岡山製紙
本店:岡山市浜野一丁目4番34号

【商号履歴】
株式会社岡山製紙(1990年8月~)
岡山製紙株式会社(1907年2月24日~1990年8月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2000年12月14日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)
<広証>1949年7月4日~1951年7月28日(上場再審査)

【合併履歴】
1941年4月 日 天城板紙合資会社

【沿革】
明治40年2月 板紙の製造を目的として、岡山製紙株式会社を設立
明治41年9月 本社工場に1号円網式抄紙機を新設し、板紙の製造販売を開始
昭和16年4月 天城板紙合資会社を吸収合併
昭和18年6月 共同紙器合資会社を吸収合併し、大阪工場、東京工場として、紙器事業を開始
昭和26年8月 東京工場閉鎖
昭和27年8月 本社工場に2号円網式抄紙機を新設
昭和34年4月 本社工場に3号円網式抄紙機を新設
昭和43年2月 3号抄紙機を長網式に改造
昭和45年6月 大阪工場を現在地に移転
昭和48年3月 加工工場を新設し、美粧段ボール事業を開始
昭和52年6月 2号抄紙機を廃棄(業界過剰設備対策)
昭和63年8月 2号円網式抄紙機を新設
平成元年4月 自家発電設備を新設
平成2年7月 N-3号長網抄紙機を新設
平成2年8月 社名を株式会社岡山製紙に変更
平成5年1月 原質設備を更新
平成6年5月 株式会社林原に第三者割当増資を実施し、同社の子会社となる
平成10年9月 5号パルパー設備を新設
平成12年12月 株式公開(日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録)
平成13年6月 大阪工場を大阪営業所に改組
平成13年10月 太陽殖産株式会社の株主の移動により、当社は株式会社林原の子会社ではなくなる
平成14年5月 ISO14001を認証取得(本社工場・事業所)
平成14年12月 フレキソ印刷機を新設
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年5月 ISO9001を認証取得(本社工場・事業所)
平成18年11月 ガスタービン発電設備運転を開始