キユーピー

本店:東京都渋谷区渋谷一丁目4番13号

【商号履歴】
キユーピー株式会社(1957年9月~)
食品工業株式会社(1919年11月~1957年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1973年4月2日~
<東証2部>1970年7月22日~1973年4月1日(1部に指定換え)

【筆頭株主】
株式会社中島董商店

【連結子会社等】
(連結子会社)
キユーピータマゴ㈱ 東京都調布市 88.0%
デリア食品㈱ 東京都府中市 100.0%
キユーピー醸造㈱ 東京都府中市 88.0%
キユーソー流通システム 東京都調布市 44.8%
三英食品販売㈱ 東京都渋谷区 54.4%
コープ食品㈱ 東京都渋谷区 51.0%
㈱カナエフーズ 東京都府中市 88.0%
㈱全農・キユーピー・エツグステーシヨン 茨城県猿島郡五霞町 51.4%
KIFUKI U.S.A. CO.,INC. 米国デラウェア州 100.0%
Q&B FOODS,INC. 米国カリフォルニア州 100.0%
HENNINGSEN FOODS,INC. 米国ニューヨーク州 100.0%
HENNINGSEN FOODS, NETHERLANDS INC. 米国デラウェア州 100.0%
昭島野菜加工㈱ 東京都昭島市 100.0%
㈱グルメデリカ 埼玉県所沢市 100.0%
富士山仙水㈱ 山梨県富士吉田市 77.8%
㈱ファミリーシェフ 神奈川県相模原市 70.0%
㈱デイリーメイト 東京都青梅市 100.0%
光和デリカ㈱ 茨城県神栖市 100.0%
アルブスター㈱ 茨城県猿島郡五霞町 100.0%
㈱ディスペンパックジャパン 東京都調布市 51.0%
㈱芝製作所 神奈川県川崎市川崎区 100.0%
㈱ポテトデリカ 長野県安曇野市 66.6%
㈱菜華 東京都青梅市 100.0%
㈱デフト 東京都渋谷区 100.0%
ケイ・システム㈱ 東京都町田市 80.0%
㈱ケイパック 茨城県猿島郡五霞町 100.0%
杭州丘比食品有限公司 中国浙江省杭州経済技術開発区 62.8%
㈱エスワイプロモーション 東京都江東区 88.3%
㈱セトデリカ 愛知県瀬戸市 96.7%
㈱イシカリデリカ 北海道札幌市手稲区 100.0%
㈱ハンシンデリカ 兵庫県伊丹市 100.0%
㈱サラダクラブ 東京都府中市 51.0%
ワイエムキユーソー㈱ 東京都稲城市 52.4%
北京丘比食品有限公司 中国北京市懐柔区 65.0%
㈱キユーピーあい 東京都町田市 100.0%
階上キユーピー㈱ 青森県三戸郡階上町 100.0%
㈱サラダメイト 東京都新宿区 100.0%
鳥栖キユーピー㈱ 佐賀県鳥栖市 100.0%
㈱トスデリカ 佐賀県鳥栖市 100.0%
㈱かやか 京都府綾部市 100.0%
㈱キタカミデリカ 岩手県北上市 100.0%
㈱菜デリカ 佐賀県三養基郡みやき町 49.0%
富士吉田キユーピー㈱ 山梨県富士吉田市 100.0%
㈱ケイ・エスエス 東京都渋谷区 100.0%
キユーソーサービス㈱ 東京都調布市 100.0%
ケイ物流㈱ 愛知県豊川市 70.0%
(持分法適用関連会社)
サミット製油㈱ 千葉県千葉市美浜区 49.0%
アヲハタ 広島県竹原市 16.1%
くにみ農産加工㈲ 大分県国東市 17.5%
HENNINGSEN VAN DEN BURG B.V. オランダバールバイク 50.0%
㈱トウ・ソリューションズ 東京都新宿区 20.0%
㈱トウ・キユーピー 東京都渋谷区 40.0%

