※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

EPSホールディングス
本店:東京都文京区後楽二丁目3番19号

【商号履歴】
EPSホールディングス株式会社(2015年1月5日~)
イーピーエス株式会社(2001年4月~2015年1月5日)
イー・ピー・エス株式会社(1996年9月~2001年4月)
株式会社イー・ピー・エス東京(1992年11月~1996年9月)
復旦盛栄株式会社(1991年11月~1992年11月)
株式会社エプス東京(1991年5月30日~1991年11月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2006年9月1日~
<東証2部>2004年7月6日~2006年8月31日(1部指定)
<店頭>2001年7月9日~2004年7月5日(東証2部上場)

【沿革】
平成3年5月 医薬品の臨床試験データの統計・解析に関連するソフトウェア開発及び販売を目的として、東京都台東区根岸に株式会社エプス東京を設立(資本金2,000万円)
平成3年11月 商号を復旦盛栄株式会社に変更
平成4年11月 商号を株式会社イー・ピー・エス東京に変更
平成5年3月 東京都文京区本郷2丁目17番17号に本店移転
平成5年4月 臨床試験の症例登録・割付業務を開始し、CRO事業に参入
平成5年10月 厚生省主導の薬剤疫学研究関連の大規模臨床試験サポートシステムを開発
平成6年9月 東京都文京区本郷4丁目1番4号に本店移転
平成7年4月 三共株式会社よりデータセンター業務を受託(抗高脂血症薬の大規模な市販後臨床試験)
平成7年9月 大阪市淀川区西中島に大阪事務所設置、名古屋市東区に名古屋事務所設置
平成8年4月 データマネジメント専門部を設置し、データマネジメント・統計解析業務を拡大
平成8年9月 イー・ピー・エス株式会社に商号変更
平成8年10月 大鵬薬品工業株式会社よりデータセンター業務を受託(抗癌剤の大規模市販後臨床試験)。モニタリング専門部を設置し、モニタリング業務開始
平成9年12月 株式会社(旧有限会社)悠草舎を買取り、100%子会社化(現・連結子会社)
平成10年12月 大阪市淀川区西宮原に大阪事務所移転
平成11年5月 名古屋市中村区に名古屋事務所移転
平成11年6月 武田薬品工業株式会社よりデータセンター業務を受託(糖尿病治療薬の市販後臨床試験)
平成11年10月 東京都文京区後楽2丁目3番19号 秀和飯田橋ビルに本店移転(登記上は、平成12年4月)
平成11年11月 ファーマリンクFHI社(米国/ノースカロライナ州)と業務提携し、国際的な臨床試験の地域分担を図る
平成11年12月 SMO事業を専門に行う会社として株式会社イーピーミント(旧株式会社イーピーリンクは、旧株式会社ミントと平成17年7月1日で合併し、同時に社名変更)を設立(現・連結子会社63.3%出資)し、全国的に支店営業を本格展開
平成12年12月 病院経営のコンサルティング業等のイーピーメディカル株式会社(旧株式会社サイバーメディカルネット)に資本参加、連結子会社化(現95.8%出資)
平成13年1月 中国でのシステム開発とCRO事業を再編するため、オーライソフトウェア株式会社を設立(現・連結子会社90%出資)、中国での事業再編のため、往来軟件(北京)有限公司(旧日恒(北京)国際信息技術有限公司、現・連結子会社 オーライソフトウェア株式会社90%出資)をオーライソフトウェア株式会社に譲渡
平成13年4月 イーピーエス株式会社に商号変更
平成13年7月 ジャスダック市場に上場 中国でのシステム開発とCRO事業を再編するため、上海日新医薬発展有限公司を設立(現・連結子会社85%出資)
平成14年1月 非臨床試験受託業務を行うエルエスジー株式会社に出資(現・連結子会社45.5%出資)
平成14年4月 医療機器開発部を設置し、臨床開発・薬事業務の受託開始
平成15年4月 東南アジアでのCRO事業及びコンサルティングに進出するためにEPSシンガポール(正式名 EVER PROGRESSING SYSTEM PTE.Ltd.)を設立(現・連結子会社100%出資)
平成16年7月 東京証券取引所市場第二部上場
平成17年9月 「シンバイオ製薬株式会社」への出資、業務提携
平成17年10月 派遣型CROサービスを専門に行う会社として「株式会社イーピーメイト」を設立(現・連結子会社100%出資)
平成17年11月 中国との提携業務推進を行う会社として「北京益普思新葯研犮有限公司」を設立(現・連結子会社100%出資)
平成18年3月 EDCシステムを活用したグローバル臨床試験受託を行う会社として「イートライアル株式会社」を設立(現・連結子会社100%出資)
平成18年9月 東京証券取引所市場第一部上場
平成19年4月 当社の海外事業を承継し、アジアにおける臨床試験等を中心に受託支援サービスを行う会社として「EPSインターナショナル株式会社」を設立(現・連結子会社100%出資)