日清製粉グループ本社

本店:東京都千代田区神田錦町一丁目25番地

【商号履歴】
株式会社日清製粉グループ本社(2001年7月2日~)
日清製粉株式会社(1908年2月~2001年7月2日)
館林製粉株式会社(1900年10月~1908年)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1961年7月21日~2013年7月15日(東証に統合)

【筆頭株主】
日本生命保険相互会社

【連結子会社等】
(連結子会社)
日清製粉㈱ 東京都千代田区 100.0%
日清フーズ㈱ 東京都千代田区 100.0%
マ・マーマカロニ㈱ 栃木県宇都宮市 68.1%
イニシオフーズ㈱ 東京都千代田区 100.0%
オリエンタル酵母工業 東京都板橋区 43.3%
日清ファルマ㈱ 東京都千代田区 100.0%
日清ペットフード㈱ 東京都千代田区 100.0%
日清エンジニアリング㈱ 東京都中央区 100.0%
NBCメッシュテック 東京都日野市 48.8%
その他29社
(持分法適用会社)
日清丸紅飼料㈱ 東京都中央区 40.0%
日本ロジテム 東京都品川区 25.6%
その他8社

【合併履歴】
1999年4月 日 日清テクノミック株式会社
1987年10月 日 日清フーズ株式会社
1987年10月 日 日清化学株式会社
1908年2月 日 日清製粉株式会社

【沿革】
当社の前身は、明治33年小麦粉の製造及び販売を主な事業目的として創立された館林製粉株式会社で、明治41年日清製粉株式会社を合併し、社名を日清製粉株式会社と改めました。
その後、多くの工場の新設、買収又は合併を行って経営規模を拡大し順調な発展を続けました。戦後は工場設備の充実合理化を進めるとともに事業の多角化にも取り組み、加工食品、配合飼料、ペットフード、医薬品、エンジニアリングなどの事業を加えた企業グループを形成してまいりました。
平成13年7月には「製粉」「食品」「配合飼料」「ペットフード」「医薬」の各事業を分社し、各事業会社の株式を100%保有する持株会社(株式会社日清製粉グループ本社)となり、新しいグループ体制に移行しました。
明治33年10月 群馬県館林町(現 館林市)に「館林製粉株式会社」創立。
明治41年2月 「日清製粉株式会社」を合併し、社名を「日清製粉株式会社」に改める。
大正15年2月 鶴見工場完成。
昭和9年 日本篩絹株式会社(NBC株式会社の前身)を設立。
昭和24年 第2次大戦で罹災した工場の復旧、増設をほぼ完了。
昭和24年5月 東京証券取引所に株式を上場。
昭和36年2月 直系会社「日清飼料株式会社」より配合飼料の製造、研究部門を譲受け。
昭和38年9月 埼玉県大井町(現 ふじみ野市)に「中央研究所」完成、本社や大阪の研究所を集結。
昭和40年7月 日清長野化学株式会社の全株式を取得し、同社の社名を「日清化学株式会社」に改める。
昭和40年10月 直系会社「日清フーズ株式会社」よりプレミックス類の製造、研究部門を譲受け。
昭和41年12月 米国のDCA食品会社との共同出資により「日清ディー・シー・エー食品株式会社」(日清テクノミック株式会社に商号変更)を設立。
昭和43年2月 名古屋工場内に食品工場完成。
昭和45年10月 「日清ペット・フード株式会社」を設立。
昭和47年4月 「日清エンジニアリング株式会社」を設立。
昭和53年4月 「フレッシュ・フード・サービス株式会社」を設立。
昭和62年10月 「日清フーズ株式会社」、「日清化学株式会社」を吸収合併。
昭和63年3月 タイ国において合弁会社「タイ日清製粉株式会社」を設立。平成元年1月より操業開始。
平成元年9月 カナダの製粉会社「ロジャーズ・フーズ株式会社」を買収。
平成元年10月 中央研究所第二研究所を栃木県西那須野町(現 那須塩原市)に移転し、那須研究所と改称。
平成2年9月 千葉製粉工場Dミル増設。
平成3年8月 タイ国において合弁会社「日清STC製粉株式会社」を設立。平成5年3月より操業開始。
平成6年9月 東灘製粉工場Cミル増設。
平成8年4月 杏林製薬株式会社との合弁会社「日清キョーリン製薬株式会社」の運営開始。
平成8年10月 米国において「メダリオン・フーズ・インク」を設立。
平成9年10月 新たに設立した「日清フーズ株式会社」に冷凍食品事業を移管。
平成10年3月 本店を東京都千代田区に移転。
平成11年4月 「日清テクノミック株式会社」を吸収合併。
平成11年10月 「株式会社三幸」に経営参加。
平成13年7月 全事業を分社し、持株会社「株式会社日清製粉グループ本社」と事業会社「日清製粉株式会社」「日清フーズ株式会社」「日清飼料株式会社」「日清ペットフード株式会社」「日清ファルマ株式会社」の新しい体制に移行。
平成14年4月 中国において「青島日清製粉食品有限公司」を設立。
平成14年10月 「日清製粉株式会社」鶴見工場Gミル増設。
平成15年4月 「オリエンタル酵母工業株式会社」の株式を追加取得し連結子会社化。
平成15年10月 「日清飼料株式会社」と「丸紅飼料株式会社」との経営統合による「日清丸紅飼料株式会社」(持分法適用関連会社)の運営開始。
平成16年3月 「イニシオフーズ株式会社」を設立。
平成16年12月 「ロジャーズ・フーズ株式会社」はカナダのチリワック市に新製粉工場を竣工。
平成17年7月 中国において「新日清製粉食品(青島)有限公司」を設立。
平成17年10月 「イニシオフーズ株式会社」が「株式会社三幸」を吸収合併。
平成17年11月 中国において株式会社ニチレイとの合弁会社「錦築(煙台)食品研究開発有限公司」を設立。平成18年10月から運営開始。
平成19年6月 「新日清製粉食品(青島)有限公司」が「青島日清製粉食品有限公司」を吸収合併。
平成20年1月 タイ国において「タイ日清テクノミック株式会社バンコクR&Dセンター(商品開発センター)」を開設。