サンエー・インターナショナル
本店:東京都渋谷区渋谷一丁目2番5号

【商号履歴】
株式会社サンエー・インターナショナル(1987年9月~)
三永株式会社(1949年8月13日~1987年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年8月1日~2011年5月27日(株式会社TSIホールディングスに株式移転)
<東証2部>2003年9月24日~2005年7月31日(1部指定)

【沿革】
昭和24年8月 大阪市東区(現在中央区)本町三丁目において、資本金200万円にて三永株式会社を設立。
昭和36年8月 アパレル事業部を発足。既製服製造卸業を開始。
昭和39年3月 東京での事業拠点として東京店(東京都中央区)を設置。
昭和52年10月 初のオリジナルブランド「ビバユー」の販売を開始。
昭和62年9月 CI導入により、社名を株式会社サンエー・インターナショナルに変更。東京本社を東京都渋谷区渋谷一丁目6番5号に設置し、大阪本社・東京本社体制を開始。
平成元年12月 株式会社イント・トラベル(現 連結子会社)を設立。旅行代理店業を開始。
平成2年5月 アクセサリー等、服飾雑貨アイテムの展開を目的に、オリジナルブランドのライセンス供与を開始。
平成4年12月 東京本社を東京都渋谷区渋谷一丁目2番5号に移転。
平成7年1月 株式会社ピージェイを株式会社プラックス(現 連結子会社)に商号変更。当社販売店舗のデザイン・設計事業を開始。
平成11年3月 株式会社ラストコール(現 連結子会社)を設立、アウトレット事業を開始。
平成11年6月 有限会社ピンキーガールズ(現 株式会社FREE'S INTERNATIONAL、現 連結子会社)を設立。
平成14年1月 米国における情報拠点として、ニューヨークにSANEI INTERNATIONAL USA LLC(現 連結子会社)を設立。
平成14年3月 株式会社マリークヮントジャパンとの合弁会社、株式会社サンエー・エム・キューを設立(平成17年1月に解散)。
平成14年5月 韓国に販売子会社、SANEI INTERNATIONAL KOREA CO.,LTD.(現 連結子会社)を設立。
平成14年7月 台湾に販売子会社、台湾三詠国際股份有限公司(現 連結子会社)を設立。
平成14年9月 ブランドの多様化に応じ、事業の意思決定の迅速化を目的としたカンパニー組織体制を開始。
平成15年1月 上海に生産及び貿易に係る仲介子会社、賛英国際貿易(上海)有限公司(現 連結子会社)を設立。
平成15年4月 株式会社ヴィテスを設立(平成17年2月に解散)。
平成15年6月 「コイガールマジック」事業開始を目的に、株式会社フェイスフルを設立(平成18年1月に解散)。
平成15年9月 パターン及びサンプル品の製作仲介を目的に、株式会社テクニカル・ラボラトリー(現 連結子会社)を設立。
平成15年9月 ブランド・エージェント事業の展開を目的に、UNIT&GUEST株式会社を設立。
平成15年9月 香港に販売子会社、C.S.F.LIMITED(現 連結子会社)を設立。
平成15年9月 株式会社東京証券取引所市場第二部へ株式上場。
平成16年4月 中国本土での販売を目的に、杉杉集団有限公司との合弁会社、寧波莎艾時装有限公司(現 連結子会社)を設立。
平成16年9月 顧客ターゲット層拡大を目的に、㈱アングローバルの全株式を取得し、㈱アングローバル(現 連結子会社)、MARGARET HOWELL LTD.(現 連結子会社)及びMARGARET HOWELL(FRANCE)S.A.R.L.(現 連結子会社)を子会社化。
平成17年8月 株式会社東京証券取引所市場第一部へ株式指定替え。
平成17年9月 アジア地域以外においてファッションブランドのマーケティング、開発等を主たる事業とするSANEI BRANDS LLC(現 連結子会社)を設立。
平成17年12月 アジア地域以外において「Charlotte Ronson」商標の商品のデザイン、マーケティング、販売事業等の開発及び運営を主たる事業とするSANEI CHARLOTTE RONSON LLC(現 連結子会社)を設立。
平成19年11月29日 本店所在地を大阪市中央区本町三丁目2番9号から東京都渋谷区渋谷一丁目2番5号に変更。