区 93.21%
㈱全通 埼玉県戸田市 100.00%
㈱全通サービス 埼玉県戸田市 100.00%
マーケティングパートナー㈱ 東京都豊島区 100.00%
SBSポストウェイ㈱ 東京都墨田区 100.00%
㈱フォワード 東京都墨田区 66.67%
㈱ぱむ 東京都豊島区 100.00%
SBSスタッフ㈱ 東京都墨田区 100.00%
㈱エーマックス 東京都千代田区 100.00%
㈱エルマックス 東京都港区 80.00%
㈲日比谷キャピタル 東京都千代田区 100.00%
㈲新橋キャピタル 東京都千代田区 100.00%
(同)岩槻キャピタル 東京都港区 100.00%
(同)入間キャピタル 東京都港区 95.06%
SBSファイナンス㈱ 東京都墨田区 100.00%
㈱AT&C 東京都中央区 83.33%
㈱総合物流システム 東京都墨田区 100.00%
(持分法適用関連会社)
㈱シーエスネット 東京都中央区 46.25%

【沿革】
昭和62年12月 東京都江東区において、物流をシステマティックに合理化し、物流コストの低減を提供することを目的として、株式会社関東即配(現SBSホールディングス株式会社)を設立。
昭和63年9月 首都圏、一都三県を主な地盤とし、即日配送運送事業を目的として、東京都墨田区に株式会社関東即配(現SBSロジテム株式会社)を設立。
平成元年4月 名称を株式会社総合物流システム(現SBSホールディングス株式会社)に変更、本社を東京都墨田区に移転。
平成4年6月 株式会社総合物流システム(現SBSホールディングス株式会社)と株式会社関東即配(現SBSロジテム株式会社)の共同出資により有限会社埼玉日商を買収(現株式会社総合物流システム、連結子会社)。
平成4年12月 有限会社埼玉日商から株式会社埼玉日商へ組織変更。
平成5年3月 株式会社埼玉日商は株式会社総合物流システムに名称変更。
平成6年4月 カタログ、各種案内等の配布及び各種宣伝物の企画、製作、封入等の付加価値サービスを行うことを目的として、メーリングサービス事業を開始。
平成7年7月 本社を東京都墨田区内で移転。
平成9年1月 株式会社総合物流システムにおいて、リサイクル事業を開始。
平成9年2月 東京都墨田区において、物流コンサルティング・物流セミナー開催・物流研修事業を目的として、株式会社富士総合物流研究所を設立。
平成9年6月 東京都墨田区において、「必要な時に必要なだけの人員の提供」をスローガンに、湾岸地域に特化した軽作業請負会社有限会社スタッフジャパン(現SBSスタッフ株式会社、連結子会社)を設立。
平成10年1月 物流コストの削減を提案するだけでなく、受注から販売、マーケティング、システム開発、人材、保管、配送に至るまで一貫した物流システム構築によるサービスの提供を目的として、3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)サービス事業を開始。
平成10年3月 東京都墨田区において、マーケティング分析・マーケティングプランニング・データベース開発を目的として、マーケティングパートナー株式会社を設立。
平成10年10月 有限会社スタッフジャパンの資本を増資してスタッフジャパン株式会社(現SBSスタッフ株式会社)に組織変更。
平成11年5月 株式会社総合物流システム(現SBSホールディングス株式会社)と株式会社ゼストの共同出資により、カスタマーコンタクト・マルチチャンネルセンター運営、マーケティング業務請負を目的として、東京都中央区に株式会社バーチャレクスを設立。
平成11年12月 名称を株式会社エスビーエス(現SBSホールディングス株式会社)に変更、本社を東京都墨田区内で移転。
平成12年12月 システム開発の受託、システムインテグレーション事業、自社開発医療解析システム事業の株式会社シーエスネットに資本参加。東京都墨田区において、物流業界における一般労働者派遣事業を目的として、人材派遣会社株式会社ガット(現SBSスタッフ株式会社)を設立。
平成13年1月 株式会社ガットを株式会社エスビーエスキャリアネット(現SBSスタッフ株式会社)に名称変更。
平成13年10月 株式会社総合物流システムは、東京都において、産業廃棄物処分業の許可を取得。カタログ配布、その他宣伝広告事業並びに商品の配送受注代行業務を目的に有限会社フォワード(現株式会社フォワード)を設立。
平成13年12月 イベント会場の設営撤去、引越しの梱包・開梱・資材搬入搬出等の短期業務請負を目的に株式会社エスサーブ(現SBSスタッフ株式会社)を設立。
平成15年2月 本社を東京都墨田区内で移転。株式会社エスビーエスキャリアネットを株式会社SBSキャリアネット(現SBSスタッフ株式会社)に名称変更。
平成15年5月 航空海上運輸及び通関業運送あっせん業を目的に株式会社トランスワールドを設立。
平成15年12月 日本証券業協会(現株式会社ジャスダック証券取引所)に株式を店頭登録。
平成16年5月 雪印物流株式会社(現フーズレック株式会社、連結子会社)の株式取得。
平成16年7月 グループ再編により、株式会社エスビーエス(現SBSホールディングス株式会社)は純粋持株会社に移行。3PL事業部は吸収分割により当社の100%子会社である株式会社関東即配(現SBSロジテム株式会社)に事業を承継。メーリングシステム事業部は新設分割によりSBSポストウェイ株式会社として事業を承継。
平成16年8月 株式会社ゼロ(旧日産陸送株式会社)の株式取得。(議決権割合15.78%)
平成16年9月 株式会社ランドコンサルティングと不動産の証券化、流動化業務を目的として株式会社エーマックスを共同設立。
平成16年11月 株式会社ビッグバンの株式取得。
平成16年12月 株式会社AT&Cの株式取得。日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年1月 株式会社ダック(現株式会社ダック)の株式取得。
平成17年3月 さくら運輸株式会社(現株式会社ダック)の株式取得。有限会社栄幸(現株式会社総合物流システム)の出資口取得。
平成17年5月 有限会社栄幸は株式会社総合物流システムと合併。
平成17年6月 東急ロジスティック株式会社の株式取得。日本貨物急送株式会社の株式取得。伊豆貨物急送株式会社の株式取得。
平成17年7月 さくら運輸株式会社を存続会社として、株式会社ダックと株式会社ダック引越センターの3社は合併し、商号を株式会社ダックに変更。
平成17年12月 株式会社ぱむの株式取得。
平成18年1月 株式会社全通の株式取得。
平成18年4月 商号をSBSホールディングス株式会社に変更、本社を東京都墨田区内で移転。物流業界における倉庫の開発等を手掛け新たな顧客開拓のため株式会社エルマックス(現連結子会社)を間接所有(80%出資)により設立。
平成18年5月 株式交換によりティーエルロジコム株式会社を完全子会社化。
平成18年12月 グループ再編により、ティーエルロジコム株式会社が日本貨物急送株式会社を完全子会社化。
平成19年1月 グループ再編によりティーエルロジコム株式会社が株式会社富士総合物流研究所を吸収合併。
平成19年7月 グループ再編によりティーエルロジコム株式会社が株式会社トランスワールドを吸収合併。
平成19年10月 株式会社ダックの株式(90%)売却。