※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日東紡績

本店:福島市郷野目字東1番地

【商号履歴】
日東紡績株式会社(1923年4月~)
福島紡織株式会社(1919年10月~1923年4月)
福島精錬製糸株式会社(1918年4月22日~1919年10月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~

【筆頭株主】
日本トラステイ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

【連結子会社等】
(連結子会社)
日東グラスファイバー工業㈱ 福島県郡山市 100.0%
パラマウント硝子工業㈱ 福島県郡山市 99.3%
㈱日東紡マテリアル 東京都千代田区 100.0%
㈱双洋 東京都文京区 60.0%
新和電材㈱ 東京都文京区 100.0%
日東紡音響エンジニアリング㈱ 東京都墨田区 100.0%
ニットーボー東岩㈱ 北海道江別市 100.0%
富士ファイバーグラス㈱ 栃木県真岡市 80.9%
ニットーボーメディカル㈱ 東京都千代田区 100.0%
㈱日東紡テクノ 福島県郡山市 99.3%
三成興業㈱ 東京都中央区 100.0%
日東紡エコロジー㈱ 東京都中央区 100.0%
㈱ニットーボー・エフアールピー研究所 福島県郡山市 100.0%
日東グラステックス㈱ 群馬県大泉町 99.9%
日東紡アライドサービス㈱ 福島県福島市 100.0%
ニットービバレッジ㈱ 富山県朝日町 100.0%
アイ・アイ・シージャパン㈱ 東京都千代田区 80.0%
㈱日東紡インターライニング 東京都千代田区 100.0%
㈱文京精練 福井県坂井市 100.0%
ニットーボー新潟㈱ 新潟県新潟市 100.0%
ホームインサル㈱ 北海道江別市 100.0%
Nittobo America Inc. 米国カリフォルニア州 100.0%
International Immunology Corporation 米国カリフォルニア州 80.2%
Midland BioProducts Corporation 米国アイオワ州 98.8%
台湾日東紡股份有限公司 台湾 100.0%
日東紡(中国)有限公司 中国江蘇省 82.9%
日東紡澳門玻纖紡織有限公司 マカオ 100.0%
(持分法適用関連会社)
NITTOBO ASCO Glass Fiber Co.,Ltd. 台湾 50.0%
デコラニット㈱ 東京都品川区 33.3%

【合併履歴】
1998年4月 日 株式会社ニットーボー和歌山
1995年4月 日 日東紡伊丹加工株式会社
1975年10月1日 日東紡建材株式会社
1975年10月1日 日東紡不動産株式会社
1970年5月1日 日東紡織株式会社
1942年1月 日 泊紡績株式会社
1937年10月 日 名古屋紡績株式会社

【沿革】
大正7年4月 福島市に近江商人(中合創業家)安藤與惣次郎が絹糸紡績を主体とする福島精練製糸株式会社(福島)を設立した。
大正8年10月 商号を福島紡織株式会社に変更した。
大正12年4月 片倉製糸紡績株式会社岩代紡績所(郡山)を買収し、商号を日東紡績株式会社に変更した。
昭和12年3月 レーヨンステープル本格工場(富久山)を新設した。
昭和12年9月 織物染色加工工場(伊丹)を新設した。
昭和12年10月 名古屋紡績株式会社(新潟)を合併した。
昭和14年2月 グラスファイバーの生産(富久山)を開始した。
昭和14年11月 ロックウール工場(東京)を新設した。
昭和17年1月 泊紡績株式会社(泊)を合併した。
昭和17年9月 東京本部を開設した。
昭和19年2月 トヨタ自動車株式会社より和歌山工場を買収した。
昭和24年5月 株式を上場(東京・大阪・名古屋・新潟)した。
昭和25年10月 綿紡織工場(静岡)を新設した。
昭和31年10月 合繊紡績の生産(郡山)を開始した。
昭和32年4月 グラスファイバーの本格生産(福島)を開始した。
昭和33年11月 合繊紡績の生産(富久山)を開始した。
昭和37年4月 不燃吸音天井板ミネラートン工場(千葉)を新設した。
昭和37年8月 メラミン化粧板工場(鈴鹿)を新設した。
昭和40年9月 千葉、東京両工場を分離し、日東紡建材株式会社を設立した。
昭和44年8月 グラスファイバー織物工場(福島)を新設した。
昭和46年4月 不燃吸音天井板ソーラトン工場(千葉)を新設した。
昭和50年9月 泊第二工場(泊)を新設した。
昭和50年10月 日東紡建材株式会社及び日東紡不動産株式会社を合併した。
昭和52年12月 伊丹工場を分離し、日東紡伊丹加工株式会社を設立した。
昭和61年1月 OA用二重床システム「D.D.フロア」の生産を開始した。
昭和61年6月 レーヨンステープル、化繊糸の事業を撤収した。
昭和62年1月 フェノールフォーム断熱材の生産(富久山)を開始した。
昭和62年12月 免疫系体外診断用医薬品製造所(富久山)を新設した。
平成元年8月 日東紡ビルディング(東京都中央区)が完成し、9月より賃貸ビルとして営業を開始した。
平成2年9月 合繊紡績の郡山工場を閉鎖し、富久山事業センターに統合した。
平成3年11月 和歌山工場の綿紡績から建材事業への転換に伴い、株式会社ニットーボー和歌山を設立した。
平成4年1月 和歌山工場の綿紡績の操業を終了した。
平成5年9月 富久山事業センターでの合繊紡績の操業を終了した。
平成7年2月 静岡工場の綿紡織の操業を終了した。
平成7年4月 日東紡伊丹加工株式会社を合併した。
平成10年1月 泊工場の綿紡績の操業を終了した。
平成10年4月 株式会社ニットーボー和歌山を合併した。
平成11年6月 内装建材分野の営業と子会社八重洲商事株式会社の営業を統合継承させた新会社株式会社日東紡マテリアルを設立した。
平成13年10月 住友ベークライト株式会社との合弁でデコラニット株式会社を設立し、メラミン化粧板事業を移管した。
平成17年10月 新潟工場を会社分割し、ニットーボー新潟株式会社を設立した。
平成18年7月 和歌山工場の操業を終了した。
平成18年7月 フェノールフォーム事業を撤収した。