※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エフ・ディ・シィ・プロダクツ

本店:東京都品川区上大崎二丁目19番10号

【商号履歴】
株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ(1997年3月1日~)
株式会社ゴレ・テクノロジィ(1996年7月1日~1997年3月1日)
新光工業株式会社(1979年9月29日~1996年7月1日)
マサル工業株式会社(1967年3月3日~1979年9月29日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2004年8月2日~2006年8月28日(株式会社アスティと株式交換)
<東証2部>2000年10月18日~2004年8月1日(1部指定)

【合併履歴】
1997年3月1日 株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ

【沿革】
当社(昭和61年4月1日、㈱エフ・ディ・シィ・ピィとして設立、昭和61年4月18日㈱エフ・ディ・シィ・プロダクツに商号変更、株式の額面金額50,000円)は、「4℃」ブランドを創設した第二空間㈱(昭和47年4月1日設立、本社所在地東京都渋谷区、株式の額面金額500円)と十和㈱(昭和25年5月18日設立、本社所在地広島県広島市西区、株式の額面金額50円)が出資して、設立されました。平成8年3月1日、当社は㈱ゴレ・テクノロジィ(旧)(昭和58年6月1日設立、ジュエリーの製造)、㈱バティエ・ノール(昭和58年6月1日設立、婦人服の製造)、㈱ドゥラ・バランセ(平成3年4月1日設立、バッグの製造)を吸収合併いたしました。これは、ジュエリー、婦人服、バッグの各製造会社とその販売会社として機能別に別会社としておりましたが、管理業務の効率化、資金の効率化、エフ・ディ・シィ・プロダクツグループの一体感の醸成、経営内容の明確化を目的としたものであります。その後、当社は、株式の額面金額を500円に変更するため、平成9年3月1日を合併期日として、形式上の存続会社である㈱ゴレ・テクノロジィ(昭和42年3月3日マサル工業㈱として設立、昭和54年9月29日新光工業㈱に商号変更、平成8年7月1日㈱ゴレ・テクノロジィに商号変更、株式の額面金額500円)に吸収合併されました。合併前の形式上の存続会社は、休眠状態であり、したがって、以下の記載事項につきましては、別段の記載のない限り、平成9年3月1日以前については、法律上消滅した実質上の存続会社である㈱エフ・ディ・シィ・プロダクツに関する事項を記載しております。なお、事業年度の期数は、実質上の存続会社の期数を継承し、平成9年3月1日から始まる事業年度を第12期としております。なお、実質上の存続会社である㈱エフ・ディ・シィ・プロダクツは、「4℃」ブランドの創設会社である第二空間㈱51%、当社の親会社である十和㈱(平成3年9月2日付で㈱アスティに商号変更)49%の出資比率により設立されたものであります。
昭和61年4月 東京都渋谷区恵比寿西二丁目4番7号にアクセサリーの製造・販売等を目的として㈱エフ・ディ・シィ・ピィを資本金5,000万円にて設立。同月㈱エフ・ディ・シィ・プロダクツに商号変更。
昭和62年7月 大阪市中央区東心斎橋一丁目19番23号に大阪事務所を新設。
昭和63年3月 東京都渋谷区恵比寿西二丁目10番10号に本社を移転。
平成3年4月 ㈱ドゥラ・バランセを設立し、バッグの企画・製造部門を分離独立。
平成3年10月 福岡市中央区大名一丁目9番7号に福岡事務所を新設。
平成4年4月 東京都渋谷区恵比寿西二丁目9番8号に本社物流業務の一部を移転。
平成7年10月 東京都渋谷区恵比寿西二丁目10番10号に本社ビルを購入。
平成8年1月 フラッグス㈱(現 連結子会社)を設立し、飲食業を展開。
平成8年2月 フランスに現地法人F.D.C. FRANCE S.A.R.L.を設立し、ジュエリーの新ブランド「RUGIADA」(ルジアダ)の企画・製造・販売を開始。
平成8年3月 ㈱ゴレ・テクノロジィ(旧)、㈱バティエ・ノール及び㈱ドゥラ・バランセを吸収合併。
平成8年5月 フランスのパリ市にルジアダ1号店を新設。
平成9年2月 期末現在店舗数100店舗。
平成9年3月 株式の額面金額を50,000円から500円に変更するため、㈱ゴレ・テクノロジィと合併。
平成10年3月 第二商品部を東京都渋谷区恵比寿南三丁目9番7号に移転。
平成10年4月 パリ支店設立(F.D.C. FRANCE S.A.R.L.は3月に解散し、支店登記)。
平成11年9月 台湾台北市に「4℃」アジア1号店を新設。
平成12年10月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成13年7月 フランスのパリ市に「4℃」欧州1号店を新設。
平成15年10月 東京都品川区上大崎二丁目19番10号に本社を移転。
平成16年8月 東京証券取引所市場第一部に株式を指定替。
平成17年4月 ㈱ホアキン・ベラオ・ジャパンを子会社化。
平成18年2月 期末現在店舗178店舗(連結子会社の25店舗を含む)。