大石産業
本店:北九州市八幡東区桃園二丁目7番1号

【商号履歴】
大石産業株式会社(1952年2月~)
株式会社大石商店(1947年2月3日~1952年2月)

【株式上場履歴】
<福証>1980年5月 日~

【合併履歴】
1982年4月 日 鞍手モウルド株式会社
1982年4月 日 マタイ大石樹脂株式会社
1952年2月 日 大石工業株式会社

【沿革】
当社は、大正14年4月福岡県八幡市(現 北九州市八幡東区)において個人経営の大石商店として創業し、藁工品、麻袋の販売を開始しました。昭和8年に再生紙袋の製造、販売を開始し、昭和22年2月3日株式会社に改組、株式会社大石商店として設立、発足しました。
昭和24年5月 東京都に出張所(現 東京支店)を開設。
昭和24年8月 本社工場において大型クラフト紙袋の製造、販売を開始。
昭和27年2月 大石工業株式会社(スチールサッシ・ドアーの製造、販売)を吸収合併し、社名を大石産業株式会社に変更。
昭和28年8月 本社工場内に段ボール工場を新設し、段ボールの製造、販売を開始。
昭和34年10月 千葉県に紙袋千葉工場新設、大型クラフト紙袋の製造を開始。
昭和37年10月 福岡県小倉市(現 北九州市小倉南区)に小倉工場(現 紙袋北九州工場)新設、本社工場における大型クラフト紙袋の製造を新工場に移転。
昭和40年4月 福岡県直方市に直方工場(現 段ボール北九州工場)新設、本社工場の段ボールの製造を新工場に移転。
昭和42年10月 千葉県にフィルム千葉工場を新設し、樹脂袋の製造、販売を開始。
昭和47年10月 鞍手モウルド株式会社製造のパルプモウルド製品の総販売代理店となり、営業販売を開始。
昭和55年5月 福岡証券取引所に株式を上場。
昭和57年4月 鞍手モウルド株式会社(パルプモウルド製品の製造・現 パルプモウルド九州工場及び東北工場)及びマタイ大石樹脂株式会社(樹脂製品の製造・現 フィルム九州工場)を吸収合併。
昭和61年4月 北九州市八幡東区に株式会社アクシスを設立。(現在は八幡西区に移転)
平成2年6月 マレーシア国に大型クラフト紙袋の製造、加工並びに販売を事業目的としたCORE PAX(M)SDN.BHD.(コアパックス)を設立。
平成6年4月 シンガポール国に営業所を開設。
平成8年11月 茨城県北茨城市に茨城工場(現 パルプモウルド関東工場)を新設し、パルプモウルド製品の製造を開始。
平成14年6月 中華人民共和国遼寧省大連市に、パルプモウルド製品の製造販売を行なう大連大石包装有限公司を設立。
平成16年1月 紙袋千葉工場の生産設備を小倉工場(現 紙袋北九州工場)に統合。三和紙工株式会社との生産業務提携。
平成16年5月 東京支店を東京都中央区東日本橋に移転。
平成16年5月 フィルム千葉工場を茨城県北茨城市に移転し、フィルム関東工場として樹脂製品の製造を開始。