あじかん

本店:広島市西区商工センター七丁目3番9号

【商号履歴】
株式会社あじかん(1978年3月~)
株式会社広島製玉(1970年1月~1978年3月)
株式会社三栄製玉(1965年3月19日~1970年1月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2000年3月1日~
<大証2部>1996年12月6日~
<広証>1990年12月6日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【筆頭株主】
株式会社足利興産

【連結子会社等】
(連結子会社)
山東安吉丸食品有限公司 中華人民共和国山東省青州市 100%
(持分法適用関連会社)
愛康食品(青島)有限公司 中華人民共和国山東省莱西市 50%

【合併履歴】
2003年10月 日 松山生必株式会社
2002年10月 日 株式会社ダイマル食品
1999年10月 日 株式会社大口屋
1992年4月 日 株式会社東京あじかん
1978年7月 日 株式会社あじかん
1978年7月 日 株式会社三栄食品販売
1978年7月 日 サンエー食品株式会社
1978年2月 日 株式会社三栄製玉

【沿革】
昭和40年3月 広島市西蟹屋(現・広島市南区)にて、株式会社三栄製玉(資本金100万円)を設立し、厚焼・玉子焼等の食料品製造業を開始。
昭和45年1月 商号を株式会社広島製玉に変更。
昭和53年2月 広島県福山市の株式会社三栄製玉を吸収合併。
昭和53年3月 商号を現社名の株式会社あじかんに変更。
昭和53年6月 本社を現在地(広島市西区商工センター七丁目)に移転、同所に広島工場を建設。
昭和53年7月 愛媛県松山市の株式会社あじかん、山口県徳山市(現・山口県周南市)の株式会社三栄食品販売、大分県大分市のサンエー食品株式会社の3社を吸収合併。
昭和56年4月 飲食部門を分離独立し、株式会社政所を設立。
昭和57年11月 佐賀県鳥栖市に鳥栖工場を建設。
昭和58年2月 松山生必株式会社の株式取得。
昭和60年12月 株式会社大口屋の株式取得。
昭和62年9月 株式会社てんぐ(平成元年7月 株式会社東京あじかんに商号変更)の株式取得。
平成2年1月 子会社の株式会社東京あじかんより茨城県北相馬郡守谷町(現・茨城県守谷市)の工場(現・守谷工場)を譲り受け、三工場体制となる。
平成2年4月 子会社の株式会社東京あじかんより名古屋市熱田区に所在する名古屋営業所を譲受。
平成2年12月 広島証券取引所に株式上場。
平成3年9月 守谷工場敷地内に新工場建設。
平成4年4月 子会社の株式会社東京あじかんを吸収合併。
平成4年5月 中華人民共和国に干瓢加工の合弁会社青州青安食品有限公司を設立。
平成5年4月 市場営業所を分離独立し、株式会社ダイマル食品を設立。
平成8年12月 大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
平成10年4月 静岡県島田市に静岡工場を建設。
平成11年10月 子会社の株式会社大口屋を吸収合併。
平成12年3月 東京証券取引所市場第二部に株式上場。
平成13年1月 中華人民共和国に農産物加工の独資会社山東安吉丸食品有限公司(現・連結子会社)を設立。
平成14年10月 子会社の株式会社ダイマル食品を吸収合併。
平成15年5月 山東安吉丸食品有限公司(現・連結子会社)が、連結子会社であった青州青安食品有限公司を吸収合併。
平成15年10月 子会社の松山生必株式会社を吸収合併。
平成17年3月 子会社の株式会社政所を清算結了。
平成17年5月 中華人民共和国に食品製造の合弁会社愛康食品(青島)有限公司を設立。