※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム・ロケーション

本店:東京都千代田区五番町12番地1

【商号履歴】
システム・ロケーション株式会社(1990年1月~)
株式会社パイン(1968年4月1日~1990年1月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2006年4月21日~2010年4月1日(取引所閉鎖)

【筆頭株主】
有限会社タイムラー

【連結子会社等】
(連結子会社)
ジェイ・コア㈱ 東京都千代田区 100.0%
(持分法適用関連会社)
SLK Solutions. Inc. #502,Hae-PyungBldg,120-8 Samsung-Dongng,Gangnam-Ku,Seoul,Korea 49.0%

【沿革】
平成4年7月 休眠会社であった㈱パイン(資本金32,000千円)を、平成2年1月にシステム・ロケーション㈱に社名変更し、平成4年7月より自動車関連ファイナンス事業者(オートリース会社、レンタカー会社、信販会社等)向けの業務支援会社として東京都中央区にて事業開始
平成5年5月 神奈川県厚木市にてリースアップ車両を中心とした入札会を開始
平成6年4月 入札会用車両の保管場所である入札会ヤードを神奈川県相模原市に移転
平成6年11月 入札会運営業務をシステム化
平成7年5月 北海道北広島市にて「リースアップ札幌」を開設
平成7年10月 兵庫県神戸市に「リースアップ神戸」を開設
平成7年12月 車両再販業務支援統合システム「しろくま」を開発
平成8年4月 千葉県四街道市に「くるま市場千葉」を開設
平成8年5月 車両再販業務支援統合システム「しろくま」の販売を開始。
平成9年4月 佐賀県鳥栖市に「リースアップ九州」を開設
平成9年8月 「リースアップ神戸」を大阪府堺市に移転、「リースアップ大阪」に名称変更
平成9年11月 大阪府堺市に「くるま市場大阪」を開設
平成10年4月 登録名義変更事務代行部門を売却
平成11年3月 住商オートリース㈱ブランドの入札会運営会社として、住商オートリース㈱との合弁により資本金30,000千円にてスペイス・ムーブ㈱を設立
平成11年9月 車両再販価格データベース「しろくまデータサプライ」の販売開始
平成11年11月 「リースアップ九州」を福岡県福岡市に移転
平成11年12月 本社を東京都千代田区五番町に移転
平成12年6月 自動車ファイナンス業者へのシステム開発支援事業の一環として「残価設定支援システム(RV Doctor)」を開発
平成12年8月 資本金10,000千円にて、入札会運営子会社としてジェイトランス㈱(現ジェイ・コア㈱)を設立
平成12年9月 資本金33,275千円へ増資
平成12年12月 「車種カタログデータベース」を開発、販売開始
平成14年5月 日立キャピタルオートリース㈱の子会社カービュー・ネットファイナンス㈱へ出資。「ユビキタス・ファインテック㈱」と社名変更
平成14年6月 愛知県東海市に「リースアップ名古屋」を開設
平成15年1月 PDAによる「デジタルコンディションチェックシステム」を開発、運用開始
平成15年10月 「リースアップ名古屋」を愛知県名古屋市へ移転。日本オートオークション協議会へデータ提供開始
平成16年4月 「残価設定支援システム」の改良版「RV DoctorⅡ」を開発。「車種カタログデータベース英語版」をリリース
平成16年6月 入札システム英語版をリリース
平成16年7月 「リースアップ相模」を神奈川県茅ヶ崎に移転、「リースアップ東京」に名称変更
平成16年9月 日立キャピタルオートリース㈱が所有するユビキタス・ファインテック㈱の株式を全株買い取り、同社を100%子会社とする。「原状回復費求償支援システム “AFAMA”」を開発、販売開始
平成16年12月 「リースアップ東京」を神奈川県愛甲郡愛川町に移転。ジェイ・コア㈱において営業業務支援として「買取価格算出支援システム“PV Doctor”」をリリース
平成17年2月 「くるま市場大阪」を神戸市へ移転、「くるま市場神戸」と名称変更
平成17年3月 三井住友銀オートリース㈱の独自ブランド入札会「RAN」の開催受託を開始
平成17年4月 ジェイ・コア㈱とユビキタス・ファインテック㈱が合併し、新生ジェイ・コア㈱としてスタート
平成17年9月 当社システム商品の「RV DoctorⅡ」「車種DB」「PV Doctor」を、マイカーリースの一括見積りサイト「おくるまリース」及び自動車買取り査定サイト「おくるまオンライン査定」(SBIリース㈱ 運営)に提供開始
平成17年11月 日本カーソリューションズ㈱(略称NCS)の独自ブランド入札会「NCS入札会」の開催受託を開始
平成17年12月 資本金94,525千円へ増資
平成18年2月 SBIリース㈱の運営するリース料一括見積りサイト「おくるまリースforビジネス」のリニューアルにあたり、当社のシステム・コンテンツ「しろくま車種DB」及び「しろくまRV DoctorⅡ」の提供を開始
平成18年4月 ㈱アプラスと「APLUS Car-navi.com」を共同開発、システム提供開始。ジャスダック証券取引所へ上場。公募増資により資本金191,445千円へ増資
平成18年7月 「Oricoストックファイナンス(㈱オリエントコーポレーション)」の基幹システムを開発
平成18年10月 昭和オートレンタリース㈱主催による入札会「SARL千葉」の開催受託を開始
平成18年12月 自動車リース事業者向けの営業支援システム「シスろけっとforオートリース」の販売を開始
平成19年2月 「くるま市場千葉」を千葉県白井市に移転
平成19年3月 「リースアップ札幌」を北海道札幌市に移転
平成19年4月 スペイス・ムーブ株式会社の保有株式をカーズ・イット株式会社(住商オートリース株式会社の子会社)に売却
平成19年6月 「リースアップ九州」を福岡県糟屋郡久山町に移転
平成19年7月 トヨタファイナンス株式会社と「残価システム」を共同開発
平成19年9月 沖縄県にミニデポ沖縄を開設
平成20年1月 株式会社オリエントコーポレーションに「残価システム」の提供開始
平成20年1月 韓国に合弁会社 SLK Solutions Inc.(出資比率49.0%)を設立