※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝日ネット
本店:東京都中央区銀座六丁目6番7号

【商号履歴】
株式会社朝日ネット(2001年1月~)
株式会社アトソン(1990年4月2日~2001年1月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2007年12月27日~
<東証2部>2006年12月26日~2007年12月26日(1部指定)

【合併履歴】
2006年2月 日 株式会社ビットム
2001年1月 日 株式会社エースネット
2001年1月 日 朝日ネット株式会社

【沿革】
当社の前身は、昭和63年11月にパソコン通信サービス「ASAHIパソコンネット」をスタートさせた株式会社朝日新聞社内のプロジェクトチームです。その後、平成2年4月に株式会社朝日新聞社などの出資により当社が設立され、平成12年3月、全株式を役員・社員が取得し、独立系通信事業者になりました。
平成2年4月 株式会社朝日新聞社とトランス・コスモス株式会社の共同出資により株式会社アトソン(現在の株式会社朝日ネット)を設立(東京都中央区銀座八丁目、資本金30,000千円)し、「ASAHIパソコンネット」のシステムと運営を継承
平成5年7月 サービス名を「ASAHIパソコンネット」から「ASAHIネット」に変更
本社を東京都中央区日本橋小網町に移転
平成6年6月 インターネット接続サービスを開始
平成7年1月 ダイヤルアップIP接続サービスを開始
平成9年12月 米国最大手インターネット・サービス・プロバイダーUUNET(現・Verizon Communications Inc.)と契約し、米国500カ所にアクセスポイントを開設
平成10年8月 会員数10万人達成
平成11年3月 本社を東京都中央区銀座六丁目に移転
平成12年3月 全株式を役員・社員が取得し、独立系通信事業者となる
平成12年7月 株式会社エースネットとの密接な業務連携を図るため、株式交換により同社を完全子会社とする
平成12年12月 NTT東日本、NTT西日本の「フレッツ・ADSL」に対応したADSL接続サービスを開始
平成13年1月 意思決定の迅速化・管理部門の効率化などを図るため、株式会社エースネット、朝日ネット株式会社の2社を吸収合併し、社名を「株式会社朝日ネット」に変更。会員数20万人達成
平成13年3月 イー・アクセス株式会社と提携したADSL接続サービスを開始
平成13年6月 株式会社アッカ・ネットワークスと提携したADSL接続サービスを開始
平成13年8月 NTT東日本、NTT西日本の「Bフレッツ」に対応したFTTH接続サービスを開始
平成14年11月 株式会社トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズ(現在の契約先は株式会社TOKAI)と提携したADSL接続サービスを開始。東京電力株式会社と提携したFTTH接続サービス「ASAHIネット TEPCOひかり」を開始
平成15年3月 NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・エムイーとの提携によりIP電話サービスを開始
平成15年4月 会員数30万人達成
平成16年6月 新企画の展開などのため、物販事業を営む株式会社ビットムを子会社化
平成16年10月 株式会社ビットム(当社連結子会社)との密接な業務連携を図るため、同社の全株式を取得し、完全子会社とする
平成17年3月 ASP型グループウェア「AsaOne(アサワン)」のサービスを開始。ブログサービス「アサブロ」を開始
平成17年6月 NTT東日本、NTT西日本のFTTH接続サービスをワンストップで提供する「ASAHIネット光 with フレッツ」を開始
平成18年2月 意思決定の迅速化・管理部門の効率化などを図るため、連結子会社株式会社ビットムを吸収合併ブロードバンド映像サービス「ASAHIネットTV」のサービスを開始
平成18年4月 KDDI株式会社と提携したFTTH接続サービス「ASAHIネット ひかりone」を開始
平成18年12月 当社株式の東京証券取引所市場第二部上場