※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本ハイパック

【商号履歴】
日本ハイパック株式会社(1965年9月~2005年1月1日大日本紙業株式会社に合併)
昭和段ボール株式会社(1950年12月~1965年9月)

【株式上場履歴】
<名証2部>1991年5月23日~2004年12月25日(大日本紙業株式会社に合併)

【合併履歴】
2004年12月 日 日本物流株式会社

【沿革】
昭和25年12月 岐阜県恵那郡大井町にて、昭和段ボール株式会社を設立し、段ボール及び段ボール箱の製造を開始
昭和29年8月 岐阜県恵那市長島町に恵那工場を移転するとともに、第二工場を新設し、製造を開始
昭和33年7月 愛知県名古屋市中村区に名古屋工場を新設し、製造を開始
昭和35年9月 愛知県春日井市如意申町に春日井工場を新設し、製造を開始
昭和36年2月 名古屋工場を閉鎖、春日井工場を名古屋工場に改称
昭和38年5月 本社を名古屋工場に移転
昭和38年5月 長野県松本市に昭和紙器株式会社(現・新日本ハイパック株式会社)を設立
昭和39年12月 埼玉県川越市に東京工場(現・川越工場)を新設し、製造を開始
昭和40年3月 神奈川県小田原市に小田原工場を新設し、製造を開始
昭和40年9月 日本ハイパック株式会社に商号変更
昭和41年4月 宮城紙業株式会社(現・宮城ハイパック株式会社)を買収
昭和43年2月 福島県福島市に日本ユニパック株式会社(現・東日本ハイパック株式会社)を設立
昭和48年5月 静岡県磐田郡に静岡工場を新設し、製造を開始
昭和59年3月 愛知県春日井市に山岸段ボール株式会社(現・株式会社パックスアイチ)を設立
昭和59年9月 岐阜県多治見市に多治見工場を新設し製造を開始、恵那工場を移転(恵那工場を閉鎖)
昭和59年11月 神奈川県愛甲郡に厚木工場を新設し製造を開始、小田原工場を移転(小田原工場を閉鎖)
昭和63年4月 愛知県春日井市に日本物流株式会社を設立
昭和63年4月 山形県山形市に山形ハイパック株式会社を設立
平成2年9月 東京工場にオフセット印刷による美粧ケース工場を新設し、製造を開始
平成3年5月 静岡工場にショッピングセンター賃貸用建物を新設して賃貸を開始
平成3年5月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
平成5年11月 マレーシアにNIPPON HI-PACK(MALAYSIA)SDN.BHD.を設立
平成6年2月 池畠包装システム株式会社(現・日本包装システム株式会社)の株式取得(現・持分法適用会社)
平成6年6月 名古屋工場に研究所棟として「テクノロジーセンター」新設
平成6年7月 香港にHI-PACK(HK)LTD.を設立
平成7年7月 沼津紙器株式会社(現・沼津ハイパック株式会社)を買収
平成8年2月 タイにNIPPON HI-PACK(THAILAND)CO.,LTD.を設立
平成9年6月 栃木県河内郡に富士製函株式会社(現・富士ハイパック株式会社)を設立
平成10年6月 本社・名古屋工場・多治見工場でISO9001認証取得
平成10年10月 東京工場及び東日本ハイパック株式会社でISO9001認証取得
平成10年12月 静岡工場及び新日本ハイパック株式会社でISO9001認証取得
平成12年2月 当社(6事業所)・東日本ハイパック株式会社・新日本ハイパック株式会社でISO14001認証取得
平成13年3月 大日本紙業株式会社と業務提携および資本提携の契約を締結
平成15年3月 中国に亦普(上海)包装技術有限公司を設立
平成15年12月 大日本紙業株式会社の連結子会社である中国の蘇州太陽包装有限公司に出資(現・持分法適用会社)
平成16年2月 大日本紙業株式会社と合併することを内容とする基本合意書の締結
平成16年6月 製版部門とサン・プリプレス株式会社の事業統合
平成16年12月 日本物流株式会社を吸収合併
平成17年1月 日本ハイパック分割準備株式会社(現・日本ハイパック株式会社)を設立し、生産にかかわる営業の一切を承継