※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サカイオーベックス

本店:福井市花堂中二丁目15番1号

【商号履歴】
サカイオーベックス株式会社(1992年4月1日~)
酒伊繊維工業株式会社(1937年4月~1992年4月1日)
酒伊織産株式会社(1934年10月3日~1937年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2003年5月8日(上場廃止申請)
<京証>1949年7月 日~2001年3月1日(取引所閉鎖)

【筆頭株主】
東レ株式会社

【連結子会社等】
(連結子会社)
㈱サカイナゴヤ 愛知県稲沢市 100.0%
マルイテキスタイル㈱ 福井県鯖江市 100.0%
㈱サカイエルコム 福井市 100.0%
㈱サカイ電子 福井県丹生郡越前町 100.0%
サカイ建設不動産㈱ 福井市 100.0%
㈱ウェルサービス 愛知県稲沢市 100.0%
鯖江合繊㈱ 福井県鯖江市 100.0%
㈱サバエテックス 福井県鯖江市 100.0%
朝日包装㈱ 福井市 100.0%
織田織物㈱ 福井県丹生郡越前町 53.3%
フクイ殖産㈱ 福井市 45.0%
二日市興業㈱ 福井市 18.0%
(持分法適用関連会社)
東麗酒伊織染(南通)有限公司 江蘇省南通市 15.1%

【合併履歴】
1952年4月 日 酒伊合同紡織株式会社

【沿革】
昭和9年10月当社初代社長酒井伊四郎が三井物産株式会社との共同出資による資本金100万円の織物、撚糸の製造、販売を目的とする酒伊織産株式会社を現在地に設立した。これをもって当社の創立としている。同社は、昭和12年4月同系の酒伊精練加工場を吸収、酒伊繊維工業株式会社(資本金350万円)と改めた。昭和24年5月株式を東京・大阪両証券取引所(第1部)に上場し、同年7月京都証券取引所にも上場、昭和25年倉庫業を始めた。昭和27年4月酒伊合同紡織株式会社を吸収合併(資本金2億8千万円)することにより、当社は織布と精練染色加工の一貫生産体制が実現することとなった。
昭和28年1月 東洋レーヨン株式会社(現 東レ株式会社)と賃織契約を締結。
昭和28年5月 ナイロン工場を建設、ナイロン織物等の加工を始める(現 花堂工場)。
昭和34年9月 テトロン工場(現 合繊工場)を建設、ポリエステル織物等の加工を始める。
昭和37年10月 増資し、資本金20億円となる。
昭和37年11月 愛知県稲沢市に資本金8,000万円をもって、株式会社酒伊繊維名古屋工場(現 株式会社サカイナゴヤ)を建設、操業を開始。
昭和38年11月 ナイロン第2工場を建設、操業を開始(現 花堂工場に吸収)。
昭和39年3月 福井市に研究所を建設、開所する。
昭和40年4月 運送業開始。
昭和43年1月 小寺精練染色株式会社のトリコット加工部門を買収、舟橋工場と改称する。
昭和44年5月 増資し、資本金28億円となる。
昭和44年12月 二日市工場を建設、第1期工事完了、操業を開始(尚、昭和48年1月第3期工事完了をもって増設を完了)。
昭和47年2月 営業目的に土木、建築請負を追加、既設の酒伊不動産株式会社(現 サカイ建設不動産株式会社)が建築業務を開始。
昭和48年10月 鐘紡株式会社(カネボウ合繊株式会社)との共同出資による鯖江合繊株式会社を鯖江市に設立、操業を開始(資本金8,000万円)。
昭和55年10月 魚礁事業に着手し、水産増殖施設株式会社を設立。
昭和59年6月 織布2工場を各々分離、100%出資による資本金各8,000万円のマルイテキスタイル株式会社、酒伊テキスタイル株式会社(サカイテキスタイル株式会社)の2社を設立。
昭和59年6月 株式会社サカイ電子を設立(資本金1,000万円)。
昭和61年4月 営業目的に新たに、コンピューター等に附帯するソフトウェアの開発、設計の製造・販売、情報処理サービスを追加し、資本金2,000万円をもって、株式会社酒伊エルコム(現 株式会社サカイエルコム)、並びに電子機器事業部を設立、電子関連事業の操業を開始。
平成3年8月 合繊工場内に特殊加工場を建設、操業を開始(現 合繊工場に吸収)。
平成4年4月 商号を酒伊繊維工業株式会社からサカイオーベックス株式会社に変更。
平成4年10月 スイス・フラン建転換社債3,000万スイスフランを発行。
平成6年8月 中華人民共和国 江蘇省南通市に、当社と東レ株式会社による合弁会社、東麗酒伊印染(南通)有限公司を設立(登録資本130百万人民元)。
平成7年9月 中華人民共和国 江蘇省南通市に、当社と東レ株式会社による合弁会社、東麗酒伊織布(南通)有限公司を設立(登録資本200百万人民元)。
平成12年12月 東麗酒伊印染(南通)有限公司と東麗酒伊織布(南通)有限公司が合併し、東麗酒伊織染(南通)有限公司(登録資本660百万人民元)となる。
平成13年8月 春日工場を二日市工場に移転統合。
平成14年1月 サカイテキスタイル株式会社のサイジング部門を吸収分割により分割し、マルイテキスタイル株式会社が承継。
平成14年3月 サカイテキスタイル株式会社を解散。
平成14年9月 株式会社サカイナゴヤと簡易株式交換を行い、新株1,593,568株を発行。
平成14年11月 舟橋工場を二日市工場に移転統合。
平成15年3月 株式会社大阪証券取引所に上場廃止を申請し、5月受理される。
平成16年8月 無担保転換社債型新株予約権付社債1,000百万円を発行。
平成16年11月 高機能性繊維の研究開発拠点としてハイパークロス事業場を新設。
平成17年8月 当社の電子機器事業部を連結子会社である㈱サカイエルコムに会社分割(簡易吸収分割)により移管し、水産増殖施設㈱を当社に吸収合併(簡易合併)。
平成19年9月 新保物流センター開設。