東山フイルム
本店:名古屋市守山区大字中志段味字曲畷2460番地の1

【商号履歴】
東山フイルム株式会社(1997年7月~)
株式会社イーテック(1991年7月~1997年7月)
東山電線株式会社(1949年5月23日~1991年7月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2011年12月21日(エイチエフホールディングス株式会社が全部取得)
<ジャスダック>2007年12月12日~2010年4月1日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
2001年3月 日 東山フイルム株式会社

【沿革】
昭和24年5月 扇風機モーター、計器用特殊変圧器等の紙巻線の製作を目的として、愛知県名古屋市千種区若竹町に東山電線株式会社を設立。
昭和34年6月 愛知県名古屋市守山区大字中志段味字曲畷に新工場を建設。自社製設備にて、トランス用平角銅線の紙巻加工とアイチ-エマソン電機株式会社のモーター巻線加工、絶縁材加工、リード線加工を始める。
昭和36年4月 住友電気工業株式会社の指定工場となる。
昭和38年4月 電材部が発足。ポリエステルフィルムの成形加工を研究。独自の製法にて、国内モーターメーカーに供給を始める。
昭和48年8月 東山電線株式会社電材部を分離、愛知県名古屋市守山区大字中志段味字南原に東山電材株式会社を設立。
昭和49年5月 ソニー株式会社のTV消磁コイルの製造を始める。
昭和53年12月 電磁波シールド板、PETフィルムの絞り加工超音波加工を開始。
昭和57年5月 フィルムの多色印刷、超音波溶着、熱成形技術を駆使してポリエステルロッドケースの一貫生産体制を確立する。
昭和60年11月 東山電材株式会社生産技術部を分離し、愛知県名古屋市守山区大字中志段味字曲畷に東山新技術株式会社を設立。
昭和61年8月 ポリエステルフィルムのオフセット印刷、キャリアシート、除電ブラシ、サーマルテープ、ラッピングテープ、バリアテープを完成。
平成3年7月 東山電線株式会社を株式会社イーテックへ社名変更。
平成3年10月 東山電材株式会社を東山フイルム株式会社へ社名変更。
平成5年7月 印刷部門、電子部門充実の為にフィルム用クリーンルームを改造。印刷業界向けフィルム加工部門をさらに充実させる為、断裁設備を増強。
平成7年1月 シンガポールにHIGASHIYAMA FILM SINGAPOREを設立。
平成7年12月 中国上海市に東山菲爾姆薄膜(上海)有限公司を設立。(現連結子会社)
平成8年4月 東山新技術株式会社解散、整理。
平成9年7月 株式会社イーテックを東山フイルム株式会社へ社名変更及び岐阜県恵那市武並町へ本店を移転。
平成9年9月 岐阜県恵那市の恵那テクノパーク内にクリーンルームとコーティングラインを持つ新工場を建設。
平成13年3月 東山フイルム株式会社(旧株式会社イーテック)が東山フイルム株式会社(旧東山電材株式会社)を吸収合併し、愛知県名古屋市守山区大字中志段味字曲畷へ本店を移転。
平成13年4月 恵那第二工場が完成。コーティングマシン2号機を増設。
平成15年10月 HIGASHIYAMA FILM SINGAPOREの株式を、100%売却。
平成16年3月 恵那第一工場・第二工場、営業企画部において、機能性プラスチックフィルムを対象にISO9001:2000を取得。
平成16年12月 コーティングマシン3号機とテスト専用機を増設。
平成17年4月 名古屋工場、恵那第二工場スリッターグループにおいて、工業用フィルム製品(電気絶縁、画像関連周辺用途等)及びハーネス品(コンプレッサー用途)の製造 を対象にISO9001:2000を取得。
平成17年12月 印刷材料事業拡大のため、中国上海市に東山塑料薄膜(上海)有限公司を設立(平成18年7月に操業開始)。(現連結子会社)
平成18年8月 岐阜県瑞浪市の瑞浪クリエイションパーク内に34,157平方メートルの土地の事業用借地権を取得し、瑞浪工場着工。
平成19年7月 瑞浪工場完成。コーティングマシン4号機を導入。
平成19年10月 瑞浪工場稼動。