※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アヲハタ

本店:広島県竹原市忠海中町一丁目1番25号

【商号履歴】
アヲハタ株式会社(1989年2月~)
青旗缶詰株式会社(1948年12月28日~1989年2月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2000年3月1日~
<広証>1998年7月24日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【筆頭株主】
株式会社中島董商店

【連結子会社】
㈱エイエフシイ 広島県竹原市 100%
㈱アヲハタ興産 広島県竹原市 100%
㈱アヲハタエフエムサプライ 広島県竹原市 100%
芸南食品㈱ 広島県竹原市 100%
東北アヲハタ㈱ 山形県北村山郡大石田町 60%
レインボー食品㈱ 広島県竹原市 100%
テクノエイド㈱ 広島県竹原市 100%
㈱ビーエフ情報サービス 広島県竹原市 100%

【沿革】
昭和7年12月に、当社の前身である株式会社旗道園(本社東京市)が、株式会社中島董商店の全額出資により創立され、翌昭和8年2月には、広島県豊田郡忠海町(現竹原市忠海中町)に工場を建設、みかん缶詰、ジャム類の製造を開始いたしました。しかし、昭和18年2月には、太平洋戦争の激化にともない、国の企業整備令に基づき、株式会社旗道園は、広島県合同缶詰株式会社(昭和22年4月には、広島県缶詰株式会社に改称)に統合され、同忠海工場として存続することとなりました。その後、終戦後の昭和23年10月には、広島県缶詰株式会社は解散し、それぞれの工場は、元の所有者に有償で返還されることとなりました。これを受け、同年12月に青旗缶詰株式会社を設立し、工場を買い取り運営していくこととなりました。
昭和23年12月 広島県豊田郡忠海町(現竹原市忠海中町)に青旗缶詰株式会社を設立。設立資本金4,800千円。
昭和24年6月 食品工業株式会社(現キユーピー株式会社)より稲野工場の運営を受託し、伊丹工場としてキユーピー印マヨネーズの製造を開始。
昭和32年10月 伊丹工場の運営受託を終了し、缶詰製造に専念することとなる。
昭和34年12月 広島県竹原市忠海町(現竹原市忠海中町)に第二工場(現ジャム工場)を新設。
昭和37年3月 キユーピー印ミートソース等の調理食品缶詰の製造を開始。
昭和41年3月 広島県竹原市竹原町に株式会社竹原アヲハタ(後に株式会社広島アヲハタに商号変更)を設立。
昭和42年2月 ジャムの需要増大に対応するため本社工場(現ジャム工場)内にジャム専門工場(F2プラント)を新設。
昭和45年6月 甘さを控えた低糖度ジャムを開発。「アヲハタ55オレンジママレード」を発売。
昭和46年7月 株式会社アヲハタ興産(連結子会社)を設立。
昭和47年9月 芸南観光レンタル株式会社を設立。(平成13年7月 株式会社アヲハタ興産に吸収合併)
昭和47年12月 広島県竹原市忠海町(現竹原市忠海中町)に本社事務所建設。本社移転。
昭和49年2月 本社工場内にジャム専門工場(F1プラント)を新設。
昭和50年2月 山形県北村山郡大石田町に株式会社東北アヲハタを設立。
昭和50年3月 東京都渋谷区に東京事務所を設置。
昭和52年10月 広島県竹原市忠海町(現竹原市忠海中町)に技術センター(現R&Dセンター)を建設。
昭和52年11月 株式会社アヲハタエフエムサプライ(連結子会社)を設立。
昭和57年2月 ジャムの多様化に対応するため本社工場内に小型容器ジャム専門工場(F3プラント)を新設。
昭和58年3月 株式会社広島アヲハタの事業を休止し、竹原工場を設置。
昭和59年9月 株式会社東北アヲハタの事業を休止し、山形工場を設置。
昭和60年10月 大石田食品株式会社(連結子会社)を設立。
昭和62年1月 レインボー食品株式会社(連結子会社)事業開始。
昭和62年12月 株式会社エイエフシイ(連結子会社)事業開始。
昭和63年12月 忠海食品株式会社を設立。(平成14年10月 当社に吸収合併)
平成元年2月 アヲハタ株式会社に商号変更。
平成2年6月 芸南食品株式会社(連結子会社)を設立。
平成4年7月 テクノエイド株式会社(連結子会社)を設立。
平成5年8月 広島県竹原市忠海町(現竹原市忠海中町)に新本社社屋を建設。
平成7年8月 忠海工場(現ジャム工場)内に低糖度ジャム専門工場(LSジャムプラント)を新設。
平成7年11月 竹原工場の事業を芸南食品株式会社に生産委託し、竹原工場を廃止する。
平成8年2月 株式会社ビーエフ情報サービス(連結子会社)(平成12年1月株式会社コンピュータセンターより商号変更)を設立。
平成10年7月 広島証券取引所に株式を上場。
平成11年12月 ジャム事業本部(現ジャム工場)にて「ISO14001」を認証取得。
平成12年3月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成13年10月 パスタソース事業本部および山形工場を大石田食品株式会社に統合し、同社社名を東北アヲハタ株式会社に変更。
同 本社および子会社の本社部門を含む「アヲハタグループ本社サイト」にて「ISO14001」を認証取得。
平成14年9月 東北アヲハタ株式会社および芸南食品株式会社にて、それぞれ「ISO14001」を認証取得。
平成14年11月 ジャム事業本部をジャム工場と改称。
平成16年11月 東北アヲハタ株式会社フルーツ・プレパレーションプラントにて「ISO9001」を認証取得。
平成17年12月 ジャム工場にて「ISO9001」を認証取得。
平成18年7月 ジャム工場内に多品種小ロット専用工場(新F2プラント)を新設。