リンク・セオリー・ホールディングス

本店:東京都港区南青山五丁目4番35号

【商号履歴】
株式会社リンク・セオリー・ホールディングス(2005年2月~2010年6月1日株式会社リンク・インターナショナルに合併)
株式会社リンク・ホールディングス(2003年12月~2005年2月)
株式会社リンク・インターナショナル(1998年12月11日~2003年12月)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2005年6月9日~2009年7月24日(株式会社ファーストリテイリングが全部取得)

【筆頭株主】
佐々木力社長

【連結子会社】
㈱リンク・インターナショナル 東京都港区 100.0%
㈱リンク・セールスコーポレーション 東京都港区 100.0%
Link Theory Holdings (US)Inc. 米国ニューヨーク州ニューヨーク市 100.0%
Theory LLC 米国ニューヨーク州ニューヨーク市 100.0%
Helmut Lang New York LLC 米国ニューヨーク州ニューヨーク市 100.0%
Link Theory Holdings (Europe)GmbH ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット 100.0%
Theory Europe GmbH & Co.KG ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット 100.0%
Rosner GmbH & Co. KG ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット 100.0%
LK International(H.K.)Ltd. 香港香港島 100.0%
Theory Shanghai International Trading Co.,Ltd. 中国上海市 70.0%
その他53社

【合併履歴】
2002年9月 日 リッチモード株式会社

【沿革】
当社は百貨店プライベートブランド衣料品の企画提案及び生産管理業務などを目的とし、平成10年12月、東京都世田谷区等々力四丁目において資本金10百万円をもって設立されました。平成11年5月から、現代表取締役社長佐々木力が発掘した「Theory」ブランドの取り扱いを開始し、以降、有力百貨店を中心として「Theory」直営店の出店を進めて参りました。平成15年9月、「Theory」ブランドを保有し当社にライセンス供与を行っていた米国セオリー社(Theory LLC)グループを株式会社ファーストリテイリングと共同で買収致しました。その後、平成16年1月、買収時点の合意に基づき、株式会社ファーストリテイリングの資本参加を受け、同社が保有する米国セオリー社グループの株式を追加取得し、当社は米国セオリー社グループの株式約89%を保有することになりました。この一連の取引の結果、当社グループは「Theory」のライセンシーという立場から、ブランドそのものの所有者として「Theory」をグローバルに展開していくことが可能となりました。平成15年12月、「Theory」ブランドのグローバル展開をより迅速かつ円滑に進めるため、当社は会社分割を実施しました。新設子会社が株式会社リンク・インターナショナルの名称を承継し、日本及びアジア地域の統括事業会社となりました。当社は株式会社リンク・ホールディングスと名称変更のうえ、純粋持株会社としてグループ全体の価値向上と日米それぞれの事業会社の運営サポートを行うこととしました。平成17年10月、米国セオリー社グループの株式を追加取得し、完全子会社化致しました。これにより当社グループの世界戦略を、これまで以上に統一された意思と目的に基づいて推進できる基盤が整いました。平成17年11月、グローバル展開を進める上で、欧州の拠点となるドイツのロースナー社を買収致しました。また、平成18年3月には「Helmut Lang」ブランドを取得致しました。これらにより、欧州を中心とした「Thoery」ブランドの強化、及び「Theory」に続く有力ブランドの開発、育成の基盤が整いました。
平成10年12月 百貨店プライベートブランド衣料品の企画提案及び生産管理業務などを目的とし、株式会社リンク・インターナショナル(現株式会社リンク・セオリー・ホールディングス)を東京都世田谷区等々力四丁目に設立
平成11年5月 「Theory」ブランド婦人衣料品の輸入販売を開始
平成11年5月 「Theory」women's1号店を有楽町西武百貨店へ出店
平成12年1月 「Theory」ブランド婦人衣料品のライセンス契約を締結、輸入販売をライセンス生産、販売に切り替える
平成13年2月 株式会社リンク・セールスコーポレーションを設立、直営店における販売業務の委託契約を締結
平成13年8月 本社を東京都港区南青山六丁目に移転、本社に「青山本店」を併設し、「Theory」ブランド紳士衣料品の輸入販売を開始
平成13年12月 「Theory」ブランドのアウトレット運営会社であるリッチモード株式会社の全株式を取得し子会社とする
平成14年5月 LK International(H.K.)Ltd.(出資比率100%)を香港に設立し、現地「Theory」ショップ2店の営業を譲り受け営業開始
平成14年7月 「Theory」ブランド紳士衣料品のライセンス契約締結、ライセンス生産と「Theory」men'sの多店舗展開を開始
平成14年8月 神戸BALにセレクトショップ「PLS+T」(プラステ)1号店を開設
平成14年9月 子会社リッチモード株式会社を吸収合併
平成15年3月 婦人服ブランド「Kulson」1号店を東京都港区南青山六丁目に開設
平成15年3月 米国デニム・ブランド「Joie」輸入直営販売1号店を東京都港区南青山六丁目に開設
平成15年8月 子供服「Theory petit」1号店を新宿髙島屋へ出店
平成15年9月 米国セオリー社グループを株式会社ファーストリテイリングと共同で買収(出資比率44.4%)
平成15年12月 商号を株式会社リンク・ホールディングスに変更、会社分割を行い、新たに子会社株式会社リンク・インターナショナル(出資比率100%)を設立
平成16年1月 米国セオリー社グループの株式を追加取得(出資比率88.9%)
平成16年6月 事業拡大に対応する本部機能充実のため、本社を東京都港区南青山七丁目に移転
平成16年8月 「Theory」women'sのサイズ・エクステンションとして「Theory luxe」1号店を銀座三越へ出店
平成16年8月 国内直営店舗が、100店舗を超える
平成16年8月 Theory Korea Co.,Ltd.(出資比率70%)を韓国ソウル市に設立し、現地「Theory」ショップを開設
平成16年9月 Theory Shanghai International Trading Co.,Ltd.(出資比率70%)を中国上海市に設立し、現地「Theory」ショップを開設
平成16年9月 中華民国台北市に「Theory」ショップを開設(平成17年1月 Theory Taiwan Co.,Ltd.(出資比率100%)を設立)
平成17年2月 「Theory」ブランドの知名度を最大限に生かし、更なる積極的な事業展開をしていくため、社名に当該ブランドを付加し、商号を株式会社リンク・セオリー・ホールディングスに変更
平成17年6月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
平成17年7月 「Joie」を始めとする、コンテンポラリー・マーケットの中のカジュアルラインを担う会社として株式会社アーバンホリック(出資比率100%)を設立
平成17年10月 青山本店をリニューアルオープン
平成17年10月 米国セオリー社グループの株式を追加取得し完全子会社化
平成17年11月 「Rosner」ブランドを保有する、ドイツのロースナー社の全持分を取得し、欧州における事業基盤を確立
平成18年3月 「Helmut Lang」ブランドの商標権を取得
平成18年4月 「7 For All Mankind」日本国内独占販売権を獲得
平成18年6月 「Jean-Michel Cazabat」ブランドでのシューズ事業参入
平成18年9月 大韓民国における「Theory」事業のライセンス契約をサムスングループと締結
平成19年3月 「Theory」のブランド設立10周年を記念し、「BACK TO THE ROOTS」をコンセプトに各種イベントを実施
平成19年4月 L'Amyグループ(フランス)と「Theory」アイウェア分野におけるグローバルライセンスを締結
平成19年12月 本社を東京都港区南青山五丁目に移転
平成20年8月 株式会社アーバンホリック(連結子会社)を株式会社リンク・インターナショナル(連結子会社)に吸収合併