※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あきんどスシロー

本店:大阪府吹田市江坂町二丁目1番11号

【商号履歴】
株式会社あきんどスシロー(2000年12月~2009年5月31日エーエスホールディングス株式会社に合併)
株式会社すし太郎(1984年10月23日~2000年12月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2003年9月18日~2009年4月1日(エーエスホールディングス株式会社に合併)

【合併履歴】
1999年8月1日 株式会社すし太郎

【沿革】
当社の前身は、創業者清水義雄が昭和50年7月大阪市阿倍野区阿倍野筋二丁目4番48号において、個人ですし店(回転すしではなく、職人が客の注文に応じてすしをにぎるスタイルの店舗)を開業したことに始まります。その後、清水義雄は大阪市内においてテイクアウト専門店を開業する等の変遷を経て、昭和59年10月23日、回転すし店の店舗展開を目的として株式会社すし太郎を大阪府豊中市に設立いたしました。その後当社を存続会社とし、清水義雄の実弟である清水豊が代表取締役である株式会社すし太郎(本社:大阪府吹田市)と平成11年8月1日に合併し今日に至っております。従いまして合併以前については、2社の沿革について記載しております。
昭和59年10月 株式会社すし太郎(本社:大阪府豊中市、代表取締役:清水義雄)を設立。店名「すし太郎」として豊中市に1号店を出店。
昭和63年9月 株式会社すし太郎(本社:大阪府吹田市、代表取締役:清水豊)を設立。店名「すし太郎」として吹田市に1号店を出店。
平成3年10月 株式会社すし太郎(大阪府豊中市)の出店方針を直営店主体に切り替え、神戸市須磨区落合に往復ベルトコンベア方式の第1号店となる落合店(現須磨店)を出店。
平成5年4月 株式会社すし太郎(大阪府吹田市)が、大阪府堺市にダブル往復コンベアを導入した泉北深阪店を出店。
平成7年5月 株式会社すし太郎(大阪府吹田市)が、一皿100円均一の第1号店となる茨木西河原店を大阪府茨木市に出店。
平成7年12月 株式会社すし太郎(大阪府豊中市)の加工場を宝塚安倉店隣接地に併設。
平成8年1月 株式会社すし太郎(大阪府吹田市)の加工場を大阪府守口市に設置。
平成8年9月 株式会社すし太郎(大阪府豊中市)が、一皿100円均一の第1号店となる高司店を兵庫県宝塚市に出店。
平成11年8月 株式会社すし太郎(大阪府豊中市)を存続会社とし、株式会社すし太郎(大阪府吹田市)と合併。
平成12年12月 商号を株式会社あきんどスシローに変更。大阪府摂津市鶴野に本社を移転し、新加工場及び倉庫を本社内に統合併設。
平成13年9月 東京都葛飾区及び福生市に出店し、首都圏に進出。
平成14年7月 名古屋市熱田区に出店し、中部圏に進出。
平成15年9月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成15年11月 首都圏の配送業務を外部へ委託。
平成16年2月 本社内の加工場を全面廃止。
平成17年2月 大阪府吹田市に本社機能移転。
平成18年4月 大阪府吹田市に本店登記移転。
平成18年9月 岡山県岡山市に出店し、中国・四国圏に進出。
平成19年8月 株式会社極洋及びユニゾン・キャピタル・グループと戦略的業務提携。
平成20年4月 宮城県石巻市に出店し、東北圏に進出。 
平成20年4月 熊本県菊池郡菊陽町に出店し、九州圏に進出。 
平成20年7月 札幌市手稲区に出店し、北海道圏に進出。 
平成20年9月 エーエスホールディングス株式会社による当社株券等に対する公開買付けを開始。