リミックスポイント
本店;東京都千代田区二番町11番7号

【商号履歴】
株式会社リミックスポイント(2004年3月12日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>2017年8月1日~
<東証マザーズ>2006年12月1日~2017年7月31日(2部選択)

【沿革】
平成16年3月 株式会社セラーテムテクノロジー(証券コード:4330、本社:東京都港区、代表取締役社長:今井一孝)の事業再編により当社設立メンバーが独立し、デジタル画像に関するアプリケーション・ソフトウェアの開発を目的に、東京都港区西麻布二丁目において、資本金1,000万円にて当社を設立。
平成16年5月 本社を東京都港区元赤坂一丁目に移転。
平成16年12月 コンテンツ管理フレームワーク「GalapagosDB」の発売を開始。
平成17年6月 画像補正アプリケーション「ImageReporter」の発売を開始。
平成17年9月 株式会社コーデックスイメージズより、「F1SCENE写真集」や「Le Corbusier Plans DVD」等の出版やサービスに関する営業を譲受。
平成18年6月 「GalapagosDB」の新バージョンとして「RIAS (Remixpoint Interactive Archive Service)」の発売を開始。
平成18年7月 日本SGI株式会社と共同で、コンテンツ管理ソリューションの開発用ソフトウェアである「JNICOL(Japan New Information Contents Library)」の発売を開始。
平成18年12月 東京証券取引所マザーズ市場へ上場
平成19年4月 本社を東京都千代田区二番町(現在地)に移転