※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北雄ラッキー

本店:札幌市中央区北十一条西十九丁目36番35号

【商号履歴】
北雄ラッキー株式会社(1982年5月~)
株式会社山の手ストアー(1974年5月~1982年5月)
株式会社オレンジチェーン(1971年4月3日~1974年5月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2002年10月4日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
桐生泰夫社長

【連結子会社】
エル食品㈱ 札幌市中央区 100%
㈱アップル 札幌市中央区 100%

【合併履歴】
1993年9月 日 株式会社シティびほろ
1982年5月 日 株式会社まるせん

【沿革】
昭和46年4月 食品の小売及び卸売を目的として、札幌市手稲西野(現 西区西野)に資本金6,000千円にて株式会社オレンジチェーンを設立。
昭和48年4月 本社を札幌市西区山の手1条7丁目に移転。
昭和49年5月 商号を株式会社山の手ストアーに変更し、本格的にスーパーマーケットのチェーン展開を開始。
昭和49年5月 山の手店をはじめ、5店舗の営業を開始。
昭和50年10月 札幌市東区に北49条店を開店。以後、昭和57年5月までに札幌市内5店舗を開店。
昭和52年12月 EOS(補充発注システム)を導入。
昭和57年5月 株式会社まるせんと合併すると同時に北雄ラッキー株式会社に商号変更。資本金151,000千円。同時に本社を札幌市中央区大通西23丁目291-1に移転。
昭和58年7月 石狩町(現 石狩市)花川に花川店を開店。
昭和59年6月 本社を札幌市中央区宮の森3条1丁目1-25に移転。
昭和59年6月 保険部門を設け、損害保険の代理店業務へ進出。
昭和63年7月 小樽市新光町に朝里店を開店。小樽市へ進出。
平成元年7月 本社を札幌市中央区北11条西19丁目36-35に移転。
平成2年3月 POS(販売時点情報管理)システムを導入。
平成4年2月 花川店に酒類販売の免許を取得し、酒類販売に着手。
平成5年9月 株式会社シティびほろと合併し、シティ美幌店を開店。道東地区へ進出。
平成6年3月 千歳市錦町に千歳錦町店を開店。千歳市へ進出。
平成6年4月 株式会社恵比寿屋とフランチャイズ契約を締結し、酒類のディスカウント販売を開始。
平成6年4月 紋別郡遠軽町にシティ遠軽店を開店。道東地区2店舗となる。
平成6年11月 子会社 エル食品株式会社を設立し、食品加工卸売業を開始する。
平成7年2月 保険部門を独立させ、子会社 株式会社アップルを設立。
平成8年3月 本格的にインストアベーカリーを手がけ、以後各店へ導入。
平成9年3月 山の手店を増床のうえ大幅改装し、新たなプロトタイプの店舗づくりに着手。
平成10年3月 夕張郡栗山町に栗山店を開店。
平成12年3月 網走市駒場にシティ網走店を開店。道東地区3店舗となる。
平成12年3月 食品の安全性検査のため独自の商品検査室(現 安全衛生管理室)を設置。
平成13年11月 株式会社恵比寿屋とのフランチャイズ契約を解消。
平成14年3月 中川郡幕別町に札内店を開店。
平成14年10月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成15年4月 夕張郡長沼町に長沼店を開店。
平成16年5月 精肉・鮮魚商品を店舗へ供給する生鮮センターを稼動。
平成16年6月 紋別市渚滑にシティ紋別店を開店。道東地区4店舗となる。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年10月 稚内市新光町にシティ稚内店を開店。道北地区へ進出。
平成18年3月 青果物・水産物を店舗へ配送する低温センターを稼動。
平成19年7月 小樽市手宮に手宮店を開店。