日本製網

【商号履歴】
日本製網株式会社(1948年11月~1963年4月1日東洋組網工業株式会社に合併)
日本製網造機株式会社(1946年2月~1948年11月)
日本造機製網株式会社(1944年7月~1946年2月)
日本製網株式会社(1937年5月~1944年7月)
西備綟織株式会社(1910年8月~1937年5月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~1963年2月22日(東洋組網工業株式会社に合併)
<大証1部>1949年5月16日~1963年2月22日(東洋組網工業株式会社に合併)
<東証1部>1949年5月16日~1951年10月15日(資本金不足)

【合併履歴】
1944年7月 日 福山製機株式会社

【沿革】
当社は、明治43年8月1日西備綟織株式会社(その後数次の商号変更を経た後、昭和23年11月日本製網株式会社となる。)として設立されましたが、昭和11年2月25日設立の東洋組網工業株式会社を形式上の存続会社として昭和38年4月1日吸収合併を行い、日東製網株式会社となったものであります。
明治43年8月 普通綟網製造販売の目的で、西備綟織株式会社を設立。
昭和12年5月 商号を日本製網株式会社に変更。
昭和14年5月 大阪株式取引所に上場。
昭和19年7月 福山製機株式会社を合併し、商号を日本造機製網株式会社に変更。
昭和20年8月 戦災により、福山市所在の工場が焼失。
昭和21年1月 富山県高岡市に無結節網製造のため高岡工場を新設。
昭和21年2月 福山工場を復旧し、商号を日本製網造機株式会社に変更。
昭和23年11月 ふしなし漁網株式会社を合併して、商号を日本製網株式会社に変更。
昭和24年4月 東京証券取引所市場第2部、大阪証券取引所に上場。
昭和38年4月 名古屋市の東洋組網工業株式会社と合併、商号を日東製網株式会社に変更。