【沿革】
大正8年11月 各種ソースならびに加工食料品の製造を目的として、東京都中野区小滝町に食品工業株式会社として設立される。
大正14年3月 キユーピーマヨネーズの製造を開始する。
昭和13年3月 兵庫県川辺郡稲野村(現 伊丹市)に稲野工場(現 伊丹工場)を設置し、マヨネーズやフルーツ缶詰の製造を行う。
昭和23年3月 原料の入手困難にともない一時中止していたマヨネーズの製造を再開する。
昭和26年10月 東京都北多摩郡神代村(現 調布市)に東京工場(現 仙川工場)を設置、マヨネーズの製造を行う。
昭和32年9月 社名を食品工業株式会社からキユーピー株式会社へ変更する。
昭和33年12月 愛知県挙母市(現 豊田市)に挙母工場を設置する。
昭和35年2月 本社を東京都調布市仙川町に移転する。
昭和37年8月 マヨネーズの主原料である食酢の製造販売を目的として、東京都府中市に西府産業株式会社(現 連結子会社のキユーピー醸造株式会社)を設立する。
昭和39年2月 佐賀県鳥栖市に鳥栖工場を設置する。
昭和41年2月 当社の倉庫部門を分離し、東京都調布市仙川町にキユーピー倉庫株式会社(現 連結子会社の株式会社キユーソー流通システム。平成5年10月に本社を調布市小島町へ移転)を設立する。
昭和43年12月 キユーピー倉庫株式会社が自動車運送取扱事業の登録を行う。
昭和44年2月 本社を東京都渋谷区渋谷1丁目4番13号に移転する。
昭和45年7月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場する。
昭和47年3月 茨城県猿島郡五霞村(現 五霞町)に五霞工場を設置する。
昭和47年12月 製品の一括販売先であった株式会社中島董商店の得意先販売網などを引き継いで自社販売とし、20営業所を展開する。
昭和48年4月 株式が東京証券取引所市場第一部銘柄に指定される。
昭和48年9月 冷凍冷蔵食品の販売を目的として東京都新宿区に株式会社キユーピーフローズン(現 連結子会社。昭和50年7月に商号をデリア食品株式会社に改め、本社も東京都府中市へ移す)を設立する。
昭和49年12月 販売体制として支店制度を導入し、8支店・14営業所となる。(現在は10支店・23営業所)
昭和50年12月 フードエンジニアリング分野へ進出し、自社開発の食料品製造用機器の販売を開始する。
昭和52年5月 卵素材品の販売部門を分離独立させ、東京都渋谷区にキユーピータマゴ株式会社(現 連結子会社。平成元年4月に本社を東京都調布市へ移転)を設立する。
昭和52年12月 東京都府中市にある仙川工場の分工場を中河原工場として独立させる。
昭和56年12月 ファインケミカル分野へ進出し、卵黄レシチンなどの製造を開始する。
昭和57年3月 米国におけるマヨネーズ・ドレッシング類の製造販売のため、カリフォルニア州にQ&B FOODS, INC.(現 連結子会社)を設立する。
昭和57年5月 大阪府泉佐野市に伊丹工場の分工場として泉佐野分工場(現 泉佐野工場)を設置する。
昭和61年6月 卵加工品の製造を行う伊丹鶏卵加工株式会社、中央鶏卵加工株式会社および名古屋食卵加工株式会社を合併して株式会社カナエフーズ(現 連結子会社。本社は東京都府中市)とする。
昭和62年2月 タイ国の技術提携先であるサハ・パタナ社と共同でTHAI Q.P. CO.,LTD.を設立する。
昭和63年12月 青森県三戸郡階上町に中河原工場の分工場として階上工場を設置する。
平成2年1月 永年の取引先である米国の鶏卵加工品メーカー、HENNINGSEN FOODS, INC.(現 連結子会社)の株式を取得し、その経営に参加する。
平成2年12月 三英食品販売株式会社(現 連結子会社)に委託していた業務用商品の販売を直接行うこととする。
平成5年12月 中国における調味料の製造販売を目的として、北京丘比食品有限公司(現 連結子会社)を設立する。
平成7年9月 株式会社キユーピー流通システム(平成12年4月に商号を株式会社キユーソー流通システムに改める。現 連結子会社)が東京証券取引所市場第二部に株式を上場する。
平成12年12月 惣菜類の販売業務をデリア食品株式会社(現 連結子会社)へ移管する。
平成14年4月 中国における製造能力の増強を目的として、杭州丘比食品有限公司(現 連結子会社)を設立する。
平成16年6月 株式会社キユーソー流通システムの株式が東京証券取引所市場第一部銘柄に指定される。
平成18年1月 山梨県富士吉田市に富士吉田工場を設置する。