※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

積水化成品工業
本店:大阪市北区西天満二丁目4番4号

【商号履歴】
積水化成品工業株式会社(1969年10月1日~)
積水スポンジ工業株式会社(1963年3月~1969年10月1日)
文化企業株式会社(1948年11月20日~1963年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1978年9月1日~
<大証1部>1978年9月1日~
<東証2部>1973年4月2日~1978年8月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1964年9月1日~1978年8月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1963年6月 日 積水スポンジ工業株式会社

【沿革】
当社は昭和34年10月発泡プラスチックの総合経営を目的として、積水スポンジ工業株式会社(以下旧積水スポンジ工業株式会社という)の商号をもって設立された会社であるが、株式の額面変更のため、昭和23年11月20日設立の文化企業株式会社を、昭和38年3月積水スポンジ工業株式会社と改称して昭和38年6月同社に吸収合併された。以上のように株式の額面変更を目的とした合併であるから、実質上の存続会社は、旧積水スポンジ工業株式会社であるため、同社及びその子会社についての沿革を以下に記述する。
昭和34年10月 会社設立、本店を大阪市北区宗是町1番地に設置したが、本社事務所及び奈良工場は奈良市南京終町に設け発泡ポリスチレンビーズ及び塩ビ発泡事業に着手
昭和35年4月 発泡ポリスチレンビーズの製造、販売を開始
昭和36年2月 東京営業所を東京都港区に設置(現、東京本部:東京都新宿区西新宿2丁目7番1号(新宿第一生命ビル))
昭和36年9月 茨城県古河市に関東工場設置
昭和36年10月 本社事務所を大阪市北区堂島浜通に移転(現、本社:大阪市北区西天満2丁目4番4号(堂島関電ビル))
昭和37年7月 発泡ポリスチレンシートの製造、販売を開始
昭和38年6月 積水スポンジ工業株式会社(旧商号:文化企業株式会社)に吸収合併
昭和38年8月 発泡ポリウレタンフォームの販売を開始
昭和39年9月 大阪証券取引所市場第2部に上場
昭和41年11月 奈良県天理市に天理工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始
昭和43年8月 発泡ポリエチレンフォームの製造、販売を開始(関東工場及び天理工場)
昭和44年10月 積水化成品工業株式会社に商号変更、本店を奈良市に移転(但し、本社事務所は大阪市に設置)。滋賀県甲賀市に滋賀工場設置、発泡ポリスチレンビーズの製造を開始
昭和48年4月 東京証券取引所市場第2部に上場
昭和51年7月 北海道エスレン株式会社(現、連結子会社)を設立(平成15年4月に株式会社積水化成品北海道に商号変更)
昭和53年4月 大分県中津市に大分工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始
昭和53年9月 東京・大阪両証券取引所市場第1部に指定
昭和56年4月 茨城県猿島郡境町に境工場(現、茨城境工場)設置、発泡ポリスチレン押出ボードの製造を開始
平成元年9月 岡山県笠岡市に岡山工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始
平成6年4月 茨城県筑西市に茨城下館工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始
平成6年12月 技研化成株式会社(現、連結子会社)を買収
平成7年7月 本店を本社事務所(大阪市北区西天満2丁目4番4号)に移転
平成7年8月 奈良市による土地収用により奈良工場を閉鎖
平成12年4月 積朋商事株式会社は、四国エスレン株式会社、東日本積朋株式会社、鹿島化成工業株式会社及び株式会社なぎらを合併し、株式会社セキホーに商号変更
平成17年4月 株式会社セキホーは、新設分割により株式会社セキホー関東(平成18年9月に清算結了)、株式会社セキホー四国(現、連結子会社)を設立するとともに、株式会社セキホー関西(現、連結子会社)に商号を変更。また、吸収分割により株式会社積水化成品山口(現、連結子会社)が営業の一部を承継