※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シーエスケイコミュニケーションズ

【商号履歴】
株式会社シーエスケイコミュニケーションズ(2000年11月~2009年7月1日株式会社サービスウェア・コーポレーションに合併)
株式会社シーエスケイコールセンター沖縄(1998年4月~2000年11月)

【株式上場履歴】
<大証ヘラクレス>2001年9月18日~2003年1月28日(株式会社CSKと株式交換)

【沿革】
1998年4月 沖縄県那覇市久米に株式会社CSKコールセンター沖縄(資本金3,000万円)を設立
1998年7月 マイクロソフト製品のOSやアプリケーションソフト等に関する テクニカルサポートサービスを開始
1998年9月 沖縄県よりコールセンターに関するコンサルティング業務(調査)を受託
1999年1月 事業拡大に備え、那覇市壺川(現住所)に本社移転
1999年6月 国内コンピュータメーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始
1999年6月 沖縄県の財団法人雇用開発推進機構より「コールセンター業務基礎技能講座」の講座運営を受託
2000年4月 インターネット接続やネットワークゲーム等に関する利用におけるテクニカルサポートサービスをインターネットプロバイダから受託
2000年10月 シスコシステムズ社製品に関するテクニカルサポートサービスを開始
2000年11月 社名を株式会社CSKコミュニケーションズに変更
2001年3月 外資系コンピュータメーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始
2001年4月 オラクル社製品に関するテクニカルサポートサービスを開始
2001年6月 国内総合メーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始
2001年9月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場に上場
2002年6月 沖縄県が主催するIT高度人材育成事業の講座運営をコンソーシアム代表として受託
2002年11月 国内サプライメーカーのサプライ及び周辺機器のテクニカルサポートサービスを開始
2003年2月 株式交換により株式会社CSKの子会社となり上場廃止
2003年4月 外資系サプライメーカーのサプライ及び周辺機器のテクニカルサポートサービスを開始
2003年5月 外資系コンピュータメーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始
2003年7月 プライバシーマークを取得
2003年11月 国内大手流通業のヘルプデスクサービスを開始
2003年11月 国内大手流通業のヘルプデスクサービスを開始
2004年1月 外資系コンピュータメーカーのサーバー製品に関するテクニカルサポートサービスを開始
2004年2月 株式会社沖縄CSKを吸収合併
2004年2月 株式会社福井CSK、株式会社島根CSK、株式会社岩手CSKを子会社化
2004年6月 国内総合メーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始
2004年6月 国内総合家電メーカーのパーソナルコンピュータ周辺機器に関するテクニカルサポートサービスを開始
2004年9月 外資系航空会社予約発券サービスを開始
2004年11月 国内大手損害保険会社のヘルプデスクサービスを開始
2005年3月 大分市に100%出資の株式会社大分CSKを設立
2005年4月 事業拡大のため、システム開発部門オフィスを那覇市旭町へ移転
2006年4月 国内総合家電メーカーのカーナビゲーション製品に関するテクニカルサポートサービスを開始
2006年4月 F-Secure社のウィルス対策ソフトに関するテクニカルサポートサービスを開始
2006年8月 国内総合家電メーカーのアプリケーションソフトに関するテクニカルサポートサービスを開始
2008年1月 株式会社サービスウェア・コーポレーションのテクニカルサポート系事業を承継(CSKグループにおけるテクニカルサポート系事業を集約。沖縄・東京の2本社体制で新生CSKコミュニケーションズがスタート。)
2008年1月 株式会社北九州CSKを子会社化