※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NBCメッシュテック
本店:東京都日野市豊田二丁目50番地の3

【商号履歴】
株式会社NBCメッシュテック(2009年10月1日~)
NBC株式会社(2003年7月~2009年10月1日)
エヌビーシー株式会社(2001年10月~2003年7月)
エヌ・ビー・シー工業株式会社(1969年11月~2001年10月)
日本中野篩絹株式会社(1965年5月~1969年11月)
日本篩絹株式会社(1946年6月~1965年5月)
日清精工株式会社(1944年6月~1946年6月)
日本篩絹株式会社(1934年11月6日~1944年6月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2003年12月18日~2010年12月17日(株式会社日清製粉グループ本社が全部取得)
<店頭>1995年4月28日~2003年12月17日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1992年10月 日 山梨エヌ・ビー・シー工業株式会社
1992年10月 日 エヌ・ビー・シースクリーン工業株式会社
1975年1月 日 イマヅネット株式会社
1965年5月 日 中野篩絹株式会社
1938年5月 日 東京篩絹販売株式会社

【沿革】
昭和の初期頃は、日清製粉株式会社をはじめ大手の製粉会社は、専らスイス製の篩網(ふるいあみ)を使用していました。当時の国産篩網は、水車製粉などの比較的小規模の工場で使われていたに過ぎず、大手製粉会社が本格的に使用する品質レベルには達していませんでした。スイスからの輸入篩網は、国産品に比べると高価であり、幾多の不便・不利がありましたが、我が国としては、篩網の供給をスイスに求めざるを得ませんでした。以上の時代背景のもと、日清製粉株式会社の創立者正田貞一郎氏が、この篩網の国産化をどうしても実現しなければならないという決意に基づいて、当社の前身である日本篩絹株式会社を設立しました。
昭和9年11月 日本篩絹株式会社(現当社)設立。本社を東京市日本橋区小網町に設置。
昭和10年4月 本社を東京府南多摩郡日野町に移転し、篩絹の生産開始。
昭和13年5月 東京篩絹販売株式会社を吸収合併。
昭和19年6月 日清精工株式会社に社名変更。光学機械の部品の製造・加工を開始。
昭和20年7月 八王子工場を高千穂光学工業株式会社(現在のオリンパス光学工業株式会社)へ売却。
昭和21年6月 社名を日本篩絹株式会社に変更し、再び篩絹の専門メーカーに戻る。
昭和24年2月 東洋レーヨン株式会社との共同開発により、ナイロン原糸による篩網の製織を開始。
昭和34年1月 産業資材用メッシュクロス分野へ進出。
昭和36年2月 防虫網の製造・販売を開始。
昭和36年9月 子会社・富士繊維工業株式会社を山梨県大月市に設立。
昭和40年5月 中野篩絹株式会社と合併し、社名を日本中野篩絹株式会社と変更し、本社を東京都新宿区に移転。
昭和40年7月 イマヅネット株式会社を買収。
昭和40年7月 関西地区の拠点として大阪出張所(現大阪支店)設置。
昭和42年9月 旭ファイバーグラス株式会社との合弁により、エヌ・ビー・シーグラス工業株式会社を山梨県都留市に設立。
昭和44年2月 本社を東京都日野市に移転。
昭和44年3月 高精度・高密度スクリーン印刷用メッシュクロスの製造に本格的に取り組む。
昭和44年11月 社名をエヌ・ビー・シー工業株式会社に変更。
昭和47年9月 化成品の製造・販売を開始。
昭和48年2月 子会社・イマヅネット株式会社は鹿児島工場を新設し、養殖用生簀(いけす)金網の製造・販売を開始。
昭和48年6月 富士繊維工業株式会社をエヌ・ビー・シースクリーン工業株式会社に社名変更。
昭和50年1月 イマヅネット株式会社を吸収合併。
昭和53年7月 養殖用生簀金網の製造・販売のため、長崎工場を長崎県北松浦郡小佐々町に新設。
昭和60年7月 エヌ・ビー・シーグラス工業株式会社を山梨エヌ・ビー・シー工業株式会社に社名変更。
平成4年10月 山梨エヌ・ビー・シー工業株式会社、エヌ・ビー・シースクリーン工業株式会社を吸収合併。
平成5年10月 都留工場増設。
平成6年12月 都留工場がISO(国際標準化機構)-9002の認証を取得。
平成7年4月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成8年1月 タイにゴムノイナキ株式会社との合弁(出資比率15%)でTHAINAK INDUSTRIES CO.,LTD.を設立。
平成8年1月 インドネシアに東レ株式会社、伊藤忠商事株式会社と合弁(出資比率80%)でP.T.NBC INDONESIAを設立。
平成10年3月 PT.NBC INDONESIAは倍額増資を行い、当社はこれを全額引受(出資比率90%)。
平成10年5月 山梨工場に成形フィルター工場新設。織布・加工・成形品までの一貫生産体制確立。
平成12年11月 静岡県磐田郡竜洋町に、株式会社エヌ・ビー・シー浜松(現 株式会社NBCハイネット)設立。
平成13年9月 米国DYNAMESH INCを子会社化。
平成13年10月 商号をエヌ・ビー・シー工業株式会社からエヌビーシー株式会社ヘ変更。
平成14年4月 養殖金網事業を分社化しシーエヌケイ株式会社(現 CNK株式会社)を設立。
平成15年1月 山梨工場一部建替。
平成15年7月 商号をエヌビーシー株式会社からNBC株式会社へ変更。
平成15年12月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成16年4月 米国DYNAMESH INCを100%子会社化。
平成16年4月 欧州駐在員事務所設立。
平成17年6月 新本社屋完成。
平成17年7月 中国上海に子会社恩美絲(上海)紗網貿易有限公司設立。
平成17年11月 静岡菊川工場設立。
平成18年8月 山梨都留工場がTS16949の認証を取得