※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インターネットイニシアティブ
本店:東京都千代田区神田神保町一丁目105番地

【商号履歴】
株式会社インターネットイニシアティブ(1993年5月~)
株式会社インターネットイニシアティブ企画(1992年12月3日~1993年5月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2006年12月14日~
<東証マザーズ>2005年12月2日~2006年12月13日(1部指定)

【合併履歴】
2005年10月 日 株式会社アジア・インターネット・ホールディング
2005年10月 日 株式会社アイアイジェイメディアコミュニケーションズ
1998年2月 日 地域関連会社5社

【沿革】
平成4年12月 日本におけるインターネットの商用化を目的とし、資本金18百万円にて東京都千代田区永田町に設立、設立時の社名は㈱インターネットイニシアティブ企画。
平成5年5月 社名を現在の㈱インターネットイニシアティブに変更。
平成5年7月 インターネット接続サービスの提供を開始。
平成6年2月 郵政省(現、総務省)より特別第二種電気通信事業者(現、電気通信事業者)として登録認可。
平成6年10月 本社を東京都千代田区三番町に移転。
平成7年1月 インターネットでの映像音声の配信、コンテンツ作成及びサーバ構築等を行う㈱アイアイジェイ メディアコミュニケーションズ設立(当社元連結子会社)。
平成7年10月 コンテンツデザイン及び制作を行う㈱アトム設立(当社持分法適用関連会社)。
平成7年11月 アジア地域におけるインターネットバックボーン網の運用及びインターネット接続サービスを提供する㈱アジア・インターネット・ホールディング設立(当社元持分法適用関連会社)。
平成8年3月 米国でのインターネットバックボーン網の運用及びインターネット接続サービスを提供するIIJ America Inc.設立(当社連結子会社)。
平成8年11月 システムインテグレーションを提供する㈱アイアイジェイテクノロジー設立(当社連結子会社)。
平成9年5月 本社を東京都千代田区神田錦町に移転。
平成9年9月 日本電信電話㈱(現、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ㈱)グループと合弁にて、相互接続ポイントの運用、コンテンツの大容量配信及びハウジングサービス等を行うインターネットマルチフィード㈱設立(当社持分法適用関連会社)。
平成10年2月 国内営業基盤強化及び経営効率化のため、地域関連会社5社(平成6年10月から平成7年8月にかけて順次設立した持分法適用関連会社)を吸収合併、資本金を842百万円に増資。
平成10年2月 ネットワークの運用監視、カスタマーサポート及びコールセンター等のサービスを提供する㈱ネットケア設立(当社連結子会社)。
平成10年4月 インターネットにかかわる技術研究の促進を目的とし、当社社内組織として技術研究所設置。
平成10年10月 通信キャリアである㈱クロスウェイブ コミュニケーションズ設立(当社元持分法適用関連会社)。
平成11年8月 米国ナスダック市場に当社の米国預託証券(ADR)を登録(米国公開)し、資本金を7,082百万円に増資。
平成11年8月 IPv6によるインターネット接続サービスを開始。
平成12年6月 韓国サムスンコーポレーション他と合弁にて、韓国にてデータセンターサービスを提供するi-Heart, Inc.設立(当社持分法適用関連会社)。
平成15年3月 本社を東京都千代田区神田神保町に移転。
平成15年8月 当社持分法適用関連会社であった㈱クロスウェイブ コミュニケーションズ及びその連結子会社が会社更生手続開始の申立。
平成15年9月 第三者割当増資により12,000百万円の資本調達、資本金を13,765百万円に増資。この増資により当社は主要引受先である日本電信電話㈱の持分法適用関連会社。
平成15年12月 ㈱クロスウェイブ コミュニケーションズがエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ㈱との間で営業譲渡契約を締結。
平成16年10月 ㈱アイアイジェイテクノロジーの100%子会社として平成16年9月に設立された㈱アイアイジェイフィナンシャルシステムズ(当社連結子会社)が、㈱ヤマタネより証券システム部門の営業を譲り受け、営業を開始。
平成17年10月 ㈱アイアイジェイ メディアコミュニケーションズの当社への吸収合併(合併に先立ち、㈱アイアイジェイ メディアコミュニケーションズは、同社事業の一部を㈱アイアイジェイテクノロジーへ吸収分割)。
平成17年10月 ㈱アジア・インターネット・ホールディングの当社への吸収合併。
平成17年12月 東京証券取引所マザーズ市場に当社普通株式を上場し、資本金を16,834百万円に増資。
平成18年2月 コナミ㈱と合弁にて、インターネットポータルサイトの運営を行う㈱インターネットレボリューション設立(当社持分法適用関連会社)。
平成18年8月 資本準備金及び資本金の額の減少(無償減資)により、当社の個別財務諸表における繰越損失を解消。
平成18年10月 平成18年8月に設立されたネットチャート㈱(当社連結子会社)が、ネット・チャート・ジャパン㈱の事業を譲り受け、営業を開始。
平成18年12月 当社普通株式の上場市場を東京証券取引所マザーズ市場から東京証券取引所市場第一部へ変更。
平成19年4月 メッセージ交換ネットワークサービス事業を行うGDX Japan㈱へ出資(当社連結子会社)し、米国GDX Network, Inc.(米国MX Logic, Inc.の100%子会社)との合弁運営を開始。
平成19年5月 簡易株式交換により、㈱アイアイジェイテクノロジー及び㈱ネットケアの両社を完全子会社化。㈱アイアイジェイテクノロジーの完全子会社化に伴い、㈱アイアイジェイフィナンシャルシステムズ及びIIJ America Inc.も間接所有を含め完全子会社。
平成19年6月 パナソニック ネットワークサービシズ㈱が同社のインターネットサービスプロバイダー及び法人向けソリューション事業を新設分割し設立した㈱ハイホーの全株式を取得し子会社化(当社連結子会社)。