※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドワンゴ
本店:東京都中央区日本橋浜町二丁目31番1号

【商号履歴】
株式会社ドワンゴ(1997年8月6日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2004年9月24日~2014年9月26日(株式会社KADOKAWA・DWANGOに株式移転)
<東証マザーズ>2003年7月17日~2004年9月23日(1部指定)

【合併履歴】
2005年10月 日 株式会社コンポジット

【沿革】
平成9年8月 コンピュータゲームネットワークの接続サービスを目的として、東京都品川区東五反田一丁目10番9号に株式会社ドワンゴ(資本金1,700万円)を設立。
平成10年2月 本社を東京都中央区日本橋人形町二丁目13番9号に移転。
平成11年2月 本社を東京都中央区日本橋人形町二丁目14番6号に移転。
平成11年8月 米国Interactive Visual Systems Corporationより「DWANGO」の全世界における商標、知的所有権、その他すべての権利を譲受。
平成12年6月 ネットワークゲームのコンテンツとシステムを統合的に開発することを目的として、株式会社フロム・ソフトウェアと合弁で株式会社フロム・ネットワークスを設立。
平成12年9月 本社を東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目39番5号に移転。
平成12年11月 大阪市西区西本町三丁目1番1号に大阪開発部開設。
平成12年12月 東南アジア圏内におけるインターネット接続端末を用いたエンタテインメントコンテンツの市場調査を目的として中華民国に多玩國股份有限公司(現・連結子会社)を設立。
平成13年4月 携帯電話向けコンテンツの企画・開発・運営を目的として、株式会社コンポジットを設立。
平成13年10月 携帯電話向けコンテンツの企画・開発・運営を目的として、株式会社マリアスを設立。
平成14年11月 40メロミックス(現・dwango.jp(メロ))をはじめとした携帯電話向けコンテンツサービスにおける協業体制の一層の強化を目指し、株式会社コンポジットを100%子会社化。
平成15年2月 大阪開発部を大阪市西区西本町二丁目3番6号に移転。
平成15年2月 本社を東京都中央区日本橋浜町二丁目31番1号に移転。
平成15年7月 東京証券取引所マザーズに株式を上場。
平成15年12月 株式会社マリアスが株式会社エンティスに社名変更し、事業内容を携帯電話向けコンテンツに関する新規機能・新技術の研究開発に変更。
平成16年9月 東京証券取引所市場第一部に上場市場を変更。
平成17年4月 ネットワークゲーム開発、携帯電話向けコンテンツ強化等、一層の業容拡大、事業基盤拡充を目的とし、ゲームソフト開発ノウハウ・実績をもつ株式会社チュンソフトを子会社化。
平成17年9月 株式会社エンティスが第三者割当増資を実施、当社持分比率が低下し連結対象から除外。
平成17年10月 携帯電話向けコンテンツのメディア化戦略推進を目指し、コンテンツの企画・開発・運営等の迅速化・効率化による活動強化を目的として、株式会社コンポジットを吸収合併。
平成17年11月 各種コンテンツや様々な情報サービス等を携帯電話メールを利用して一般ユーザ向けに提供するサービスの企画・制作及び供給業務を目的として株式会社ニワンゴを設立。
平成17年11月 ネットワークゲーム開発、携帯電話向けコンテンツ強化等、一層の業容拡大、事業基盤拡充を目的とし、ゲームソフト開発ノウハウ・実績をもつ株式会社スパイクを子会社化。
平成17年12月 当社グループ内におけるゲーム事業統括機構として戦略の企画、立案ならびに強化を目的とし、株式会社チュンソフト、株式会社スパイクを子会社とする中間共同持株会社、株式会社ゲームズアリーナを設立。
平成18年3月 エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社と業務・資本提携。同社を割当先とする第三者割当増資を実施し、これにより同社の関連会社となる。
平成18年6月 子会社であるゲームズアリーナ、株式会社チュンソフト並びに株式会社スパイクとの共同により、ネットワークゲームの企画・開発・運営等を目的とし、ゲームズアリーナ有限責任事業組合1号、ゲームズアリーナ有限責任事業組合2号を設立。
平成18年10月 当社グループ内におけるモバイル広告販売を目的とし、株式会社スカイスクレイパーを設立。
平成18年12月 アニメ分野に特化した声優・歌手の発掘・育成を目的としたスクール運営を目的とし、株式会社ドワンゴプランニングアンドディベロップメントを設立。
平成19年2月 レコード制作及び出版管理を目的とし、株式会社evolutionを子会社化。(平成19年2月に株式会社ドワンゴ・エージー・エンタテインメントに商号変更)
平成19年4月 携帯電話向けコンテンツ強化等を目的とし、情報系・実用系コンテンツサービスの開発ノウハウ・実績をもつ株式会社トランを子会社化。