※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギャガ
本店:東京都千代田区永田町二丁目11番1号

【商号履歴】
ギャガ株式会社(2009年9月1日~)
株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(1986年1月28日~2009年9月1日)

【株式上場履歴】
<大証ヘラクレス>2001年6月28日~2006年10月11日(株式会社USENと株式交換)

【沿革】
昭和61年1月 海外映像ソフトの輸入販売を目的として、東京都港区浜松町に㈱ギャガ・コミュニケーションズを設立
昭和62年1月 映画配給事業開始
昭和62年4月 米国、ロサンゼルスに米国事務所を設置
昭和62年10月 出版事業開始
平成元年5月 米国事務所を現地法人化(Gaga America,Inc.)
平成4年4月 東京都港区に関東支社、大阪市北区に関西支社を開設
平成6年8月 本店を東京都港区六本木へ移転
平成8年1月 『セブン』の劇場公開
平成9年11月 デジタル衛星放送への番組供給を目的として、東京都港区に100%出資子会社㈱カミングスーン・ティービーを設立
平成11年8月 音楽著作権の管理を目的として、東京都港区に100%出資子会社の音楽出版社である㈱ギャガ・ミュージックを設立
平成12年3月 『グリーンマイル』の劇場公開
平成12年6月 出版部門を分社化し、東京都港区に100%出資子会社㈱ギャガ・パブリッシングを設立
平成13年3月 ㈳外国映画輸入配給協会より、第39回優秀外国映画輸入配給賞の最高賞「経済産業大臣賞」受賞
平成13年6月 ㈱大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現ヘラクレス市場)に株式を上場
平成14年4月 子会社㈱カミングスーン・ティービーが子会社㈱ギャガ・パブリッシングを吸収合併し、㈱ギャガ・クロスメディア・マーケティングに社名を変更
平成14年12月 子会社㈱ギャガ・クロスメディア・マーケティングが㈱キネマ旬報社の発行済株式の81%を取得
平成15年4月 IT部門を分社化し、東京都港区に100%出資子会社㈱ギャガ・デジタルブレインを設立
平成15年4月 アカデミー賞作品賞受賞作品『シカゴ』の劇場公開
平成16年7月 ㈱アイ・エム・ジェイ他3社と共同出資でブロードバンド配信事業者向けに映像コンテンツを提供するコンテンツプロバイダー企業㈱BBBを設立
平成16年8月 カンヌ映画祭パルムドール(最高賞)受賞の『華氏911』の劇場公開
平成16年9月 『ヴァン・ヘルシング』の劇場公開
平成16年10月 子会社㈱キネマ旬報社が、映画関連シンクタンク「キネマ旬報映画総合研究所(通称:キネ旬総研)」を設立
平成16年10月 ㈱有線ブロードネットワークス及び依田巽氏による第三者割当増資引受の基本合意
平成16年10月 中期経営企画「改革プラン」を策定
平成17年1月 ㈱有線ブロードネットワークス、依田巽氏、㈱レントラックジャパンを割当先とした第三者割当増資の実施 ㈱USENの連結対象子会社化
平成17年1月 本社機能移転(東京都千代田区:山王パークタワー)
平成17年1月 『オペラ座の怪人』の劇場公開
平成17年3月 GAGA Communications ロゴをリニューアル
平成17年3月 ㈳外国映画輸入配給協会より、第43回優秀外国映画輸入配給賞の最高賞「経済産業大臣賞」受賞
平成17年10月 コーポレートサイトリニューアル
平成17年10月 『私の頭の中の消しゴム』の劇場公開
平成17年12月 GAGA年間累計興行収入過去最高記録樹立
平成18年1月 ㈱USENと大和證券SMBCが共同設立した[総合コンテンツファンド]へ出資
平成18年3月 GAGA映画館ビジネス第1弾『シネマGAGA!』オープン
平成18年5月 映画自社製作部門にてアニメ製作を開始
平成18年6月 自社製作作品「GAGA FILMS」第1弾『初恋』劇場公開
平成18年7月 映像版権事業においてビデオ/DVDパッケージ自社販売部門を設立
平成18年8月 子会社㈱ギャガ・クロスメディア・マーケティングの当社保有全株式を㈱USENに譲渡
平成18年8月 ㈱USENと当社を完全子会社とする株式交換契約を締結
平成18年10月17日 株式交換により株式会社USENの完全子会社になる

※大証ヘラクレスは2002年12月16日より、前身の「ナスダック・ジャパン(2000年6月19日~)」から改称