※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

協和医科器械

本店:静岡市清水区草薙北3番18号

【商号履歴】
協和医科器械株式会社(1959年7月31日~)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2006年9月15日~2009年6月25日(協和医科ホールディングス株式会社に株式移転)

【筆頭株主】
メディアスホールディングス株式会社(親会社)

【連結子会社】
株式会社オズ 静岡県静岡市駿河区 100.0%

【合併履歴】
2000年7月 日 株式会社協和エムイー
2000年7月 日 株式会社ハヤシ
1975年8月 日 精工医科電機株式会社

【沿革】
昭和34年7月 協和医科器械株式会社設立、医療機器販売事業を開始。静岡県清水市(現静岡県静岡市清水区)に本社、静岡県静岡市に静岡営業所(現ベネッセレ静岡)を開設。
昭和40年5月 現所在地に本社移転。
昭和40年8月 静岡県沼津市に沼津営業所(現沼津支店)を開設。
昭和43年10月 静岡県浜松市に浜松営業所(現浜松支店)を開設。
昭和50年8月 レントゲン及び医用電子部門の販売力を強化するため精工医科電機株式会社(本社:現静岡県静岡市葵区)を吸収合併し、ME事業部を創設して修理及びメンテナンス事業を開始(現技術部門)。
昭和52年10月 静岡県藤枝市に藤枝出張所(現焼津支店)を開設。
昭和55年5月 山梨県中巨摩郡若草町(現山梨県南アルプルス市)に山梨営業所(現甲府支店)を開設。
昭和55年8月 レントゲン及び医用電子部門の専門性と販売力を強化するためME事業部を独立させ静岡県清水市(現静岡県静岡市清水区)に株式会社協和エムイー設立。
昭和56年1月 循環器科・眼科の専門性と販売力を強化するため株式会社オズ(現連結子会社、本社:静岡県静岡市駿河区)に資本参加。
昭和61年7月 株式会社オズの株式を100%取得。
平成5年4月 静岡県掛川市に掛川営業所(現掛川支店)を開設。
平成5年10月 神奈川県横浜市に横浜営業所(現横浜支店)を開設。
平成7年6月 株式会社協和エムイーの株式を100%取得。
平成7年10月 東京都府中市に西東京営業所(平成12年6月閉鎖)を開設。
平成7年11月 静岡営業所内において介護福祉事業ショップとしてベネッセレ静岡を開設。
平成9年8月 愛知県名古屋市に名古屋南営業所(現名古屋支店)を開設。
平成9年10月 神奈川県平塚市に神奈川西営業所(湘南営業所に改称後平成17年6月閉鎖)を開設。
平成10年12月 愛知県内の販売力強化のため株式会社ハヤシ(本社:愛知県豊橋市)の株式を100%取得。
平成12年7月 市場支配力並びに企業体質の強化を図るために株式会社協和エムイー及び株式会社ハヤシを吸収合併。合併に伴い、名古屋南営業所を名古屋支店に改称し、豊橋支店、小牧営業所(現小牧支店)、岡崎営業所、日進営業所(平成19年8月閉鎖)、飯田営業所(平成18年5月閉鎖)、松本営業所(平成16年9月閉鎖)、山口営業所(平成16年2月閉鎖)、ベネセッレ岡崎を開設。
平成12年7月 東京都世田谷区に東京営業所を開設。
平成12年10月 訪問入浴介護事業強化のため株式会社そよかぜ(本社:愛知県豊田市)設立。
平成13年7月 東京都江東区に江東営業所、神奈川県相模原市に相模原営業所(平成17年6月閉鎖)を開設。
平成16年4月 グループ内の事業再編により株式会社オズの眼科営業部を当社に移管。
平成16年4月 グループ内の事業再編により株式会社そよかぜの事業を有限会社そよかぜ介護サービスに譲渡。
平成16年9月 株式会社そよかぜを清算。
平成17年4月 グループ内の事業再編により当社の静岡県内の循環器部門を株式会社オズに移管。
平成17年6月 神奈川県厚木市に厚木営業所を開設。
平成18年5月 長野県飯田市にベネッセレ飯田を開設。
平成18年9月 ジャスダック証券取引所に株式上場。
平成19年1月 グループ内の事業再編により当社の愛知県内の循環器部門を株式会社オズに移管。
平成19年7月 メディカルシステム営業部門をメディカルシステム事業部に組織変更。