クラスターテクノロジー
本店:大阪府東大阪市渋川町4丁目5番28号

【商号履歴】
クラスターテクノロジー株式会社(1991年4月23日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ-G>2010年10月12日~
<大証ヘラクレス>2006年4月12日~2010年10月11日(JASDAQ-Gに指定替え)

【沿革】
当社は、昭和44年㈱安達新商店(現 安達新産業㈱)の東大阪工場として複合成形材料の製造事業を開始いたしました。その後、平成3年に安達新産業㈱の子会社として設立いたしました。
平成3年4月 大阪市西区立売堀において安達新産業㈱の子会社として、資本金5,000万円でクラスターテクノロジー株式会社を設立。
平成4年10月 茨城県久慈郡大子町に工場を建設し本社を移転。
平成5年4月 光磁気デイスクのピックアップデバイスの生産開始。
平成8年4月 安達新産業㈱東大阪工場のマクロ及びマイクロの全事業を引き継ぐ。
平成9年6月 大阪工場(大阪府東大阪市)を新設し、複合材料から精密機器デバイス製造の一貫メーカーとして体制確立。
平成12年4月 大阪工場に本社移転、名称を本社・開発センターとしナノ・テクノロジー事業研究開発を開始。
平成13年5月 中小企業創造活動促進法研究認定(平成13年5月から平成17年3月まで)。
平成13年7月 経済産業省から補助金事業採択(平成13年7月から平成17年3月まで6件)。
平成15年5月 ナノ・テクノロジー事業の内、パルスインジェクター装置の販売及び受託研究事業の開始。
平成16年5月 ナノ・テクノロジー事業の内、微細加工部品の販売開始。
ナノ・テクノロジー事業の内、機能性を付与した複合成形材料をベースとした精密成形品の販売開始。
平成18年4月 大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット―「ヘラクレス」市場に上場。
平成18年12月 関東工場及び本社・開発センターの土地・建物を購入。