※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本ライトン

本店:東京都千代田区九段北四丁目2番1号

【商号履歴】
日本ライトン株式会社(1985年8月14日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2001年8月2日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
光寶科技股份有限公司

【連結子会社】
LITE-ON JAPAN (S) PTE. LTD. シンガポール 100.0%
L&K INDUSTRIES PHILIPPINES,INC. フィリピン・クラークフィールド 100.0%
LITE-ON JAPAN (H.K.) LIMITED 香港 100.0%
その他5社

【沿革】
昭和60年8月 台湾・ライトングループの日本法人として東京都千代田区二番町に資本金2,000万円で日本ライトン株式会社を設立。
昭和62年8月 本社を東京都千代田区九段南に移転。
平成5年9月 ソフトウエア事業への進出を図り、長野県松本市に松本R&Dセンターを設置。
平成6年12月 半導体関連機械の開発・設計・製造を行なう株式会社セック(資本金1,000万円、本店福岡県中間市)の全株式を取得、100%子会社とし、同時に同社の事業を引継ぎ、福岡事業所を設置する。
平成7年6月 奈良県大和郡山市に関西営業所を設置。
平成7年7月 福岡県鞍手郡鞍手町に自社工場を建設し、福岡事業所を移転。また、シンガポール駐在事務所を設置。
平成7年12月 ソフトウエア事業からの撤退に伴い、松本R&Dセンターを閉鎖。
平成9年1月 シンガポール現地法人(LITE-ON JAPAN (S) PTE. LTD.)を設立(資本金300,000シンガポールドル)。(現連結子会社)
平成9年4月 福岡事業所を福岡事業部に改組。
平成9年10月 Lite-on Communication日本営業部の営業権及び従業員を引き継ぐ。
平成10年3月 フィリピン現地法人(L&K INDUSTRIES PHILIPPINES, INC.)を設立(資本金750,000フィリピンペソ)。(現連結子会社)
平成10年5月 福岡県直方市に新工場を建設し、福岡事業部を移転。
平成11年1月 株式額面金額変更(50,000円から50円)を目的とし、株式会社弘英(存続会社)及び株式会社セックと合併する。
フィリピン現地法人(L&K INDUSTRIES PHILIPPINES, INC.)で、リードフレームの加工及び検査を開始。
平成12年1月 福岡事業部建物内に九州営業所を設置。
平成12年4月 香港現地法人(LITE-ON JAPAN (H.K.) LIMITED)を設立(資本金1,000,000香港ドル)。(現連結子会社)
平成12年9月 フィリピン現地法人(L&K INDUSTRIES PHILIPPINES, INC.)がISO9002を取得。
平成13年8月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成14年2月 台湾のTailyn Communication Co. Ltd.よりADSLモデムの日本国内での販売権取得。
平成15年8月 フィリピン現地法人(L&K INDUSTRIES PHILIPPINES, INC.)第二工場建設。
平成15年10月 東京本社ISO14001を取得。
平成16年10月 関西営業所ISO14001を取得。
平成16年11月 本社を東京都千代田区九段北に移転。
平成17年8月 大分県宇佐市に株式会社松宝を設立。韓国現地法人(LOJ KOREA CO., LTD.)を設立。中華人民共和国上海市に香港現地法人(LITE-ON JAPAN(H.K.)LIMITED)の子会社として(新莱通(上海)国際貿易有限公司)を設立。福岡県福岡市博多区に福岡営業所を設置。
平成18年1月 タイ王国バンコク市にシンガポール現地法人(LITE-ON JAPAN(S)PTE.LTD.)の子会社としてLite-On Japan(Thailand)Co.,Ltd.)を設立。愛知県名古屋市中村区に中部営業所を設置。
平成18年2月 東京都千代田区に株式会社エービーエルを設立。
平成19年6月 ベトナム駐在員事務所開設。