※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイオ化成
本店:東京都中央区明石町8番1号

【商号履歴】
ダイオ化成株式会社(1970年10月~)
東海編織株式会社(1956年6月~1970年10月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2000年10月12日~2005年4月22日(ウェーブロックホールディングス株式会社に株式移転)
<店頭>1994年5月27日~2000年10月11日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2001年11月 日 東西化成株式会社

【沿革】
昭和31年6月 垣内商事株式会社(現カキウチ株式会社)と松家織物の出資により、防虫網専業製造会社として、東京都中央区日本橋本町に東海編織株式会社を設立。同時に東京営業所を本社に併設。
昭和31年10月 静岡県浜松市に浜松工場を設置。
昭和32年5月 塩化ビニリデン製防虫網の製造販売開始。
昭和34年6月 塩化ビニール製防虫網の製造販売開始。
昭和34年9月 大阪市東区に大阪営業所を開設。
昭和37年11月 農業生産資材に進出、防風網、防蛾網、防霜網、遮光網の製造販売開始。
昭和39年8月 福岡市天神町に福岡出張所を開設。
昭和39年12月 静岡県袋井市に袋井工場を設置。
昭和40年4月 ポリプロピレン製防虫網の製造販売開始。
昭和42年4月 ポリエチレンモノフィラメントの製造を目的として、東西化成株式会社を設立。(本社 岡山県岡山市)
昭和43年12月 三菱化成工業株式会社(現三菱化学株式会社)が資本参加。
昭和45年2月 袋井工場にポリエチレンテープヤーン製造工場を建設。テープヤーンの製造を開始。
昭和45年10月 ダイオ化成株式会社に商号変更。
昭和49年4月 袋井工場を増設し、スルーザー織機を導入。
昭和50年6月 浜松工場稼働停止、生産設備を袋井工場に統合。
昭和53年2月 浜松工場を閉鎖。
昭和57年4月 原糸製造設備を東西化成株式会社に売却、テープヤーン製造を移管。
昭和58年4月 土木資材植生網の製造販売開始。
昭和61年4月 工事用メッシュシートの製造販売開始。
平成2年5月 袋井工場にラッセル編立機を導入。編物製品の製造販売を開始。
平成2年10月 福岡出張所を営業所に昇格。
平成4年12月 本社を東京都中央区日本橋堀留町へ移転。
平成6年5月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成6年9月 本社を東京都中央区日本橋本町へ移転。
平成10年2月 静岡県掛川市に掛川工場を設置。
平成10年2月 東西化成株式会社を岡山市より掛川市に移転。
平成11年2月 本社を東京都中央区大伝馬町へ移転。
平成12年10月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成13年11月 子会社東西化成株式会社を吸収合併。
平成14年2月 掛川工場に倉庫棟2棟建設。
平成15年9月 袋井工場に新生産棟を建設し、既存の生産設備を移設。従来の生産棟は倉庫に改修。
平成16年6月 本社を東京都中央区明石町へ移転。
平成17年4月28日 当社の株主とウェーブロックホールディングス株式会社との間で株式交換を行い持株会社制へ移行し、ウェーブロックホールディングス株式会社の完全子会社となる。また、これに伴い東京証券取引所市場第二部に上場している当社普通株式は、平成17年4月22日に上場廃止となる。