日本サード・パーティ

本店:東京都港区港南二丁目15番1号

【商号履歴】
日本サード・パーティ株式会社(2002年6月~)
日本サードパーティ株式会社(1987年10月31日~2002年6月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2006年6月22日~2010年4月1日(取引所閉鎖)

【筆頭株主】
森和昭社長

【連結子会社】
株式会社ジェー・ティ・ピー・プラザ 東京都港区 100.0%
日本リファビッシュ株式会社 東京都港区 100.0%
データ・エントリー・ソリューション株式会社 東京都港区 75.0%
匯信通信息産業有限公司 中国天津市 100.0%
上海薩徳帕迪信息技術有限公司 中国上海市 100.0%
韓国サード・パーティ株式会社 韓国ソウル市 100.0%
Japan Third Party of Americas,Inc. 米国カルフォルニア州サンタクララ市 100.0%

【合併履歴】
2000年5月 日 株式会社ジェイ・ティー・ピーネットワーク・コミュニケーションズ

【沿革】
昭和62年10月 海外ハイテク機器メーカの日本市場参入における際の技術サービス支援を目的として東京都港区に日本サードパーティ株式会社(現日本サード・パーティ株式会社)を設立
昭和63年4月 大阪市に関西事業所を設置
昭和63年7月 名古屋市に東海サービスセンタを設置
平成3年12月 福岡市に九州サービスセンタを設置
平成4年4月 本社にUNIXトレーニングセンタを設置、教育事業に進出
平成5年11月 英国サービステック社と「サードパーティ・メンテナンス」事業で業務提携
平成6年7月 ワークステーション及びPCサーバのインテグレーション及びインストレーション業務を開始
平成6年11月 フィールドサービス部門で化学分析機器サービス事業に進出
平成7年5月 中国天津市に市政府合作で中日国際電子計算機職業学校を設立
平成8年12月 本社を東京都港区高輪三丁目5番23号に移転
平成9年2月 企業経営者向けコンピュータ教育等教育事業の差別化を図るため、関連会社株式会社ジェー・ティ・ピー・プラザを設立(現100%子会社)
平成9年2月 LANネットワーク部門を分離し、関連会社株式会社ジェイ・ティー・ピー ネットワーク・コミュニケーションズを設立
平成10年7月 データエントリー業界への参画を目的として、関連会社データ・エントリー・ソリューション株式会社を設立
平成11年12月 業務用UNIXサーバ・ワークステーション・リマーケティング業務を開始
平成12年2月 ロジスティック業務における物流管理と作業状況管理のためのバーコードシステムを開発、東京テクニカルセンタに導入
平成12年5月 株式会社ジェイ・ティー・ピー ネットワーク・コミュニケーションズの業務を整理統合し、当社に吸収合併
平成12年10月 本社にITトレーニングセンタを開設
平成12年12月 部品検査及びロジスティック作業者の受け皿及びピークカット機能を目的として、子会社日本リファビッシュ株式会社を設立(現100%子会社)
平成14年6月 日本サード・パーティ株式会社に商号変更
平成15年1月 医療用具の修理業を事業目的に追加
平成15年3月 医療用具専業修理業許可証を取得
平成15年7月 東京都品川区に品川テクニカルラボセンタを開設
平成16年2月 建設業(電気工事・電気通信工事)免許を取得
平成16年4月 本社を東京都港区港南二丁目15番1号に移転
平成16年6月 電気工事業、電気通信工事を事業目的に追加
平成17年3月 医療用具輸入販売業許可証を取得
平成17年4月 中国におけるサービス・サポートの拠点として中国上海市に子会社上海薩徳帕迪信息技術有限公司を設立
平成17年11月 韓国におけるサービス・サポートの拠点として韓国ソウル市に子会社韓国サード・パーティ株式会社を設立
平成18年6月 ジャスダック証券取引所に上場
平成18年8月 日本市場及びアジアパシフィック市場へ参入する海外IT企業の情報収集・マーケティングの前線拠点として子会社Japan Third Party of Americas,Inc.を設立
平成19年1月 医療機器販売業・医療機器賃貸業許可証を取得