バンダイネットワークス
本店:東京都港区東新橋一丁目6番1号

【商号履歴】
バンダイネットワークス株式会社(2000年9月~2009年4月1日株式会社バンダイナムコゲームスに合併)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2008年2月15日(株式会社バンダイナムコホールディングスと株式交換)
<店頭>2003年12月12日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
平成12年9月 ㈱バンダイのネットワーク事業部を分社し、100%子会社として東京都台東区駒形にネットワーク事業を目的としてバンダイネットワークス㈱を設立(資本金500,000千円)
平成12年12月 第1回第三者割当増資により資本金を586,450千円に増資
平成13年2月 香港、台湾において携帯電話機向けコンテンツの有料配信サービスを開始
平成13年3月 ㈱エイチアイと共同開発した携帯電話機向け3Dエンジンをジェイフォン東日本㈱(現ソフトバンクモバイル㈱)の携帯電話機への実装が成功
平成13年5月 本社を東京都千代田区岩本町に移転
平成13年6月 ジェイフォン東日本㈱(現ソフトバンクモバイル㈱)「J-SKY」(現「Yahoo!ケータイ」)向けに世界初の3Dエンジン対応コンテンツ「3Dデルキャーラ」(現「3Dキャラっぱ!」)の有料配信サービスを開始
平成13年7月 KDDIグループ「EZweb」向けに本格的エージェントコンテンツ「スキスキペアキャラ」の有料配信サービスを開始
平成13年11月 インターネット通販サイト「LaLaBitマーケット」を「バンダイチャンネル通販」(現「バンダイキャラストア」)として㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ「iモード」サービス向けに開始
平成13年12月 日本電信電話㈱「Lモード」向けに「キャラクターメールサービス・プリモプエル」の有料配信サービスを開始
平成15年1月 BANDAI S.A.と共同でドイツおよびフランスにおける「iモード」サービス向けコンテンツの有料配信サービスを開始。BANDAI AMERICA,INC.と共同でアメリカにおける携帯電話機等向けコンテンツの有料配信サービスを開始
平成15年3月 ㈱アクティブユース(現㈱エムシープラス)と共同で携帯電話・雑誌連動型アパレル商品通販サイト「LOVE BARGAIN」(現「LOVE EXバーゲン」)の有料配信サービスを開始
平成15年4月 ㈱エイチアイ、MACROMEDIA,INC.(現ADOBE SYSTEMS,INC.)と㈱NTTドコモの505iシリーズへの2Dベクターエンジン(Macromedia Flash)搭載について提携。BANDAI S.A.と共同で英国ボーダフォン社による「ボーダフォンライブ!」サービス向けコンテンツの有料配信サービスを開始
平成15年6月 SINA Corp.と共同で中国における携帯電話機等向けコンテンツの有料配信サービスを開始
平成15年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録。株式公開に伴う3,000株の公募増資により資本金を1,111,472千円に増資
平成16年2月 ㈱エイチアイとKDDI㈱の携帯電話機向けに3Dエンジンを供給。㈱モノリス 、㈱イーバレー(現エスマテック㈱)と携帯電話機向け画像加工技術「Frame Free」において提携
平成16年3月 日本および欧州5ヵ国を結ぶ国境を越えたゲームランキングサービス「Bandai Pocket World
Cup」を開始
平成16年5月 ㈱クリエイティヴ・リンクからクチコミ掲示板型レストラン情報サイト「askU.com」の営業権を譲受け
平成16年7月 インディーズ系音楽流通の最大手であるダイキサウンド㈱と、音楽情報配信分野にて業務提携
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年4月 ㈱VIBEの株式を取得し、連結子会社化
平成17年9月 本社を東京都港区東新橋に移転
平成17年12月 当社の親会社が㈱バンダイから㈱バンダイナムコホールディングスへ異動
平成18年1月 Evolution Robotics,INC.と画像認識技術の携帯電話搭載ライセンス契約締結
平成18年3月 ㈱VIBE、㈱東急エージェンシーと3社でネット広告事業で業務提携
平成18年5月 (財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認定を受ける
平成19年3月 ㈱アクロディアが保有する次世代モバイルゲーム開発環境「X-Forge」におけるゲームSDK事業の共同展開で業務提携、知的財産権を共有